2017年08月07日

「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」その2 怒りとの様々な向き合い方



わたしは「怒り」という感情に敏感に反応します。

人の怒りにも、自分の怒りにも。

とは言えそれはもちろん完全ではありません。

怒りの表現で表に出されないものに対しては
かなり鈍感です(笑)

それでも、このブログをよく読んでくださっている人には
納得もして頂けると思いますが、
怒りを憎んでいるのかとすら思われるほど
怒りに対しては何度も書いてきました。

怒りは本能です。

怒りがなければ人間はここまで
生き残っていません。

ただ、この本能は他の動物でも持っているものです。
どんな本能かというと『自己防衛本能』

自分自身を守るための本能ですよね。

突発的な脅威にさらされたときに
カッとなって牙をむく。

人間の場合はこの『突発的な脅威』というのが
突発的なマイナスの感情も含まれる。

怖い、恐い、悲しい、寂しい、辛い、
恥ずかしい、不甲斐ない、心配、
気持ちに余裕がない…などなど

今回紹介する作品は
大切な人を無くした人たちが
その悲しみや苦しみや未知の恐怖に対し
どのようにその感情に対処するのか?

その様々な在り様を観られる
良い題材だと思います。



わたしが連休を取り鹿児島の実家へ数日帰りました。
従弟たちとも一緒にホテルに泊まったりもして、
楽しかった息子は福岡に戻って夢から覚めたみたいだと
しょげ返っていました。
しかし!まだまだ夏の楽しみはあるのです。
その一つが、「スパイダーマン ホームカミング」を
一緒に観に連れて行くこと、その前にコレで復習です!

「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」

を改めて観ました。

アベンジャーズのリーダーとなった、
キャプテン・アメリカ。

しかし、彼らが世界各地で繰り広げた戦いが
甚大な被害を及ぼしたことが世界中で問題になります。

今後、そういった回避するために
アベンジャーズは国際的政府組織の管理下に置かれ、
活動を制限されるという協定が結ばれることに・・・

アイアンマンことトニー・スタークは
この処置に賛成しますが、
自分たちの判断によって
行動を決定するべきだと考える
キャプテン・アメリカはそんな彼に反発。

二人の確執が大きくなっていく最中も、
ウィンター・ソルジャーことキャプテンの親友、
バーンズを犯人にしたてたテロ計画が
影で進行していき・・・



昨年のGWにまだ小学生の息子と
2人で劇場で一度観ています。

これまでのMCUマーヴェル・シネマティック・ユニバース
(アベンジャーズ関連のシリーズのこと)は
年齢もあり、あまり興味を示さなかった息子が、
「アメイジング・スパイダーマン」シリーズと
「アントマン」にだけは興味を示したことから
「シビル・ウォー」も観てみたいと言い出して
連れて行った作品でした。

もちろん、わたしはMCUシリーズが大好きなので
大喜びで連れて行きました。

息子の年齢も追いついてきたこともあり
この作品のメインストーリーである
キャプテン・アメリカとアイアンマンの確執も
とても楽しめた様子の息子。

今回改めて、一緒に干渉しましたが、
わたしも一緒に、「やっぱり面白い!」と再確認。

空港でアベンジャーズ同士がバトルを繰り広げるシーンでは
「これ、今度のスパイダーマンも絶対面白いよね!」
と息子の「スパイダーマン ホームカミング」への期待も
相当高まったようです。

わたしもこのシーンで「おもしれ〜!!」と感嘆し、
大いに期待が高まりました。


今回改めて面白いと再確認したのは
もちろんメインテーマに関してもそうです。

「アベンジャーズ」
「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウロトロン」
でアベンジャーズはニューヨークやソコビアを舞台に
大規模な戦闘を繰り広げました。

もちろん、人類を守るための戦いでしたが
あまりにも大規模な大災害を伴う戦闘だった為、
被害にあった人たちも相当数いました。

特に、ソコビアでの大災害は
アイアンマンことトニー・スタークが作り出した
ウロトロンが脅威となっていました。

そのことで、世界では単純にヒーロー視されず
逆に危険視される声も上がり
アベンジャーズを国連の指揮下に置くことが
検討されます。

「我々は意思決定のシステムを持っていない…」
とこの決定に賛成のスターク。

対して、
全ての決定権が奪われ
命令によってのみの活動に限定されることから起こる
危険性から反対するのがキャプテン・アメリカこと
ロジャースです。

これがストーリーの大きな軸となります。

そして、もう一つ、エモーショナルな部分で
作品の下地的なテーマとなっているのが
大切な人たちを亡くした人たちの心の痛みです。

アベンジャーズの活躍の裏で救えなかった人の遺族。
今作で大切な人を無くする人、
その悲しみを声にして訴える人、
復讐心に我を忘れる人、
悲しみを悲しみとして受け止め振り上げた拳をおさめる人…

この感情面のテーマも最後の最後まで
キャプテン・アメリカとアイアンマンの確執という
メインストーリーにも大いに関わるカタチで貫かれる。

これがコミックを原作にした超人ヒーローモノの実写作品に
リアリティを生み出し、見終えた後の充実感に繋がっています。

本当にお見事な脚本と演出ですよね。

わたしたちは本当に誰かに自分のしたことの責任を
委ねるべきなのか?

わたしたちは、怒りや悲しみと、
どのように向き合っていけばいいのか?

観る人がそれぞれに感じ、考えながら
楽しめるエンターテインメント作品となっています。

この作品だけ観ても、相当な見応えがあるはずです。
未だMCUシリーズ(アベンジャーズシリーズ)を
経験したことのない人は
この作品からでも絶対に楽しめます。


             全ての物語のために










posted by ストーリーセラピスト at 08:00| Comment(0) | ストーリーセラピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月06日

「ジュラシック・ワールド」その2 人間はちっぽけな存在だから・・・



エアコンが壊れました。
リビングのエアコンです。

今この猛暑のただ中で、
自宅のリビングは日中平気で
36度などという室温になります。

窓を開け風通しを良くして、
扇風機を使って・・・
それでも足りないときは
エアコンが生きている寝室に非難です。

30年前、わたしが小学生の頃の
“猛暑”とは別世界。
まさに殺人的です。
冗談ではなく、熱中症で
健康を害してしまいかねない。

エアコンも地球温暖化を加速させている
原因の一つであるはずですが
そんなエアコンがなければ命も危険。

街という文明の世界に生きながらも
自然の驚異は容赦なく襲ってきますね。



金曜ロードSHOW!が時間延長してまで
映画を見せるというのは珍しいですね。
自社の日テレ系の作品でさえいつも
特別版として正味90分強に編集し直されるのに
今回は11:30近くまで延長されていました。

「ジュラシック・ワールド」
(新吹き替え版)


を観ました。

両親の都合で叔母のクレアが勤める
「ジュラシック・ワールド」で
過ごすことになった16歳の兄ザックと
11歳の弟グレイ。

「ジュラシック・ワールド」は
世界中から家族連れが集まる
人気テーマパークです。

グレイは大好きな恐竜と触れ合えると大喜び。

しかし出資者やパークを所有する
野心家のオーナー・マスラニの対応に追われ、
クレアは、兄弟の面倒をスタッフに任せて
すっかり放置状態になります。

2人はスタッフの目を盗んで、
勝手にパーク内を動き回り始めます。

同じ頃、クレアはマスラニを連れて
遺伝子組み換えで生みだされた新種の恐竜、
インドミナス・レックスの飼育スペースへ。

凶暴で知能が高く、塀の中でそだった
新型恐竜が本当に安全なのか、
マスラニはクレアに再調査を指示していました。

クレアは、群れで行動する凶暴な肉食恐竜、
ヴェロキラプトルを“調教”することに成功した
元軍人のオーウェンに協力を求めます。

集客数を伸ばすために
新型恐竜の公開を急ごうとするクレアに、
その無謀さを訴えるオーウェン。

その直後、彼の言葉を証明するように、
インドミナス・レックスは人間を騙して
檻から逃げ出してしまいます。



パークのオーナー、マスラニさんが
「ジュラシック・ワールド」をつくった理由を
クレアに話すシーンがあります。

クレアはパークの経営を任されているので
顧客満足度と収益という数字に追われている。

そんなクレアに「儲けにばかり囚われるな」
とマスラニは言います。

このパークをつくったのは
人間がいかにちっぽけな存在なのかを
知らしめるためなんだ・・・と。

さすがわ大富豪といったところですが、
それでもやはり恐竜を現代に蘇らせて
管理できると思うこと自体が傲慢だったのか
人格者らしきマスラニでさえ
身を持って人間の小ささを身を持って
知ることになります。

客のことも、恐竜のことも
ちゃんと考えているような、
そんなキャラクターがマスラニです。

多少傲慢ではあるけれど悪人ではない。

この作品では傲慢さの象徴というキャラクター
が別に設定されていました。

それが、ホスキンスという男。
ヴェロキラプトルやインドミナス・レックスを
戦争用の兵器として調教することを
考えているような人間です。

人間はちょっと力を持つと
万能感を得て傲慢になる。

弱い人間ほどそうです。

自然ですら支配している気になってしまう。

でも、それは自分がたまたま
自然の猛威の被害者になったことが
無いからですよね。

そして、圧倒的に欠落しているのが想像力。

今年の夏は各地が豪雨で被害を受けました。
わたしが住んでいる福岡県も
大きな被害を受けています。

エアコンが止まったくらいで
実は命の危険すらある。

「ジュラシック・ワールド」放送の日は
自宅マンションの貯水槽点検の日で
反日水道が使えませんでした。

水分補給も前もって
準備しておかなければならなかった。

たったこれだけのことでも
怠ってしまえば本当に熱中症で
やられてしまいかねない。

傲慢になるにはわたしたちは
ひ弱すぎます。

息子が「ジュラシック・ワールド」を観ながら
豚肉を食べていられることを
自分で皮肉っていました。

わたしたちは自然に生かされている。
だから、神を崇め奉り
自然の機嫌をとろうとする。

そういうことを考えられる一日でした。


        全ての物語のために







posted by ストーリーセラピスト at 08:00| Comment(0) | ストーリーセラピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月05日

ドラマ「僕たちがやりました #2」親にも言えないこと、言いたくないこと



中学1年生の息子は
いろいろなことを話してくれます。

でも、なんでもかんでも
すべてを打ち明けてくれる
とういうわけでも無いようです。

親として、何かを隠しているとわかれば
追求もしたくなります。

しかし、わたしは興味があること、
知りたいという気持ちだけは伝えますが、
無理に追求はしません。

時と場合にもよるでしょうが
それが親としての基本姿勢です。

かく言うわたしも、
親にでさえ言えないこととはあります。

言いたくないこと、というのが
正しいのかな?
もっと正確に言うと、
いつかはいいたいけれど、
言えるような状況になって欲しいけれど
今は言わないという判断が正しいだろう
と考えた末に結論づけている。

そんなことも持っています。
胸の内に。

そしてこれは「親にも」というのは
本来、開けっぴろげな性格のわたしが
言わないという決断をしている
ことの大きさの表現であって
実際には親だろうが誰であろうが・・・
ということです?

だから・・・息子にも
そういうことがあってもいいと思えています。

こういう時に口をつぐむ者の
祈りを知っているから。



マンガですね。
マンガが原作のエンターテインメントで良かった。
自分が、こんな立場に立たされたら
最悪だろうな〜 悪夢だな〜
と観ていてたまに夢で悪夢を見るときの
感覚を思い出して苦しくなりながら観ています。

ドラマ「僕たちがやりました」
第2話


を観ました。

トビオ(窪田正孝)、伊佐美(間宮祥太朗)、
マル(葉山奨之)、パイセン(今野浩喜)は
イタズラ半分で矢波(やば)高に仕掛けた
爆弾が思わぬ大爆発を起こしたと思い込みます。

事故は10名をの死者が出る大惨事に・・・

不良たちのリーダー・市橋(新田真剣佑)も
死亡したと、蓮子(永野芽郁)から聞かされ、
トビオはさらに動揺します。

このままでは警察に逮捕されてしまう・・・

おびえる4人。

そんな中、矢波高の教師、
熊野直矢(森田甘路)が犯人を見たと
警察に名乗り出ます。

翌日、矢波高生とマルのトラブルを知った
刑事の飯室(三浦翔平)らが
凡下(ぼけ)高に現れ、
トビオたちの担任、菜摘(水川あさみ)に
事情を聞きます。

菜摘は凡下高生の関与を否定しますが、
事件の前夜に矢波高から出てくる
トビオらを見ていただけに心配を隠せません。

一方、パイセンは、トビオ、伊佐美、マルに
集合をかけ、それぞれに300万円を渡し、
事件について一切口をつぐむよう言います。

真相を知るのは4人だけで、
何も無かったことにすれば
これまでの日常が取り戻せる・・・はずだと。

パイセンの提案をのんで金を受け取り、
「何も無かったぁ!!!」と変なテンションになる
トビオたちですが、そのとき、
ニュース画面に映ったのは
目撃証言から得られた情報による
パイセンそっくりの容疑者の似顔絵でした・・・。



実は一話目だけで観るのをやめようかと
思っていたのですが、

6日間の休みに入る直前に息子に、
「やっぱりこのドラマ観た方がいいよ」
と薦められた嬉しくて観ることにしました。

連休明け、すでに第3話も
ハードディスクに録画されています。
第4話放送までに観れるのか!?

さすがにここまで観ると、
先が気になりますね。

それにしても、トビオの決断は
少し残念でした。

トビオは幸せな家庭で育っています。
いや、現時点ではそのように見えます。

それでもトビオは300万円を持って
海外に逃げようとします。

家族には黙って。

わたしが高校生のときに
同じ立場に立たされていたら、
間違いなく、全てを
両親に打ち明けるでしょう。

絶対に助けてくれると信じているから。

今でもこんな理不尽な状況なら
助けようがない可能性も覚悟の上で
もちろん打ち明けると思います。

でも、日常生活の中でのことの方が
実は言えない事、言いたくない事
というのは出てきてしまう。

それは、知る必要が無いこと、
余計な心配をかけてしまうこと、
あるいは、伝えたいけれど
今は上手く伝えられる自身が無いこと・・・

などなど。

だから、息子が何かを言わないでいる
というそぶりが見えても
わたしは無理に追求はしません。

言いたがっていて言えないでいる
ということもあるので
その時の息子の様子は観るようにしていますが
なんでもかんでも打ち明けろとは
思っていない。

実際、言わないこと、言えない事を
もっているときにその内に秘めている願いは
わたし自身もよく知っているから。

それは「信じていて欲しい」という願い。
だから、息子が何かを聞いても
教えてくれない時は
本当に自分を大切にしてくれればいい
という事だけをしっかり確認として伝えて
追求をやめる。

それで、信じてくれているんだと
伝わっているようです。

大切な人に秘密をつくっておいて
「信じてくれ」なんて身勝手な・・・

なんて意見もあると思いますが、
それは、秘密は知りたくなる
という本能的な欲求によるものなので
大人になれば本来、
その感情はコントロールできるものです。

わたしの場合は逆に親としての
信頼を示すいい機会だと思っています。


           全ての物語のために









posted by ストーリーセラピスト at 08:00| Comment(0) | ストーリーセラピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月04日

ドラマ「ウチの夫は仕事ができない #3」ステキな上司のお手本、ここにも見つけた!



立派な肩書きをもっているからといって
上司がみんな人格者なわけじゃないから・・・

わたしももう40歳を超えている
というのに、未だに
ずっと上の立場の上司や
人生の先輩からそんなことを言われます。

いい加減わかっていても良さそうですが
どこかで青臭さが出てしまうんですね。

きまじめさ・・・
社会人、とくに会社人、組織人としては
ある種の幼さとも言えるのかもしれません。

少なくとも、そんな話をしてくれる人には
そう思われていてもおかしくない。

でも、わたしはそれも踏まえて
もう少し広い視野をもって、
成長したいものだなと思います。



6連休、夏休み。鹿児島の実家で書いています。
出勤のことや家事のことを何も考えない。
気持ちが超開放的。
やっぱり「〜をしなければならない!」
って事ばかりに縛られるのって健康的とは
言えないのかな〜なんてことを考えちゃう。

ドラマ「ウチの夫は仕事ができない」
第3話


を観ました。

沙也加(松岡茉優)は
司(錦戸亮)が慕う先輩「クロカワアキラ」
の正体が美人上司の黒川(壇蜜)だったことに
衝撃を受け、一人嫉妬に苦しんでいました。

ある日、アルバイトの面接を受けに
近所のパン屋へ行くと、
偶然店員として働いていた
高校時代の元カレ・名取に再会します。

司を自分と同じ嫉妬心で苦しませないように
元カレとの再会を秘密にする沙也加。

一方、土方(佐藤隆太)から、
ショッピングモール集客イベントの
企画を出すよう言われた司は、
沙也加とみどり(江口のりこ)の力を借り、
10本の企画書を提出します。

しかし、コンペを通ったのは
本命を引き立てるためにダメ元でだした
無理めの企画でした。

それは世界的デザイナー、
レイジカキタニ(岸谷五朗)の協力が
必要なもの。

司は一緒に企画を進めることになった
田所(薮宏太)に文句を言われながらも、
超多忙なレイジに引き受けてもらうために
奔走します。

デザインのために
2ヶ月は時間が欲しいというレイジに対し、
田所は2週間後に迫った締め切りを隠し、
とりあえず仕事の確約をとることを
優先しようとします。

しかし、嘘がつけない司は
本当の締め切りを明かしてしまい
仕事は断られます。

さらに沙也加は、名取との関係について
司に嘘までついてしまい・・・。



壇蜜さんをドラマで観るのは
わたしはこれで2〜3作目くらいだろうか・・・
今まで観てきた役の中で
一番いい役だなと思っています。

かっこいい上司。
理想の上司。

司に対する態度を観ていると
必ずしも司をお荷物として
扱っているわけではない
というのはわかります。

体育会系の先輩という、
暑苦しさのようなものもありますが、
それだけに一本筋が通った感じ。

だから、今回田所が
バカな発言をしているときに
怒られるんじゃないかな〜
と思ってみていたのですが、
怒りませんでしたね。

「二流だな」と言って、
一流の人間がどうするかを
きちんと説明もしてくれる。

そして、少し落ち込んだかもしれない
田所のことを気遣って
「飲みにいくか?」と声をかける。

部下への愛がどの部下に対してもある。

こうあるべきだとわかっていても
なかなか真似できるものではないです。

わたしは、興味を持てるものと
興味を持てないものの違いが
はっきりしているので
興味がないととことんどうでもいい。

そして、そういう人間にありがちな
気分が表に出やすいタイプでもあるので、
興味がないこと、興味が無い人にたいしては、
自分では関心を持って聴いているつもりでも
「ぜんぜん興味ないでしょう?」
と見抜かれてしまう。

だから、壇蜜さんが演じている
黒川のような上司にはなれる気がしません(笑)

とはいえ、
人事のように語っている場合でもなく
わたしの場合は、直属の部下でなくとも
判断や指示だしをしなければならないし
それに伴う責任も生じる立場でもある。

そもそも、肩書きなんて関係なく、
社会人ならだれでも
下の人たちが入ってきたら
『先輩』という立場にはなるわけです。

だとしたら、後輩には興味を持てる
自分であるように目指す。

くらいの気持ちは、どこかに
持っていてもいいのかもしれないですね。

個性や性格もあるので、
誰に対しても興味を持つべきだ!

みたいなことは言いたくないし
思いたくないし、言われたくもないけれど、

組織人として働くことを
自ら選び、責任在る立場を引き受けた以上、
そういうことと無縁で在ろうとする
というのは、それはそれで
通らない話でしょう。

そうなると、自分とは違う性格や
才能がいることだとしても、
一つの目標、参考として
黒川のような人を目指すモデルとして
心の中に持っておくのは
いいでしょう。

         全ての物語のために









posted by ストーリーセラピスト at 08:00| Comment(0) | ストーリーセラピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月03日

アニメ「僕のヒーローアカデミア #5 今 僕に出来ることを」それをやるだけで世界をどんどん変えていける



まともに働く=就職する

という固定観念が大嫌いなわたし。

わたし自身も就職はしていますが、
従業員という生き方をあまりにも
当たり前に傍受している状態を
不思議に思わない、むしろ当たり前に思っている、
そんな空気が気持ち悪くてしかたありません。

とくにバブルの頃のように
年功序列や終身雇用の常識が崩れて
成果型も雇う側の都合に合わせた
成果基準や報酬体系になっている今、
まだ「就職すれば安定」だなんて思っていられる
お気楽さがもう、恐ろしくすらあります。

収入の柱が雇われ仕事一本だなんて、
もう、なんだか高所恐怖症の人が
高いところに立たされてくらっくらしている感覚と
まったく同じ感覚で足もお尻の穴もすくみ上ります。

よくも、みんな怖くないもんだと。

だからわたしは色々なことを学んでいるし
実際にやっています。

個人で仕事を取ったりもする。

そういうときに、サラリーマン感覚=常識…
みたいな考え方だと、

そもそも、自分で仕事を取るなんて
どうやっていいのかわからない!

なんて思う人は多いようです。
面白いのは、就職して営業の仕事をしている人や
広告作成をしている人がそういうのです。

面白いですね〜
集客や成約のプロなんじゃないの!?
ってこっちがびっくりします。

だって、こちらがいろいろ教えて欲しいのに
「どうやるの?」って…

そういう人たちは、起業とか、商売とか、商いをするとか
まずそういう言葉に対して、
ものすごく大仰に構えているんですね。

そんな、難しく考えることないのに。
自分にできることから始めればいいだけなんですけどね。



1話目、2話目で泣いてしまい、4話目でも泣きました。
5話目も泣きはしなかったのですが、熱〜くなりました。

アニメ「僕のヒーローアカデミア」
第5話「今 僕に出来ることを」


雄英高校での学校生活がスタート。
入学初日、出久たちの1年A組の
担任教師・相澤は入学式も始業式もなく
いきなり「個性把握テスト」を課します。

ソフトボール投げや50m走など
一見普通の体力測定ですが、
それぞれがどのように
“個性”を活かすかを見るテストでした。

さらに相澤は
「最下位の者は見込みなしとして除籍処分」
という条件を突きつけます。

負傷を危惧して“個性”を使わない出久は
平凡な記録しか出せません。

相澤とは反りが合わないオールマイトも
心配して陰から見守ります。

焦った出久が“個性”を使おうとしたとき
それを止める相澤。

まだ全力で使うことしか出来ない
出久の“個性”

入試の時のようにまた活動不能になることが
目に見えていたからです。

そんな使い方しか出来ないなら
見込みなしと判断するといういわれた出久。

力の制御は出来ない
活動不能になるわけにもいかない
でも最下位になるわけにもいかない

そんな状況を出久はどう切り抜けるのか・・・!?



「今 僕にできることを」

この考え方は、昨日より今日を、今日より明日を
より良いものにしたいと思って生きている人、
みんなに必要な考え方ですよね。

例えば起業一つとっても、
「お金がないから出来ない」
という人がいます。

商売を始めるにはお金がいると思っている。

でも、今できることから始める
という考えがあればお金がなくてもできることを
考えますよね。

「そんなこと言ったって仕入れも出来ないんじゃ
売るものを手に入れられないじゃない!」

う〜ん。

それは、「今できないこと」に焦点が当たってますよね。

でも仕入れ元を見つけられるなら
仕入れをするのではなくて、
自分はお客さんを見つけてくることだけに専念して
実際の販売は仕入れ元とお客さんで
直接やり取りしてもらうこともできますよね。

今はインターネットの発達で
そういうやり方を『ドロップシッピング』と言って
カンタンに始められるようにもなっている。

今できることに焦点を当てる。

びっくりなのは体を鍛えるエクササイズの話を
していた時のことです。

お金がない、時間がない、といって
ジムに通えないからできないという。

も〜!たまがりました!
(びっくりしました)

筋トレなんて今すぐ腕立てから始められる。
お金もジムも使えるならいいでしょうが
エクササイズができない理由にはならない!

何だっていいんです。

何かを実現したいなら、
あれがないから、これがないから
できない…じゃなくて、

今自分にできることから始める。

その視点が持てれば、
自分の世界もどんどん変わっていくし、
世界を変える行動の起こし方も見えてきますよね。


         全ての物語のために








posted by ストーリーセラピスト at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ストーリーセラピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする