2017年11月16日

ドラマ「陸王 #4」人に惹かれる感受性



わたしは勤め先の仕事以外、
基本的には単独での行動が多いです。

基本的にチームを組まない。
組んでも自分を入れて2人か3人が限度。

それくらいにとどめています。
それも本当にまれな話で
基本的には本当にひとり、独りです。

家族のおかげで
孤独感も緩和できているのですが
正直に言うと自分でも心配というか
不安になることはあります。

それは、人に惹かれる自分の感受性について。



毎回もういいよ!というくらい次から次へと
困難を与えそれを乗り越える姿を見せる
日曜劇場の池井戸潤シリーズ始め、この
ドラマのスタッフシリーズ。
でも、少し今までと違うものも感じています

ドラマ「陸王」
第4話


を観ました。

ソールの素材として最適な硬さの
シルクレイを作ることに成功した
大地(山ア賢人)と飯山(寺尾聰)。

生まれ変わった「陸王」。

大きな一歩を踏み出したことを祝し、
宮沢(役所広司)は2人に加え、
飯山の妻やほかの社員たちも
居酒屋「そらまめ」に集め、
今までの苦労をねぎらいます。

後日、宮沢は意気揚々と
茂木(竹内涼真)の足型を
取らせてもらうべく、
ダイワ食品陸上競技部を訪ねました。

しかし、茂木ははけないと言います。

茂木は別の問題でも焦っていました。

怪我のことは会社にも伝わっていて
労務課から呼び出されたのです。

若いうちに陸上を引退して
社業に専念しなければ、30を過ぎてからだと
居場所がなくなるぞという話でした。

全く相手にしてもらえないこはぜ屋では
茂木のことは諦めて他の選手に
はいてもらうほうが良いのでは?

という声も聞こえ始めます・・・



「プロジェクトX」や
「プロフェッショナル仕事の流儀」の
テーマソングが聞こえてきそうな
タイミングで「Jupiter」が流れると
ちょっとにやけてしまいます。

このスタッフで作られるドラマは
いつもテイストが同じで、
特に「小さな巨人」のときは
正直「もういいよ!」と笑ったくらい
なのですが、「リーダーズ」のときにあった
少し他とは違う感じがこの「陸王」にも
わたしは感じています。

それは役所広司さんの存在。

下手をすると一本調子になりかねない
危険性をはらんでいる演出手法の中
役所広司さんの演技はとても幅広い。

今回の、涙をこらえるシーンは
このドラマのスタッフらしく
わかりやすくもあるのですが
どこか密やかさも出ていた。

ちゃんと観ててよかったなと思えました。
ちなみに「リーダーズ」のときは
もちろん佐藤浩市さんですね。

堺雅人さんや阿部寛さん香川照之さんも
大好きなんですけどね…カマキリ先生とか(笑)

さて、今回のみどころはなんと言っても
アトランティスの村野さんでしょう。

こはぜ屋に続々と強力な仲間たちが
集まってきますね〜

展開は最初から読めているのになんでしょうね
このワクワク感は。

「アベンジャーズ」「エクスペンダブルズ」
「ルパン三世VS名探偵コナン」

このあたりが公開されたころ
わたしは大興奮するだけでしたが
やっぱり凄い人と凄い人が出会う、集まる
ってわたしは大好きなんですね。

「スーパー戦隊」と「仮面ライダー」の
大集結や「宇宙刑事」まで参戦したのも
わたしは息子よりワクワクしていたかも
しれません。

「インフィニティ フォース」もそうですよね。

先日は久しぶりに金曜の夕方に家にいて、
「妖怪ウォッチ」を観ていたら
映画の宣伝の最後にウィスパーが
「あなた様は〜!!」と声を挙げたので
画面を見ると・・・ねぇ。
待ってました!って人たち?がズラっと・・・

さて、興奮しすぎてキャラものの
競演の話ばかりしてしまいそうなので
話を戻します。

思い返せばわたしは今は単独での
活動を好んでいますが、
以前は気がつくと沢山の友人たちに
集まってもらってひとつの作品を作るという
映画製作のスタイルをやっていました。

そこには、なんというか違う世界の
友人たち・・・

大学の友人、バイトの先輩後輩、
高校時代の同級生から中学の同級生、
友達の友達から父の友人まで・・・

それぞれわたしが惹かれた人たちですが
別々の世界の友人たち。
彼らがわたしの目の前で一同に会す。

わたしにとっては夢のような世界でした。
凄く幸せなことをさせてもらえていたんだな
と今振り返ってとても感謝の気持ちがわきます。

こはぜ屋の宮沢社長は
ドラマの主役ですから
彼の元に続々と人が集まってくるように
見えなくもない。

でも、ちゃんと観ていると、
確かに彼に惹かれて来ている部分もありますが
宮沢さん自身がまず
相手に惹かれているんですよね。

自分から好きになって口説いている。
最初は相手にされてなかったりしますもんね。

この感受性。

これ、わたしは本来もっていたはずなのに
最近はとんと使っていない。

きっと、そういう焦りですね。
自分自身のことが心配なのは・・・

人に好かれたいとかそういうことではなくて
凄い人と凄い人、大好きな人と大好きな人は
やっぱり引き合わせたい。

そこから生まれる化学反応って
やっぱり面白いと思うんですよね。

そのためにはまずわたしが
人を好きにならないといけない。

今は計画的に単独行動が多くなってしまう
現状がありますが、数年後の未来では
また大好きな人たちの出会いを
目撃していたいなと、
自分の忘れていた幸せをひとつを
思い出すことができました。


        全てての物語のために









posted by ストーリーセラピスト at 08:00| Comment(0) | ストーリーセラピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月15日

ドラマ「先に生まれただけの僕 #5」素直に変われる人と熟成しないと変われない人、どっちかじゃなくてどっちもでいいと思うんですよね



わたしはかなりの本を読んできました。
勉強熱心ではある。

でも、読んだ知識を自分のものとして
スッと出せない。

自分の中で咀嚼して、
こういうことか!と理解し
腑に落ちてからやってみて
うまく行かずに改善。

そうこうしているいうちに
またいろいろな本を読んで
頭が影響を受けてしまうものですから
わたしの中ではいろいろな知識が
ごちゃごちゃになっていて
よけいに何かがすぐに役に立つ、
という状態にはなりにくいです。

それでも、点と点が結びついて
新しいことが生まれる楽しさ・・・

組み合わせて面白いアイディアが生まれる
喜びを知っているから
わたしの読書と実践のスタイルが
悪いとは思っていませんが、
実は非常にもどかしさも持っているんだなと、
今回自分で気づくことができました。



なんていうか、毎回さすが!と思えるほど
おもしろいだけに、もったいない気がします。
こんなに急がずに、2クールくらいかけて
じっくり描いて欲しかったな・・・と。

ドラマ「先に生まれただけの僕」
第5話


を観ました。

受験生(中学3年生)に向けた、
学校説明会が間近に迫っているとのこと。

しかし鳴海(櫻井翔)が就任前の
9月に行われた学校を知ってもらう為のイベント
『オープンキャンパス』では
来場者が少ない上に評判も良くなかった
ことを知ります。

加賀谷(高嶋政伸)を敵に回したことを
はっきりと自覚していた鳴海は
先手を打つことを考えていました。

そこで鳴海は、生徒たちにも
イベントに協力してもらい、
京明館高校の魅力をアピールしたいと
教師たちに提案します。

そして、樫松物産社長・原(小林勝也)に
オープンキャンパスに来てほしいと
直訴するのでした。

ちひろ(蒼井優)は自分が担任する
2年3組の生徒に、オープンキャンパスでの
メインイベントを考えてみてほしいと
投げかけてみました。

自然と生徒たちのやる気に
火をつけたちひろの話術を
鳴海はペップトークだと絶賛。

ちひろは「ペップトーク」を学び
生徒たちはさらに乗り気になります。

自分たちの学校の魅力を伝えるには
どうしたらいいかと知恵を絞る生徒たち。

そんな中、鳴海の行動が疎ましい加賀谷は
沙織(井川遥)に接触。
校内で鳴海に反発している教師の名前を
聞き出して・・・。



いよいよ学校と会社が交わりました。
今後、この流れはどうなっていくのでしょう。

ちょうど中盤。
次回からの展開が楽しみでもあり
心配でもあり・・・(笑)わくわく。

さて、「ペップトーク」実在の書籍が
そのまま出てきました。

人をやる気にさせるコミュニケーション術。

読んで学んだことを、
あんな風にすぐに自分たちの授業に
活かせる先生たち、凄いですね。

組織でもリーダー的な仕事を任されている
親友がいます。

彼は出会った当初、本なんて
読んでいませんでした。

映画は好きだしマンガや雑誌は読むけれど
本は読まない。

そんな感じ。

しかし、コトラーの「7つの習慣」を
読んで以降、抵抗がなくなったようで
リーダー論やその他のビジネス書を
よく読むようになったようです。

しかも、「こんな本を読みました」
とよくアウトプットしてくれる。

会社で様子を見ていると
それをどんどん実践に生かしているんですね。

素晴らしいなと思いながらも
どこかでわたしは羨ましがっている。

自分もあんな風にスッと読んだものを
咀嚼して自分のものとして活かしたい。

下手に多読家だったせいか、
そんな、へんなコンプレックスというか
劣等感に近い感覚を持ち始めていました。

それはそれで、そんな風になりたいと
目指すのも一興、失敗の数も増えるでしょうし
その分経験を積んで自分のものにできることの
量も増えるでしょう。

しかし、だからと言って
これまでのわたしの読書との関係が
否定されるわけでもないはず。

へんに卑屈になるなと、自分と
向き合い始めているところです。

ひらめきというクリエイションは
やっぱりわたしは信じているし
何よりも楽しい。

『今を超える可能性のための材料あつめ』

だからやっぱりすぐにそのまま使えなくても
読みたい欲求は抑えない。

ここは捨てる必要はない。
でもこれまでの自分のやり方だけに
固執する意地は捨てたほうがいいですよね。

だって、素直に実践して
自分のものになっていくことが増えて
それらが組み合わされて自分や
自分の人生というものが
クリエイトされていくわけですから。

つまり、あっちからこっちへチェンジ
するんじゃくて、
アップグレートする。

そんなイメージで、このドラマで
「ペップトーク」を取り入れた先生たちや
わたしの親友の在り方からも
いろいろ学んでみようと思います。


        全ての物語のために



福田靖脚本作品







posted by ストーリーセラピスト at 08:00| Comment(0) | ストーリーセラピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月14日

アニメ「タツノコ・レジェンズ インフィニティ フォース #6 INFINI-T FORCE」言い訳をしないために言い訳を吐き出せ!



言い訳をしない。
コレって大切です。

本気だったら言い訳をせずに
行動をしている。

でも、言い訳を封じると
苦しくなることがある。

コレはコレで危険だぞというのも事実です。

最近、わたしは自らの経験で
それを実感しています。

まだ、苦しみを感じているだけで
こここそ乗り越える壁なのかもしれません。

泣き言を言わず、自分で乗り越えろと・・・
その先に、成長した自分の姿が
在るんじゃないかと・・・

でも、本当にそうでしょうか?

自分で乗り越えることと
ひとりで抱え込むのとは違うんじゃないか?



「スパイダーマン ホームカミング」や
「僕のヒーローアカデミア」に通じる
お話でしたね。

アニメ「タツノコ・レジェンズ インフィニティ フォース」
第6話「INFINI-T FORCE」


ダミアンの奇襲を受けた健と笑。

ダミアンの能力によって
健は変身できなくなります。

異世界の廃墟へと転移させられ、
ダミアンの仕掛けた罠を
生身のまま掻いくぐり、駆け回る健。

しかし、ついに多勢に無勢で囚われます。

そんな健に幻覚を見せ
精神的に追い詰めていくダミアン。

健を救いたければ、ケースに願え
と笑に迫ります。

誰かが次元を超えた反応をキャッチした
城二たちは・・・。



力があるから戦っているんじゃない!

スパイダーマンのピーター・パーカー少年は
アイアンマンのトニー・スタークに
スーツを取り上げられて言われました。

スーツがなきゃ何もできないなら
スーツを着る資格はないと

「僕のヒーローアカデミア」の峰田実くんも
期末テストの時に気づきます。

ヒーローだからかっこいいんじゃない、
かっこいいからヒーローなんだと

今回、健はガッチャマンに変身する力を
奪われました。
他のヒーローたちもそれぞれ・・・

それでも諦めない彼らはどう戦うのか?

そして、え?
コレ、次回どうなっちゃうの?

と中盤のクライマックスの予感もあり
やっぱり面白い!

いやいや話がそれそうになりましたが
ヒーローたちは本気で青臭い。

笑に「必要ない」「ウザい」と言われても
ましてや自分たちのヒーローとしての
特殊能力が無くなっても
彼らが世界のために戦うということは
変わらない。

「きれいごと?上等じゃないか!
命を賭してきれいごとを貫くのが
ヒーローの本分さ」

オールマイトも確かそんなことを
言っていましたよね。

かれらは能力がないから自分には無理
なんて言いません。

「僕のヒーローアカデミア」の緑谷出久くんも
“個性”はないのに助けを求めている人がいると
助けに向かってしまう。
“個性”がないからできないなんて言わない。

でも、そんな言い訳をしなヒーローたち
・・・現実の世界では活躍している成功者とか、
実績を出している同僚たちを観ると
自分とはちがうな〜という気持ちが
もたげてくる。

そんな自分を観て、落ち込んで、
困難じゃダメだってカツを入れて、
邁進しようとするけど
なかなか思うようにはいかない。

うまく行かない理由は山ほどいえるけど
それを言ってしまうとまた
言い訳ばかりの自分に戻っちゃうんじゃないか?

誰にも“言い訳”できずに
苦しみを抱えて立ち止まってしまう・・・

これってやっぱりおかしいですよね。
ちがってますよね。

言い訳をしない
=苦しみも悩みも誰にも打ち明けず
ひとりで抱え込むということとは違う。

健は変身できなくなりました。

でも彼には城二や武士たち仲間がいました。
そして、能力をうしなった健は
笑にまで頼りました。

そう、ちゃんと頼ってるんですよね。
周囲にいる大切な人たちを。

できないことは出来ないと言わないと
手を貸してももらえません。

ここはきっと、線引きが難しいところです。
わたしたちの生活の中では特に。

いや、いろいろ考えるわたしだから
難しく感じるだけかもしれませんね。

「なんで?」お願いすればいいじゃない。
と上手に協力者を見つけて一緒に
成功していける人も沢山いますからね。

でも、ひとりで抱え込んで
誰にも気持ちを吐き出せず
問題も抱え込んで整理できないでいる人は
確かにいます。

わたしもよくそうなりかける。

まずは、弱音でもいいから何でも
吐き出してみる。

そうすることで「言い訳」なのか
現実的に無理なことなのかの整理も
ついてくるのかもしれません。

「言い訳しない」はそれが言い訳かどうか
ちゃんと自分で見極めてからですよね。


         全ての物語のために










posted by ストーリーセラピスト at 08:00| Comment(0) | ストーリーセラピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月13日

ドラマ「奥様は、取り扱い注意 #6」女性に朗報、男を惚れさせる簡単な方法



やっぱり、わたしは男です。

福岡の繁華街、天神を歩くと
毎日きれいな女性たちに
なんども目を奪われます。

毎日一目惚れ(笑)

もちろん悪さはしませんよ。
妻一筋ですから。

ただ、きれいだな、かわいいな
という感覚は常に動く。

テレビを見ていると芸能人も
きれいな人ばかりですよね。

最近は中学生の息子も言いますが
新垣結衣さんとか木村文乃さんとか
きれいな人、魅力的な人は多い。

いやらしいとか言わないでくださいね。
女性もステキな男性には
いくつになっても反応するものでしょう?



新たな展開への予兆は今回もありましたが
まだ、派手に話が転がるまでには
至りませんでした。

ドラマ「奥様は、取り扱い注意」
第6話


を観ました。

菜美(綾瀬はるか)と優里(広末涼子)は、
抜群の生け花のセンスを持つ姑を見返したい
という目的の京子(本田翼)に付き合って、
フラワーアレンジメント教室に
通っていました。

京子が姑を見返せる日は絶望的のようですが
菜美は楽しさを感じ始めていました。

そんな中、教室で知り合った
冴月(酒井美紀)から広報誌の取材を
申し込まれます。

取材当日、菜美が時間通りに
冴月の家を訪ねると、門の前には
冴月の友達・靖子(芦名星)と千尋(原田佳奈)が
来ていました。

取材の後、フラワーアレンジメントの
練習をするのだとか。

帰宅が遅れると冴月から連絡を受け
2人に言われるまま冴月の家に
先にあがって待つことにした菜美。

しかし3人はリビングで
冴月の夫・達郎の死体を発見。

現場の状況を冷静に見た菜美は
強盗ではなく何者かが計画的に殺害し、
自分をアリバイ作りに利用したと直感します。

翌日菜美は、勇輝(西島秀俊)と共に警察へ。

事件は開業医の達郎の資産を狙った
強盗だと思われていたが、
冴月に愛人がいた可能性が浮上。

マスコミは事件を
痴情のもつれによる殺人と報道。

無遠慮にマスコミが街に溢れ
殺伐とした雰囲気が漂い始めます。

大好きな街がこれ以上騒がしくしたくない。

菜美は自ら事件解決に動き出します。



「私も、ひとりの女でした」
そんな締めかたをされる今回のお話。

菜美の女心の生かし方が
男前だったのは、金城一紀さんならでは
でしょうか?

かっこいいです菜美。

ほんと今後の展開、クライマックスが
楽しみですね〜

男からすると、女性は明らかに
興味の対象ではあるのですが
多くの男性が見落としがちなことがあります。

それは、男性が恋をして悩むように
女性も恋をして悩むということ。

いや、こういうと男たちから
そんな当たり前のことわかってるよ!
と怒られそうですが、あえて言います。

男性は、特に恋をしている男性や
恋をしたい男性は忘れがちです。

面白いですよね。

そこで、恋をしたい女性たちには朗報です。

男は単純です。
女性がどう接するかで自分にホレさせる
なんて結構簡単にできちゃいますよ。

わたしもそうですが、女性に頼りにされると
それだけで気持ちが上がります。

それで「凄い!」とか「ありがと〜!」
なんて言われるとどんどん気分が
上がりまくります。

男はいつも心にヒーロー願望を持っています。

困っている人を助けたい。
特に困っている女性を助けたい。
女性に「凄い」って言われたい。

とっても薄っぺらいことを書いているように
思われるかもしれないですが
今わたしが書いていることは
正真正銘の真理です。

男はヒーローになりたい。
特に特別な人だけのヒーローになりたい。

ダンディーにレディファースト的な
大人の振る舞いをする男も
女性にお礼を言われたら嬉しいんです。

根本は一緒。

わたしも自分がヒーローになって
好きな人を助けてホレられる妄想は
数え切れないほどしてきました。

男は自分をヒーローにしてくれる女性とは
いつも一緒にいたくなります。
つまり彼女になって欲しいと思う。

簡単ですよ。男を惚れさせるのは。

わたしは息子と一緒に「アベンジャーズ」や
「インフィニティ フォース」や
「僕のヒーローアカデミア」を
興奮して楽しんでいます。

ガッキーかわいいね!とか良いながら
息子とワイワイ言っています。

男はいつまでも少年の心がなくならない。

やっぱり、わたしは男の子なんだな。

・・・あれ?


       全ての物語のために



金城一紀×西島秀俊







posted by ストーリーセラピスト at 08:00| Comment(0) | ストーリーセラピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月12日

「英国王のスピーチ」ほとんど全ての問題を解決できるもの



わたしが社会人1年生の時に
就職先の社長や先輩に
何度か連れて行ってもらったことがある
キャバクラやスナックなどでは
隣に座ってくれた女性が上手に
話を引き出してくれました。

気がつくと

「俺、頑張ってるんだな。明日も頑張ろう!」

と思えているんですね。

それは、女性がカワイかったからとか
そういうのとは明らかに違います。

その証拠にBarではバーテンダーのお兄さんが
同じように聴き役をしてくれたこともありました。

ホストクラブもきっとそうなのでしょう。

絶妙な相づちや反応を見せながら
大らかに「うん うん」と話を聞いてくれると
気持ちよくなってどんどん話してしまうんですよね。

そして、話すことによって
溜まっていた不満などはほとんど吹き飛んで
スッキリしちゃう。

友人関係、同僚、家族・・・

関係が近くなると、これが逆に難しくなる。
ついつい相手のために良いアドバイスを
してあげたくなっちゃう。

でも、実はそれが関係悪化や、
不満をさらに募らせる原因になったりする。

そういうことを知った上で家族や友人の話を
聴いて上げられると関係性は全く違ってくると
思いませんか?



公開当時の2011年から気になっていたのですが
まさか鑑賞するまでに6年もかかってしまうとは!?
他にも観たい映画もたっくさんあるんですよね〜。
時間が欲しい!!

「英国王のスピーチ」

を観ました。

ヨーク公(後のジョージ6世)は
幼いころから吃音に悩んでいました。

そのため内気な性格になってしまうのですが、
厳格な英国王ジョージ5世は
そんな息子を許さず、
さまざまな式典でスピーチを命じます。

ジョージの妻エリザベスは、
話し方矯正の専門家ライオネルのもとへ
夫を連れていきます。

一方、ヨーク公のエドワードは
女性遍歴により時期国王の座に就くことに
物議をかもしていました。

ライオネルはヨーク公の良き友になろうとし、
吃音矯正の訓練に取り組んでいくのですが・・・



BSで放送されていたのを録画して
HDDに暫く残っていたのをやっと観たんです。

観れて良かった〜。
エリザベス女王からも高評価をもらったという
ジョージ6世の物語。

彼が王位を継承するに至る苦悩と、
ライオネルとの絆が生まれていくまでの
素敵なヒューマンドラマです。

ライオネルはジョージ6世の吃音の原因を
精神的な側面からのアプローチで
改善させようとします。

彼の友として隣に寄り添い勇気づける。

今で言えばまさに心理カウンセラー
のようなものでしょう。

カウンセリングを海外で学んだという
わたしの先生は、
海外から先生の師匠を呼んだときのことを
話してくれました。

その師匠は、その世界では
権威のある方らしいのですが、
日本のクラブでホステスと一緒に飲んだ時
へべれけに酔っぱらっていったそうです。

日本にカウンセリング文化が根付かないのは
彼女たち(ホステス)がいるからだ!

と・・・(笑)

外で働いている男性たちの話を上手に聞き
隣に寄り添い、自信と元気を取り戻させる。

プロのカウンセラーでさえ彼女たちの
聴き方の技術にメロメロになっていたと。

日本には聴き上手の文化がちゃんとある。

ヨーク公が吃音で悩んでいる時に
他の矯正家たちは口の形やのどの具合といった
外科的な部分の矯正ばかり考えていました。

最初から心の問題として接したのは
ライオネルだけです。

ライオネルの想いはクライマックスで語られますが
途中で「友の役目」についてどう思うか?
とライオネルがヨーク公に尋ねるシーンもあります。

さりげなく伏線になっていたのかもしれません。

彼の苦しみを否定も肯定もせず
「そうなんだね」と全部受け止めてやり、
自分はちゃんとそばにいるよ、君の味方だよ
というメッセージを伝える。

それがどれほど人に勇気や元気を与えるか?

本来、親が子に送る太陽のような温かさ
そのものではないでしょうか?

もしも、あなたが独りで、そんな親にも友にも
恵まれなかったと世の中を恨んでいるなら、
まずは自分が自分自身に対して
そういう存在になってあげてください。

あなたがあなた自身を大事にしていると
あなたのことを大切にしてくれる他の
誰かとの出会いに気づけるようになります。

周囲が誰も自分を大切にしてくれないと
感じている時って、実は自分が自分を大切に
していないせいだったりするんですよね。

ぶっちゃけそれだけで、多くの悩みが
取るに足らない事に思えてきますよ。


         全ての物語のために








posted by ストーリーセラピスト at 08:00| Comment(0) | ストーリーセラピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする