お知らせ 2019年10月1日からこのブログ
「あなたの幸せ力を引き出すストーリーセラピー【ストセラ】」は
https://storytherapy.net/
へ移行します。

こちらのseesaa版は、これまでの記事のアーカイブとして残します。
今後とも、よろしくお願いいたします。

2019年08月05日

ドラマ「陽はまた昇る #2」謙虚は強さ、卑下は弱さ

カフェや自分の部屋でもスマホですぐ見れます♪
陽はまた昇る.JPG
陽はまた昇る は無料で視聴できます
詳しくは
▼ ▽ ▼
クリック!

「陽はまた昇る」の無料視聴はこちら>>

リンクをクリックするとすぐに視聴できます。

U-NEXTだと31日間無料で見放題です♪
かなりお得なのでぜひ利用してみてください。

------------------------------------------------------------------------
本ページの情報は2019年7月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXT
サイトにてご確認ください。
------------------------------------------------------------------------



わたしの母方の祖父は刑務官でした。

刑務所で囚人たちを観ていたんですね。
もの凄〜く優しくて穏やか。

でも、きっと怒ったら怖いんだろうな・・・

子どもながらに本能ではわかっていた気がします。

それなのにそんな怖さは
いっさい感じさせずに
孫が大好きな祖父でした。

亡くなったのはわたしが
小学4年生のころ。

まだ60代ですから、少し早いと思います。

夏祭りに出かけると
出店をしているテキ屋のお兄さんやおじさんが
すごく怖そうに見えるのに
みんな祖父に「おやっさん」と言って
慕っている感じでした。

あの祖父の在り方は
わたしの目指す人間像です。



ドラマ「陽はまた昇る」
第2話


を見ました。

入校式を無事終え、
遠野一行(佐藤浩市)はいよいよ
警察学校教官として
本格的なスタートを切ります。

髪も短く切りそろえ
スーツではなく制服を着ています。

そして遠野が受け持つクラス
=遠野教場
の訓練生たちも
正式に巡査として採用。

宮田英二(三浦春馬)をはじめとした
若い訓練生たちの
過酷な訓練の日々が幕を開けます。

ところが、まだまだ20歳そこそこの
学生気分が抜けない宮田たち。

外出禁止のルールを破り
数人でラーメンを食べに脱走。

入った店に遠野がいて・・・

さらに宮田はその処分が決まらないうちから
恋人に妊娠したと告げられて

男として避けられない責任と
警察官になるための覚悟との間で
葛藤するのでした・・・

そんな若者たちに
元捜査一課の刑事、現教育者である
遠野はどう接していくのか!?

陽はまた昇る は無料で視聴できます
詳しくは
▼ ▽ ▼
クリック!

「陽はまた昇る」の無料視聴はこちら>>

リンクをクリックするとすぐに視聴できます。

U-NEXTだと31日間無料で見放題です♪
かなりお得なのでぜひ利用してみてください。

------------------------------------------------------------------------
本ページの情報は2019年7月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXT
サイトにてご確認ください。
------------------------------------------------------------------------


よくできていますね。

かなり面白いです。
脚本は井上由美子さん。

実力派ヒットメーカーですね。

わたしの中では今でも

「GOOD LUCK!!」

が最高傑作です。

今回のお話では本格的に始まる
授業として職務質問が取り上げられます。

一般の市民に警官たちが歩み寄り
「ちょっとお話をお聞きしていいですか?」
というアレです。

その職務質問の授業と
宮田たちの問題行動の絡ませ方が
絶妙でした。

面白いな〜!

と唸りながら観てしまいました。


さて、職務質問です。

わたしもクレーム対応をしながら
「なんでそんなに偉そうなんだ!」
と怒られることがあります。

まだまだですね。

警察官による市民への質問なんて
まさにそういう眼で観られますよね。

一般市民としてカジュアル服のおっちゃんが
「すみません」
と声をかけてきたら
「ああ、道でも尋ねられるのかな」
みたいな身構え方になりますが

同じ人が警察官の制服を着ているだけで
全く同じ物腰でも
「偉そうにきかれた!」
という無意識のイメージがわきます。

わたしは高校生のころに
友人たちと自転車でたむろしていたら
おじさんの警察官が近づいてきて
職務質問を受けたことがあります。

全く偉ぶることなく、
少し会話をしただけで去っていきました。

万引きだったかひったくりだったか
ちょっと危ない感じの人が
逃げているとかで気をつけてね。

とは言ってくれました。

はじめ近づいてこられたときは
わたしたちも楽しくダベっていたので
笑顔ではあったと思うんですが
内心、疑われているのかな?

みたいな警戒心は多分みんな持っていました。

お巡りさんもそれは察したのか

「目を見ればわかるよ。
君たちが真面目な子たちだってのは」

みたいなことも言っていました。

わたしは内心ドキドキしていました。
完全無欠の無実。
ただの真面目高校生の集まりなのに
警察官が職務質問する・・・
というだけでこんなに警戒するものなのか・・・

ということを肌で感じた瞬間でした。

と、同時に一緒にいた友人たちと
相手のお巡りさんとの間の
良い空気にも感動を覚えていました。

わたしがもし一人だったら
何もしていなくても怪しまれるくらい
おどおどしていたかもしれません。

自分を卑下しているところがあるんですね。

でも友人たちはさわやか朗らかな
無邪気で真面目、協力的な高校生でした。

自然体。卑下なんてない。

そしてお巡りさんです。

思春期真っ盛りのガキの集団相手に
あんなにストレートに目的も果たしつつ
威圧感を感じさせなかった謙虚さ。

でも、いざというときには頼りになる
そういう芯みたいなものも感じました。

そう、わたしの卑下とお巡りさんの謙虚さ。

自分の中では上手く見分けがつかないけれど
わたしにとっては目指すべき大人の在り方。

そして友人たちの自然体、
朗らかさもわたしにとっての
在りたい姿でいまでも時々思い出す

とても印象的な思い出です。

今回、佐藤浩市さん演じる遠野が
宮田たちに教えることがまさに
そういう謙虚さでした。

大人になればなるほど、
それがどれだけ難しいことか
よくわかります。


          全ての物語のために

カフェや自分の部屋でもスマホですぐ見れます♪
陽はまた昇る.JPG
陽はまた昇る は無料で視聴できます
詳しくは
▼ ▽ ▼
クリック!

「陽はまた昇る」の無料視聴はこちら>>

リンクをクリックするとすぐに視聴できます。

U-NEXTだと31日間無料で見放題です♪
かなりお得なのでぜひ利用してみてください。

------------------------------------------------------------------------
本ページの情報は2019年7月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXT
サイトにてご確認ください。
------------------------------------------------------------------------























posted by ストーリーセラピスト at 08:00| Comment(0) | ストーリーセラピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。