お知らせ 2019年10月1日からこのブログ
「あなたの幸せ力を引き出すストーリーセラピー【ストセラ】」は
https://storytherapy.net/
へ移行します。

こちらのseesaa版は、これまでの記事のアーカイブとして残します。
今後とも、よろしくお願いいたします。

2019年09月16日

ドラマ「凪のお暇 #9」人は変われない・・・と言う資格をわたしたちは持ち合わせていない

カフェや自分の部屋でもスマホですぐ見れます♪
凪のお暇.JPG
凪のお暇。は無料で視聴できます
詳しくは
▼ ▽ ▼
クリック!

「凪のお暇」の無料視聴はこちら>>

リンクをクリックするとすぐに視聴できます。

Paravi(パラビ)は30日間無料で見放題です♪
最新ドラマを配信で観たい方には、独占見放題が多く
かなりメリットが多いのでぜひ利用してみてください。


▼▽原作マンガはコチラ▽▼
原作マンガ『凪のお暇』はこちらで無料試し読みできます>>
「凪のお暇」で検索するとすぐに読めます♪



人は変われる?変われない?

この議論は無駄だと思っています。

そもそも論理的に考えても
わたしたちは

「人は変われない」

なんて言える資格を誰も
持ち合わせていません。

主義主張や感情、信念。

そういうモノには関係なく、
論理的に考えて、科学的に
資格そのものを持っていませんよね。



ドラマ「凪のお暇」
第9話


を観ました。

突然上京してきた 凪 (黒木華) の母、
夕 (片平なぎさ) 。

凪の現状を目の当たりにして
困惑する夕に慎二(高橋一生)は
凪の婚約者だと自己紹介してしまいます。

夕の笑顔に威圧的な空気を読んでしまい
瞬く間に大島家と我聞家の
両家顔合わせをすることが決まってしまいます。

今さら本当のことを言えない2人。

アパートの共有スペースで、
龍子 (市川実日子)、緑 (三田佳子)、
みすず (吉田羊)、うらら (白鳥玉季) たちが
集まって凪の話を聞きました。

凪と結婚したいために
わざと嘘をついたのではないか
とまで言われてしまう慎二。

ゴン (中村倫也) は凪と慎二の姿を見て、
今までに感じた事がない思いを
募らせていました。

慎二との結婚生活なんて有り得ない!

凪のその雰囲気を察した慎二は
顔合わせの件は何とかするから・・・

と、お暇を強制終了させて帰って行きました。

その背中にゴンは・・・。

凪のお暇 は無料で視聴できます
詳しくは
▼ ▽ ▼
クリック!

「凪のお暇」の無料視聴はこちら>>

リンクをクリックするとすぐに視聴できます。

Paravi(パラビ)は30日間無料で見放題です♪
最新ドラマを配信で観たい方には、独占見放題が多く
かなりメリットが多いのでぜひ利用してみてください。


▼▽原作マンガはコチラ▽▼
原作マンガ『凪のお暇』はこちらで無料試し読みできます>>
「凪のお暇」で検索するとすぐに読めます♪



最終章の前編ということでした。

らしい劇的なお話でしたね。

母との対決。

思わぬカタチで、そして望まぬカタチで・・・

凪と慎二が2人、距離をとっているのに
まったく同じ感じで泣いて
うずくまっていくシーンは
画として、とてもよくできていました。

ゴンの“本気”も観れます。
本気で何をするのか?

びっくりでしたけど・・・。

このドラマ、原作は続刊のようですが、
次週最終回です。

どんな終わり方するんだろう。

きれいに終わるのか?
余韻を残して終わるのか?

いずれにせよ、絶対に見逃せないです!


さてゴンが凪と久しぶりに
公園でプチバーベキューを振る舞います。

その時にゴンは言いました。

「変われると思うよ」

ゴンは恋を知って、
前までの自分が別人のように感じています。

あんなに女遊びをしていた男が
ここまで変わるかな?

かっこいい男子への女子の願望が
メルヘンとして入りすぎてないかな?

なんて、本気で心配もするレベルの変化ですが
中村倫也さんが演じると
応援しちゃう気持ちも生まれるから
不思議ですね〜

でも実際にこの問題は
多くの物語で取り上げられてきました。

わたしたちも人生の中で
幾度と無く思い悩み、苦しんできましたよね。

変われない自分にイラだちながら、
変わっていく人、変わってくれない人たちに
翻弄されながら・・・

人は変われる?
人は変われない?

これは、見方の問題でしょう。

何をもって「変わる」というのか?


わたしが「変わった」と言っても
わたしはわたしですからね。

別人に変身できるわけじゃない。

とは言え、明らかに以前のわたしと
今のわたしはモノの考え方は違います。

感情は思考にいよって生まれますから、
当然、以前とは物事の感じ方も違う。

良くも悪くも成長しているわけですから
それは当然ですよね。

その考え方だと
「人は変わって当然」
ということになります。


「人は変われない」

というとき、そこにはいつも絶望に似た
諦めの感情が入っていますよね。

「俺は変わらない!」

という決意のときと

「俺は変われない」や「あの人は変われない」

は明らかに違う。

ここがわたしは大事な部分だと思います。

なぜか?

この諦めの「変われない」が
自分に向けられたものであれ
他社に向けられたものであれ

言っている本人が
その対象の気に入らない部分だけを
観ている。

もう一度言いますね。

「変われない」というとき
変われない人の変わらない部分、
しかも、言っている本人が
気に入らない部分「だけ」を・・・

「だ・け」を!

観ているんですよね。

今後そういう眼で、数年過ごしてみて欲しいです。

「人は変われない」

という人は、変われない人の
気に入らない部分・・・

それはつまり自分が変わって欲しいと
期待している部分「だけ」を観ていて、
「変われない」と言っていますから。

ところが、その変われていないと
言われている対象の人の
その部分以外観ると
実は変わっている部分が
いっぱい見えてきます。

役職が変わったり、体重が変わったり、
初めて経験する病気を経験していたり、
ご家族の構成に変化があったり、
小さかったお子さんが受験生になっていたり、

外から知り得る限りでも
ちゃんと知ろうとすればいくらでも
変わっている部分が見えてくる。

それは周囲の状況の話で
その人が変わったとは言えないでしょ?

という反論も出るでしょう。

しかしそうでしょうか?
あなたは、経験によって
物事への考え方捉え方は変わりませんか?

意識はしていなくても
そういうものは少しずつであっても
あなた自身の変化に
影響を及ぼしているはずです。

月日が流れればその人を取り巻く環境は
確実に変わっています。

それはその人の人生に確実に
影響を及ぼしています。

つまり人は必ず変わっています。

もちろんその変化があなたにとって
望ましいかどうかなんて関係がありません。

「人は変わらない」

それは、言っている人の視点が
変わっていないだけ。

確かに相手のその「部分」は
変わっていないのかも知れない。

でも、その部分だけが、その人ではありません。

人の部分だけを見る人に
人の変化の有無を語る資格はないですよね。

言葉が偉そうで誤解されそうなので
客観的な言い方で補足しますね。

人の一部分だけしか視界に入っていないなら
視界の外で何が起きているかは見えていません。

見えていない人が語る言葉には
そもそも信憑性の持たせようがない。

資格がないというのはそういう意味です。

じゃあ、わたしたちは
人のすべてを知り得るのか?

そんなこと不可能じゃないのか?

だったら誰にも「人は変われない」なんて
言える資格はないんじゃないのか?

という反論も出てきそうですよね。

・・・まったくその通りだと思いますよ。

もちろん、あなた自身のことも含めてね。


         全ての物語のために

カフェや自分の部屋でもスマホですぐ見れます♪
凪のお暇.JPG
凪のお暇。は無料で視聴できます
詳しくは
▼ ▽ ▼
クリック!

「凪のお暇」の無料視聴はこちら>>

リンクをクリックするとすぐに視聴できます。

Paravi(パラビ)は30日間無料で見放題です♪
最新ドラマを配信で観たい方には、独占見放題が多く
かなりメリットが多いのでぜひ利用してみてください。


▼▽原作マンガはコチラ▽▼
原作マンガ『凪のお暇』はこちらで無料試し読みできます>>
「凪のお暇」で検索するとすぐに読めます♪

























posted by ストーリーセラピスト at 08:00| Comment(0) | ストーリーセラピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。