お知らせ 2019年10月1日からこのブログ
「あなたの幸せ力を引き出すストーリーセラピー【ストセラ】」は
https://storytherapy.net/
へ移行します。

こちらのseesaa版は、これまでの記事のアーカイブとして残します。
今後とも、よろしくお願いいたします。

2019年08月07日

ドラマ「べしゃり暮らし #2」大好きだけどサヨウナラ

べしゃり暮らし.JPG
べしゃり暮らし の原作が無料試し読みできます
詳しくは
▼ ▽ ▼
クリック!

「べしゃり暮らし」の無料試し読みはこちら>>

「べしゃり暮らし」で検索するとすぐに読めます。



コイバナをします。

恋の話しをしようと思うのです。

恋?

最近とんとしてませんね。

一目惚れならちょっと前までは
毎日何回もしていたんですけどね。

今、他に夢中になることがあって
街を歩いていても女性に目がいってない!!

ダメよ!俺!

そんなんじゃあ、感性も鈍るよ!

いや、もちろん妻は愛してますよ。
浮気をするつもりもありませんよ。
不倫だってしませんよ、もちろん。

でもね、
デザイナーをやっている友人
アーティストは常に恋してなきゃ…
なんて名言を吐いちゃいましたが、

モノカキだってそういう感覚、大事ですよ。
トキメキ大事なの。

そんなことを考えていたら
むかしむかし、大好きだったのにお別れした
大失恋を思い出しました。

好きなのになんで別れなきゃならないの?

でも、好きだから別れなきゃ
お互いのためにならない…

なんて、思っちゃう事ってあるんですよ。

青いんですよね〜

はぁ…青春っていいな〜

トキメイているひとはいくつになっても
生き生きしてますよね。



ドラマ「べしゃり暮らし」
第2話


を観ました。

文化祭でアドリブ漫才を大成功させた
圭右(間宮祥太朗)と辻本(渡辺大知)。

コンビ名、きそばAT。

辻本は活動を続けるものだとばかり思っていました。

しかし圭右は、お笑い嫌いの父・潔(寺島進)への
気兼ねもあるのか消極的です。

そんな相方をやる気にさせたい辻本は、
先輩芸人の金本(駿河太郎)と藤川(尾上寛之)、
プロの人気漫才コンビ・デジタルきんぎょに
合わようと考えます。

なんとか圭右を説得して
ライブ会場へ連れ出したは良いものの・・・

プロの芸人を前にお調子者の圭右は、
緊張するどころか調子に乗って
空気を読めずはしゃいでばかり。

さらに無謀にもルーズリーフに殴り書きした
自分のネタを金本に読んで欲しいと言い出します。

一方、元相方の辻本を追いかけ、
上京していた静代(小芝風花)も、
デジタルきんぎょのライブ会場に乗り込んできます。

何も告げずに一方的にコンビを解消されて
納得がいかない静代。

まだまだ2人はこれからだ!
という熱い思いを辻本にぶつけ、
急遽、辻本と静代のコンビ・SHIZU-JUNが
舞台を借りて漫才をすることになります。

べしゃり暮らし の原作が無料試し読みできます
詳しくは
▼ ▽ ▼
クリック!

「べしゃり暮らし」の無料試し読みはこちら>>

「べしゃり暮らし」で検索するとすぐに読めます。


圭右の在りようが…

痛々しい〜〜〜〜〜〜〜〜!!

テレビ局の大人たちに対する態度、
そして極めつけは
デジタルきんぎょの金本に対する態度…

あまりにも場も立場もわきまえず
見ていて本当に痛々しかったですね(笑)

本当のところはどうなんでしょうね。

父親との関係を見ていると
本当はバカじゃないんだろうな…

と思いたいです。

後半、金本に対してもちゃんと
敬語を使えていたので
最初の勢いは彼なりに気合いを入れた
カタチの表れだったのかもしれません。

また、少年時代は父のそば屋は
有名な芸人たちのたまり場でしたから
芸人慣れしている部分もあったでしょう。

ま〜〜〜!とにかく!

物語のクライマックスは
辻本と静代の漫才だったと思いますが
わたし個人の感情的なクライマックスは
圭右の金本への態度でした。

マジでありえない
思い出しても疲れます…オエェッ!!(笑)

辻本の心中を察して余りあるシーンでした。

そして物語としては…

辻本、静代、そして圭右。

3人の思いが衝突します。


うん!だからイイですね!!


漫画と比べてどうなんでしょう?
わたしは未読ですが、
漫画よりテンポ速かったりしないかな?

それとも丁寧に描かれているのでしょうか?

漫画も気になります。

森田まさのりさんの画が大好きなもので!



さて、静代役の小芝風花さん。

いいですね〜♪
とても可愛かったです。

最後、彼女を親友の女の子が
抱きしめてよしよししますが
「代わりたい!」って思いました(笑)

「トクサツガガガ」で一発でファンになりました。

そのくせ、先週の第1話で
金髪ショートボブ(?)の静代が出てきた時…

なんとわたしは

「この子…なんか見覚えあるな…」

なんて、初め誰だかわかりませんでした!!

そんなんでファンだなんて言っていいのか???

って感じですが、いいわけさせてもらうと…
『トクサツガガガ』とは
あまりにも雰囲気が違うのです。

やり手のOLから、高校生に転身
お見事!!

イヤイヤイヤ、誰かわからんほどじゃないでしょう!?

なんて、つっこまないで
うやむやにさせてください。

さあ、あんな子が隣で漫才をしていたら
どうですか?

男子諸君

好きになっちゃいますよね?

しかもその子にずっと隣にいたいって
言われたらどうですか?

好きな人とずっと一緒に漫才やっていたい
って言われたら??

たまりませんよね。

それでも、好きだから別れなきゃダメなの?

切ないですね…

夫婦漫才もステキだけどね。


恋をしたい人、変なTシャツが気になる人
yomei.jpg

▽▼ まちゅ屋 ▼▽
https://suzuri.jp/machu_ya
パーカーとかマグカップとか
スマホケースとか色々あるよ♪


             全ての物語のために
























posted by ストーリーセラピスト at 08:00| Comment(0) | ストーリーセラピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。