2017年09月13日

「スキップ・トレース」この人がチャレンジし続けているから



ジャッキー・チェン作品で一番好きなのは
「ラッシュアワー」です。

という人は多いようです。

しかし、実を言うと「ラッシュアワー」で
ジャッキー・チェンのファンをやめた人も
多いのです。

今でこそわたしも好きな作品ですが、
公開当時、初見ではわたしもガッカリした
うちのひとりです。

なぜなら、それまでのジャッキー映画の
楽しみ方では物足りないことこの上ない。

そんな作品だったのです。

毎回、観客がヒヤヒヤするような
あっと驚くスタントを作品の中でみせ、
爆発的なパワーのアクションで魅せる。

そんな香港映画の王様的な作品が、
ジャッキー映画だったのです。

しかしその香港映画としてアメリカで
ヒットした「レッド・ブロンクス」
でそれまでの流れが終わり。

つづくハリウッド制作作品
「ラッシュアワー」は、香港映画で
それまでジャッキーがやってきたことを
ストーリーの中に取り入れて
スポッとハリウッド映画の小品に収まって
しまったような感じ・・・

だから、それまでのファンの中には
ジャッキーはもう終わった・・・という人も
沢山いました。

でも、「ラッシュアワー」は、
それまでジャッキー映画や
香港映画を見なかった映画ファンには
受け入れられました。

マニアックな香港映画ではなく
ハリウッド映画ですから。

だから世界中で大ヒットしたんですね。

当時ジャッキー・チェンは40代。
イギリス領土だった香港が中国に返還され
多くの香港映画人たちがハリウッド進出して
いた時期でした。

あれから20年近く。

また、当時彼のファンになった人たちから
「ジャッキー・チェンはもう終わったね」
という声が聞こえているのが昨今です。

ハリウッド映画を代表する他の作品には
なかったジャッキー・チェンスタイル。

アイディア満載のアスレチックアクションと
その愛嬌のあるキャラクターで
新しいファンを魅了したのも終わり。

はっきり言って60歳を過ぎているわけですから
そんな彼に今までのような仕事を
期待するのもおかしな話ですよね。

でも、ジャッキーはこの「ラッシュアワー」
以降の20年間も実に様々な変貌をして
魅せてくれていました。

「ラッシュアワー」と同じ頃の名シリーズに
「シャンハイ・ヌーン」「シャンハイ・ナイト」
という西部劇があります。
このシリーズもいいのですが、
同じ頃の冒険映画で古典名作
「80日間世界一周」を映画化した
「80デイズ」はジャッキー・チェンが
見事にハリウッド製のファミリー向けの
冒険映画と融合した作品でした。

この作品でわたしは「ラッシュアワー」で
ガッカリした自分から解放されて
本当にジャッキーが開拓している
新しいジャッキー作品を楽しめる自分に
なりました。

それ以降も香港映画としては
様々なチャレンジを続けています。

興行的に芳しくない作品が多いのも
飽くなきチャレンジを続けている証拠です。



さて、きっと既視感たっぷりだろうと
全く期待せず、息子が喜ぶからと
彼を連れて

「スキップ・トレース」

を観てきました。

相棒を殺した犯罪王ヴィクター・ウォンを
9年間追い続けてきたベテラン刑事、
ベニー・チャン(ジャッキー・チェン)。

しかし行き過ぎた捜査が仇となり
担当からはずされることになります。

一方、マカオのカジノでいかさまで
勝っていたアメリカ人詐欺師、
コナー・ワッツ(ジョニー・ノックスヴィル)
は、ロシアで騙した相手に追われていました。

ベニーのもとにはヴィクター・ウォンの
犯罪に巻き込まれた亡き相棒の娘、
サマンサ(ファン・ビンビン)
が助けを求めてきます。

救うため、事件の鍵を握る詐欺師コナーを
追ってロシアへ向かうベニー。

マフィアに捕らえられていたコナーを
無事に確保するベニーですが相手は詐欺師。

ベニーから逃げようとするコナーは
ベニーのパスポートを燃やしてしまいます。

さらに、ヴィクター・ウォンの手がまわり
ベニーもコナーの共犯者に・・・



やられました。
期待していなかったのも
良かったとは思います。

確かに既視感たっぷりです。
そりゃあそうです。
なんてったって何十年もジャッキーが
培ってきたジャッキーアクションを
何十年も見続けてきたファンが観るのですから
今更、既視感に文句を言うなという話です。

しかし、一つ一つのアクションのアイディアは
やっぱり新しいし、今回は何よりも
最初から最後まで普通に引き込まれて面白い。

久しぶりになにも考えずに楽しめた
ジャッキーアクション映画でした。

なぜでしょう。
これはジャッキー・チェンとの初の組み合わせ、
「ダイハード2」や「クリフハンガー」の
レニー・ハーリン監督作品ということが
非常に大きな功績を果たしていると思います。

全編通してジャッキー・チェンらしい
作品なのに、小気味良く面白く観れる。

下手に監督の個性を出してくるわけではない。
でも面白い。

キャラクターなど全体的な部分で
比べると「ラッシュアワー」には
かなわないのかもしれませんが、
最初から最後まで観客を引っ張っていく
“おもしろさ”としては断然この
「スキップ・トレース」でしょう。

同じ素材でも、料理人が変わればホラ、
ちゃんとおいしくできるでしょう?

ってな感じでした。

さて、ジャッキー・チェンのチャレンジは
まだまだ続きます。

12月にはまたまた冒険してるな〜
本当に大丈夫かな〜(笑)

「カンフー・ヨガ」の公開も決まったようです。

お正月映画って、思い切っていますね。

その後にはピアーズ・ブロスナンと競演の
シリアススリラーアクションもあります。

この人はどこまでチャレンジを続けるんだ!?

まだまだわたしは楽しみ方を柔軟に
変えていかないといけないようです。


      全ての物語のために










posted by ストーリーセラピスト at 08:00| Comment(0) | ストーリーセラピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月12日

アニメ「僕のヒーローアカデミア 第2期 #35 八百万:ライジング」昔の人に比べてわたしたちが圧倒的に知らないこと



コーチングという言葉を知っていますか?

野球などのスポーツをしている人なら
ピンと来るかもしれませんね。

コーチという立場の人がいますから。

監督とは違ってコーチです。

実はわたしは野球は全くの素人ですし、
ちゃんと学んだ事があるスポーツと言えば
空手と中国武術だけですから
“先生”とか“師匠”“師範”
と言える人しかしりません。

でもコーチングという言葉を知ったことで
監督とは違うコーチの存在を
認識できるようになりました。

スポーツとは違って、わたしは映像制作も
やってきましたからそっちの視点で
“監督”というのはイメージできます。

作品やチーム全体があるべき姿を
完成させられるように指揮をとる人。

じゃあコーチってなんなのか?

それは選手やチームの力を引き出す役割を
担っている人のこと。

コーチングというのは、
人の能力を引き出す方法を
体系的に研究されまとめられている
ひとつの“技術”なんですね。



さてさて、「宇宙戦艦ヤマト2199」に
どっぷり浸かっている間に
このテレビシリーズも今期の最終回が
間近なのかな??
来月からは違うアニメが始まるようです。

アニメ「僕のヒーローアカデミア 第2期」
第35話「八百万:ライジング」


を観ました。

期末テストの演習試験、
雄英教師vs生徒のバトル2回線目がスタート。

梅雨ちゃん&常闇のコンビは、
エクトプラズム相手にに苦戦します。

しかし、お互いの個性を活かして見事にクリア。

続いて轟&八百万は相澤と対戦。

八百万は体育祭から自信をなくし、
轟の指示に従うばかりの姿勢になっていました。

そこを相澤が奇襲、2人はピンチに追い込まれます。

何か言いたげな八百万・・・

轟と八百万を組ませて自分が対戦相手を名乗り出た
相澤は彼らにどんな試練を与えるのか!?



さて、今回のお話のタイトル
「八百万:ライジング」
からして、クラスの副委員長八百万ちゃんの
成長物語なんだろうな・・・と
想像はしていました。

八百万とチームを組まされているのは轟くん。
八百万と轟は2人とも推薦入学組です。
優等生。

でも、そんな2人の成長を見守る立場の
担任教師、相澤先生が2人を組ませ
しかも対戦相手を自分に決めた。

職員会議でも全員一致で
この組み合わせに賛成でした。

相澤先生はじめ雄英高校の先生たちが
何を思ってこの組み合わせにしたのか?

その答えがこのお話でわかります。

つまり相澤先生が先生として
しっかりと2人をそれぞれ必要な成長へ
導いてくれたんですね。

2人とも自分自身の課題に気づき
それを乗り越えた。クリアしたんです。

ザ・コーチングといった感じでした。

先生が
「お前はこれができてないからこうしろ」
というのではなく、かといって放任でもない。

八百万と轟それぞれに気づいて欲しい
ポイントをしっかりと見定めて
計画してそれを促した。

気づいたのも乗り越えたのも
あくまで八百万と轟、本人たちです。

人と人のつながりに対して
コーチングだ心理カウンセリングだなどと
体系化された技術知識を持ち出すと
「気に入らない」という感情を抱く人は
少なくありません。

その感情は即攻撃に転じられることも多い。

よくある言葉による攻撃はこうです。

「あやしい」「うさんくさい」

(笑)身に覚えある人も多いのでは?
しかし、核家族なんて言葉が
死語になりつつあるほど
家族と言えば核家族をさすのが
当たり前の感覚となっている世の中。

なぜこれが死語になりつつあるかというと、
シングルマザー、シングルファザーなんていう
生き方も一つの選択肢として“当たり前”に
なってきている。

加えてひとりっ子も多い時代。

また、親がシングルではなくても
共働きという家庭も
当たり前に多く存在します。

そうなると、コミュニケーションの場
だけではなくコミュニケーションを観察する場
というチャンスも、
一昔前に比べると、天文学的な回数で
減っているはずなんですね。

ウザすぎて胸焼けするくらい
そういうチャンスばかりがあって
それで日常がまわっていた時代に比べると
圧倒的に少ないわけです。

それは、今の子どもたちはもちろんそうですし
今親をやっているわたしたちも同じです。

圧倒的にコミュニケーションを知らない。

えらそうに語っているように
見えるかもしれませんがわたしもそうです。

わたしは自分自身にそれを感じたから
心理カウンセリングを学びました。

息子がまだ3歳のころでしたが、
初めて学び始めたときは
「こんな当たり前のことも
ろくに認識できていないまま
親をやろうとしていたのか!?オレは!!」
と空恐ろしくなりました。

コーチングもカウンセリングの技術体系から
派生した技術です。

本来、親も先生も、兄弟も友達も
みんなが大切な人と接し見守るために
当たり前に身につけていくべき
“当たり前”のことなんです。

でもそれが現実にできていない。

だから学問として体系化して
客観的に認識して学んで取り入れる。

そういうことをしていく必要があるんですね。

親になるときに、産婦人科や区役所の進めで
産後の親が知っておくべきこと学べる
講習会に参加したことがありました。

沐浴なんかも人形を使って練習できる。
そういうことへの参加で父親なる自覚も
少しずつ芽生えていきます。

これからの時代は、結婚前に
夫婦のコミュニケーションを学んだり
中学や高校の授業のなかで
カウンセリングやコーチングのように
コミュニケーションを技術として
学んでいく必要性も出てくるでしょう。

まず大事なのはわたしたち自身が
圧倒的に知らないんだという事実を
知ることからがスタートですよね。


      全ての物語のために









posted by ストーリーセラピスト at 08:00| Comment(0) | ストーリーセラピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月11日

「宇宙戦艦ヤマト2199 星巡る方舟」その3 おもてなしにかかせない心地よさをリズムで感じる



先日、職場で隣の部署の課長さんが
朝礼の時に自分の部下たちに声をかけて
じゃんけんをさせていました。

わたしの良き友人でもある彼は
人を率いるために多くの勉強していて
その中の一つとして、
人の脳が活性化する方法として
仕事始めに自分と勝負させたんですね。

驚いたのはその呼びかけから
じゃんけんへの誘いです。

朝礼が終わって、みんなが机に向かおうとした瞬間
「みなさん!」と声をかけて端的に目的を伝え
みんなの興味を惹きつけました。

そして、シンプルで簡単に短く楽しく
みんなの脳を活性化させて笑顔にまでして
机に向かわせました。

本当に数十秒の出来事でしたが
これから大変な仕事に向かう部下へ
労い、もてなし・・・つまりはエンターテインメント。

彼が狙ったのは脳の活性化のための
“勝負”をすることだったそうですが、
それだけにとどまらない効果があったはずです。

この心地好さが朝から頭と心を快にする。

やっぱ上に立つ人は違うな〜と、
勉強させられました。



やはりシリーズを通してみると
これも見たくなっちゃいますね〜
TVシリーズの24話と25話の間に当たる
エピソードになるのかな…

「宇宙戦艦ヤマト2199 星巡る方舟」

を三度、観ました。

西暦2199年。

苦難の航海を経て、目的地イスカンダルで
〈コスモリバースシステム〉を受領したヤマトは、
地球に戻るため、大マゼラン銀河を
後にしようとしていました。

そんなヤマトに大マゼラン外縁部で
襲いかかる謎の機動部隊。

彼らは蛮勇で宇宙にその名を轟かせる
戦闘民族〈ガトランティス〉でした。

指揮官はグタバ遠征軍大都督、
雷鳴のゴラン・ダガーム。

ダガームはヤマトに艦の引き渡しを要求してきます。

戦闘を避け地球へ急ぎたいヤマトに、
容赦なく襲いかかるダガーム。

ガトランティスの誇る最新兵器〈火焔直撃砲〉
はから間一髪、ワープで振り切ったものの、
不思議な異空間へと迷い込んでしまうヤマト。

ヤマトはまるで意志を持ったように勝手に舵を切ると、
謎の惑星へと誘われるように降りていきます。

古代、桐生、沢村、新見、相原の5人は
打開策を探るため惑星へと情報収集に降下。

地表に降り立った彼らが見たものは、
地球のアマゾンに告知したジャングルと
そこにあるはずのない戦艦大和の朽ち果てた姿。

ガミラスの救難信号を追ってその艦内にはいると
そこには七色星団の戦いを生き残り
ヤマトへの復讐を誓う、ガミラスの
フォムト・バーガー少佐たちの姿がありました。

彼らもまた迷い込んでいたのです。

出口が閉ざされた不思議な空間の中で
ヤマト乗組員の古代たちと
ヤマトへの復習を誓うバーガーたち、
それぞれの想いが交錯します・・・。



地球人、古代進たち数人と
ガミラス人、フォムト・バーガーのチームの
遭遇と不思議な体験の物語。

幼少の頃から大好きだった
「宇宙戦艦ヤマト」シリーズ。

多くの大人のファンは
劇場版2作目の
「さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち」
が最高の名作とたたえ、
それ以降はお金儲けのための作品・・・

のような言い方をする人たちもいます。

しかしわたしが子どもころに好きだったのは
「さらば〜」をつくり直したテレビシリーズ
「宇宙戦艦ヤマト2」と、
その後の流れのシリーズです。

「ヤマトよ永遠に」などは何度観たことか・・・

短いから「金曜ロードショー」で何度か
放送されていたんですね。

でも、それだけ大好きだったにも関わらず
今、シリーズ中で最も好きな作品は?

と聞かれたら、間違いなく
新しく生まれ変わった「宇宙戦艦ヤマト2199」
ですし、一番好きな劇場版は?
と聞かれたらこの「星巡る方舟」と答えます。

なぜか?


この「2199」シリーズは本当に観ていて
『気持ちいい』んですね。
『心地いい』でもどっちでも良いですね。

それの生み出し方がとてもいい。

この「星巡る方舟」も全編通してスマートで
日本のアニメーションならではの心地好さがある。

しかも、過去のシリーズよりもリズム・テンポがよく
画や1カットごとのレイアウトやそのつなぎのテンポ。
ストーリー構成・・・

本当に気持ちよく見れます。

戦争を扱い、人の生き死にも描かれる作品。
平和への思いもいっぱい詰まった作品。

そういうのを見て「気持ちい」なんて
不謹慎に思われるかもしれませんが、
まさにカタルシス。

これは物語の命といってもいい。

エンターテインメントである以上は
このカタルシスをどう生み出して、
作品の中に観客を誘うか?
が要ですよね。

そこで観客がこころを開くから
物語が内包しているメッセージも
自然と受け入れるようになる。

売れているレストランやアミューズメント施設、
ホテルやレジャー施設も同じ。

気持ちいい、心地いい。

脳が快の状態になっているということ。

わたしたちも仕事の中でお客さんや取引先への
おもてなしに取り入れるべき要素ですし、
実は自分を上手に成功に導く要素でもある。

自分をもてなして、気持ちよく
成功のための行動を起こさせる。

この「宇宙戦艦ヤマト2199」シリーズや
そのシリーズを締めくくった劇場版、
この「星巡る方舟」はわたしにとっては
その流れやリズムを丁度よく教えてくれる
お手本のような作品です。


       全ての物語のために








posted by ストーリーセラピスト at 00:00| Comment(0) | ストーリーセラピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月10日

アニメ「宇宙戦艦ヤマト2199 #25 終わりなき戦い」最後の心の支えになる人がいるのは幸せなこと



わたしは結婚してこどもができて
友人たちとのつき合いや
会社の同僚たちとのつき合いは
極端に減りました。

もともと友人たちと遊んだり語らったりするのも
同僚と飲むことも大好きでした。

しかし、家族ができると家族優先になる。

休みの日が家族サービスの日になるとか
そういう意味での話ではありません。

生活力、経済力の問題なのかもしれません。
経済的にそとで使う余裕がないというより
会社の仕事が終わったら、
生活力、経済力を向上させるための
勉強や他の活動に意識も時間も使ってしまう。

別に自分を犠牲にしているつもりもありません。

でも、友人たちや会社とのつき合いが
疎遠になってくると寂しいです。

そうなってくると、家族への思いが
自分を支える唯一のより所になってくる。

あまり健全な傾向ではないですね。

だから、わたしはできるだけ深刻には
ならないように心がけています。

でも、気持ちがわかるお父さんも
きっと多いんじゃないのかな?

これで、家族にそっぽ向かれたりしたら
たまりませんよね。
まあ、自分が勝手にやっていることだから
家族を責めるのも本当は違うと思うけど。



「宇宙戦艦ヤマト2202」も来年か再来年には
テレビシリーズとして放送されるのでしょう。
楽しみですね〜

アニメ「宇宙戦艦ヤマト2199」
第25話「終わりなき戦い」


を観ました。

コストリバースシステムを受け取り
地球への帰路についたヤマト。

惑星バランの亜空間ゲートから
ワープをしようと向かった先には
未だ生きていたデスラーの手のものが・・・

彼らを振り切り次元の狭間に突入したヤマト。

しかし、待ち伏せていた
デスラーの艦につかまり
亜空間での白兵戦が始まります・・・



全話鑑賞しました。
1話1話無駄なくテンポも良く、
1話ごとに話がきっちりできていて
下手に引き延ばさない。

本当に良い作品でした。

画のクオリティも非常に高くて
昔からのファンとしては
よく作ってくれたな〜と感謝しています。

ところが、このデスラーの最後の出番。

ファンの間では賛否両論あるようです。

星々を治めて統一し、宇宙に平和をもたらす。
そんな織田信長のようなデスラーの野望。
それがスターシャのためだった・・・

「デスラーが急にちっちゃい人間になった!」

という印象を抱いてがっかりした人も
少なからずいたようです。

ちなみにわたしはどうだったのかというと
全然そんな風には思いませんでした。

言いたいことはわかるんですけどね。
スターシャとの回想シーンを観ていると
わかりますが、デスラーはもともと
自分の野望は持っています。

そしてもともと宇宙に平和をもたらすための
方法論への意見も違っているのもかいま見える。

デスラーは自分のやり方で
宇宙を一つにしてみせるつもりだったはず。
スターシャへの思いと彼の闘いはまた別のもの。

この話に至るまでのデスラーを観ていると
もう、最後にはスターシャへの思いしか
自分を支えるものはなかった・・・

というのは非常に納得がいきます。

宇宙どころかガミラス全体が彼を
裏切り者と思っているのですから。

わたしは家族が自分の支えだし
今自分の中でそうなっているというのは
わたしが勝手にそうしただけなので
今回のデスラーの感じは
非常によくわかったし孤独だろうなと
同情もしました。

自業自得ですけどね。
自分が自分の国の民に刃を向けたのですから。

だからこそ、お父さんたち。
家族が敵に見える瞬間があっても
それはその瞬間だけの気分、
狭い枠の中での対立です。

意見がちがっても、家族は家族。

外で戦わなければならないパワーを
刃として家族にむけることがありませんように。

家族が敵に見えても、自分は常に家族の味方。
つらいときこそそういう気持ちでいるように
心がけたいものです。


     全ての物語のために









posted by ストーリーセラピスト at 08:00| Comment(0) | ストーリーセラピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月09日

ドラマ「僕たちがやりました #8」追い詰められて必死なときこそ知っておくべきこと



必死でやらなきゃならない時はあります。
何度も必死になった経験はあります。

でもね。
それって、誰でもなれてしまうんですよね。

わたしも何度も必死になって
何度も失敗してその都度後悔しました。

でも、また次の必死ポイントでは
同じことを悔むんですね。

今、わたしはそういう自分を成長させようと
努力をしている真っ只中です。

わたしが毎回何に悔むのかと言うと
「先延ばしグセ」「後回しグセ」で
追い詰められて、追い込まれて必死になる。

で、結局ちゃんとは間に合わない。

必死ならいいのか?

違いますね。必要なのは必死さじゃない。

本気なんです。

だから、わたしは本気で変わろうとしている。
今までその本気でいくつものことを変えて来ました。
でも、今チャレンジしていることは、
今度は本気だけでもダメな予感がしています。

必死にもならないといけないようです・・・!!!



久しぶりに雨がしっかりと降った福岡。
豪雨の影響で電車が遅れたり、
もっと危険な目に会った人も多い様子・・・
恵の雨であって欲しい雨も災厄にはなって欲しくない・・・

ドラマ「僕たちがやりました
第8話


を観ました。

ついに蓮子(永野芽郁)と
つき合うことになったトビオ(窪田正孝)。

飯室(三浦翔平)の「一生苦しめ」
という言葉を思い出しても
以前のように苦しくない自分を自覚します。

しかし完全に幸せには浸れません。
蓮子に思いを寄せる市橋(新田真剣佑)のことを
気にかけるトビオ。

蓮子との仲を打ち明けようと
病院の市橋を訪ねるのですが、
唯一の身内である祖母が亡くなったと知り、
言いそびれてしまいます。

一方、伊佐美(間宮祥太朗)は
事件の被害者たちへの弔いを終え、
意気揚々と今宵(川栄李奈)のアパートへ。

ところが、今宵の父も居合わせ、
おまけに伊佐美の子を妊娠したと告げる今宵。

そして、その直後なぜか別れを切り出され
あ然としてしまいまう伊佐美。

パイセン(今野浩喜)は飯室からの情報をもとに、
ようやく輪島(古田新太)の居所を突き止めます。

トビオは市橋の足が完治しない事も知らされ
市橋を元気づけたいと励まします。

絆を深めるトビオと市橋。

しかし市橋はなんとなくトビオの様子に
気づいていたようで
「他にも何か言いたいことがあるんじゃないか?」
と聞いてくるのでした・・・



さて、トビオも伊佐美もパイセンももう
後に引けないどころかかなりヤバイところにまで
追い込まれています。
3人の追い込まれ具合に比べると
マル(葉山奨之)はなんというか・・・(笑)

まあ、それでもマルはマルなりに
本当の寂しさに気づいたのかな・・・
そうであって欲しいですね。

次回の予告を見ると、やっとこの4人が
自分たちのした事を受け止めようとするのか!?

という感じの予告編でした。

伊佐美も状況が状況ですから必死でしょう。
トビオはもう取り返しがつかな過ぎて
自暴自棄に走っちゃいそう・・・

恐らくみんな必死です。

追い込まれて、追い詰められて、
もう逃げ場なんてない。

だから必死。

でもこれは誰でもなれる。
追い詰められたら誰だって必死には
なれてしまうんですよね。

だから、本気が必要。

本来本気なら、本物の覚悟、気迫ですから
必死なんて必要ない。

そう思っていましたが、わたしは今また
追い詰められつつあります。

これは必死も必要と言うことか?
それとも本気だと思っていたのに
まだまだその先の本気があるということか?

多分、正解は後者です。

でも、本気の先の本気に行けなかったから
追い詰められて必死にならざるを得なくなってきた。

でも、必死で失敗ばかりしてきましたから
同じ轍は踏みたくありません。

大事なのはどんなに追い詰められても
必死以前に本気なんです。

必死になっても良い。
でも必死だけじゃダメ。

本気を忘れず、さらに向こうの本気を目指す。

必死になっている時こそ、
本気の重要性は忘れないようにしなきゃ。


         全ての物語のために









posted by ストーリーセラピスト at 08:00| Comment(0) | ストーリーセラピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする