お知らせ 2019年10月1日からこのブログ
「あなたの幸せ力を引き出すストーリーセラピー【ストセラ】」は
https://storytherapy.net/
へ移行します。

こちらのseesaa版は、これまでの記事のアーカイブとして残します。
今後とも、よろしくお願いいたします。

2019年08月30日

ドラマ「べしゃり暮らし #5」コイツだ!憂鬱さの犯人の首根っこを捕らえました

べしゃり暮らし.JPG
べしゃり暮らし の原作が無料試し読みできます
詳しくは
▼ ▽ ▼
クリック!

「べしゃり暮らし」の無料試し読みはこちら>>

「べしゃり暮らし」で検索するとすぐに読めます。



今でもふと辛くなります。

自分だけが取り残されている感・・・

自分だけが世間とズレている感・・・

そういうものに襲われる。

いいや、自覚はずっとしているので
取り残されているのも
ズレているのも分かっていることですが、
普段は何ともないそんなことが
急に不安や恐怖や苦しさの材料になる。

やっぱり、天候のせいかな。
ここのところずっと晴れ間をみていません。

「天気の子」がしゃれにならなくなって来ました。

あと運動不足と睡眠不足に
食べ過ぎもあるな(笑)

気分の不調は体の不調から。

ちょっと考えてみると
結構贅沢な暮らしして体がマッチしてない。

まあ、体から整えます。

でも、自分が取り残されているように感じる。
これは本当にしんどい感覚ですよね。

それはよくわかりますよ。



ドラマ「べしゃり暮らし」
第5話


を観ました。

デジタルきんぎょの
金本(駿河太郎)と藤川(尾上寛之)。

圭右(間宮祥太朗)たちの
お笑いに対するまっすぐな姿勢に、
自分たちの原点を思い出しました。

険悪だったコンビ仲も回復しはじめ、
漫才日本一を決めるコンテスト、
NMC(ニッポン漫才クラシック)では
見事に準決勝への進出を決めます。

金本が圭右の天然の面白さを
認める中、
圭右のエセ関西弁のせいで
面白さが半減していると
藤川が辻本(渡辺大知)に指摘しました。

しかし圭右の純粋さを知る辻本は、
関西弁のダメ出しが
圭右の人生を否定するように思え、
言い出せずに悩んでしまいます。

そんなこととは露知らず、
NMC準決勝をどうしても見ようと
会場に足を運んだ圭右は、
藤川の息子と妻・尚美(黒坂真美)に出会います。

べしゃり暮らし の原作が無料試し読みできます
詳しくは
▼ ▽ ▼
クリック!

「べしゃり暮らし」の無料試し読みはこちら>>

「べしゃり暮らし」で検索するとすぐに読めます。


あらすじを書くと
ちゃんと、圭右と辻本の話になりますね・・・

今回の話は、印象としては
デジタル金魚の金本と藤川のお話でした。

たぶん、見た人は
そういう印象を持つ人が多いと思います。

2人は昔からケンカしたり
よく本気でぶつかっていたんですね。

でも、人間ですから
やっぱり相手に気を使うし
どうしても比べてしまったりもします。

回想のシーンで出てきますが、
藤川は金本がピンで売れ始めた頃、
自分のことのように応援していたのは事実ですが、
そんなときに気を使われて
傷ついてもいました。

金本は高いマンションに引っ越したのに
自分は家族を含めて安マンション暮らし・・・

自分だけ遅れている・・・
惨めさみたいなものも
感じていたのかもしれません。

これはしんどいですよね。

10代、20代のころからの友人たちは
どんどん仕事を頑張って
立派に生きています。

職場でも後輩たちはどんどん成長して
役職も何人もの後輩に
追い抜かれていきました。

・・・なんて、一応語ってみせていますが
本当はわたしはそういうことに興味がない。

でも周囲、特に家族のことを考えるとき
気になっちゃう視点が
自然と生まれるんですよね。

実際に家族がどう思っているかは別として
もうちょっとちゃんとしなきゃ
いけないんじゃないかな・・・

みたいなもう1人の自分が
首をもたげてくる。

しんどさって本当はコイツなんですよね。

自分を責めるもう1人の自分。

これが変な責任感だったりします。

わたしは今、コイツとどうつき合っていくのか?
考えています。

いや、ずっと考えてきました。

コイツとのつきあい方。

たぶんみんなここで苦労しています。
コイツだって突き止められていない人、
自覚できていない人も大勢いる。

わたしもコイツだと認識できるまでに
かなりの時間を要しました。

まずは体調を整えて
コイツとの向き合い方、つきあい方を考える。

今は、いやいつも、そんな気分で
生きています。

たぶん誰にとっても大きな大きな
人生の課題でしょうから。


           全ての物語のために

べしゃり暮らし.JPG
べしゃり暮らし の原作が無料試し読みできます
詳しくは
▼ ▽ ▼
クリック!

「べしゃり暮らし」の無料試し読みはこちら>>

「べしゃり暮らし」で検索するとすぐに読めます。























posted by ストーリーセラピスト at 08:00| Comment(0) | ストーリーセラピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。