お知らせ 2019年10月1日からこのブログ
「あなたの幸せ力を引き出すストーリーセラピー【ストセラ】」は
https://storytherapy.net/
へ移行します。

こちらのseesaa版は、これまでの記事のアーカイブとして残します。
今後とも、よろしくお願いいたします。

2019年07月03日

アニメ『鬼滅の刃 #13 命よりも大切なもの』罪を憎んで人を憎まず、その境界線の見本

カフェや自分の部屋でもスマホですぐ見れます♪

鬼滅の刃は無料で視聴できます
詳しくは
▼ ▽ ▼
「鬼滅の刃」の無料視聴はこちら

リンクをクリックするとすぐに視聴できます。

U-NEXTだと31日間無料で見放題です♪
かなりお得なのでぜひ利用してみてください。
------------------------------------------------------------------------
本ページの情報は2019年6月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXT
サイトにてご確認ください。
------------------------------------------------------------------------




いろいろなものごとに境界線をしいて
きちんと整理して
自分の中で決着をつけていく。

それって、苦しみや悲しみに
襲われながらも乗り越えて
前に進んでいくために
とても大切なことですよね。

ところがその境界線に
無意識でいるために
人を傷つけて、自分をも傷つけている人が
たくさんいます。

それはとてももどかしいです。

とはいえ、簡単なことではないんですよね。

「そんなに簡単に割り切れない」
「自分はそんなに強くはない」

なんて言われたりもします。

でも、強くてできているわけでもないし
簡単に割り切れているわけでもないんですよね。

まずは頭の中で整理できていること。

その上で、葛藤しながらもがきながら
深呼吸をしながら理性を取り戻し
しっかりと感情にも向き合っていく。

脊髄反射的に感情に流されないように
自分を戒めているだけなんです。

罪を憎んで人を憎まず・・・

難しい境界線をとてもわかりやすく
示してくれているお話に出会いました。



思えばもう13話。
で、やっと仲間らしい2人が出そろった感じ。
じっくりと下固めをしているアニメですね。
そう考えると、今後の展開が非常に楽しみです。

アニメ『鬼滅の刃』
第13話「命よりも大切なもの」


を観ました。

屋敷の主・響凱が鼓を打つたびに回転する部屋に、
苦戦を強いられる炭治郎。

前の戦いで骨折している炭治郎は
弱気になる自身を一生懸命に鼓舞します。

それでも響凱が使う血鬼術による攻撃に
圧倒されてしまう炭治郎。

響凱のほうも炭治郎のしつこさに
ジレてきてさらに鼓を激しくたたきます。

炭治郎の粘りにあてられたら響凱は
鬼になる直前のことを思い出します。

そのせいか、炭治郎が飛ばされた部屋には
昔、響凱が書いた書き物の原稿が
散らばっていました。

回転する部屋の中でも
原稿を踏まないように気を使って
着地する炭治郎。

その着地で傷が痛まない身のこなしの
コツを掴む炭治郎。

そして原稿を踏まなかった炭治郎を
見ていた響凱は・・・

鬼滅の刃は無料で視聴できます
詳しくは
▼ ▽ ▼
「鬼滅の刃」の無料視聴はこちら

リンクをクリックするとすぐに視聴できます。

U-NEXTだと31日間無料で見放題です♪
かなりお得なのでぜひ利用してみてください。
------------------------------------------------------------------------
本ページの情報は2019年6月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXT
サイトにてご確認ください。
------------------------------------------------------------------------



響凱との戦い見応えありましたね〜!

実はこの戦いのクライマックスは
CMに入るまでの前半でじっくり見せて
しっかり終わらせます。

その後、後半へのクリフハンガーと
後半の展開もまたまた見所なんですけどね!

ストーリー構成の人?
なかなか意地悪ですね〜!!

でも、前半後半それぞれに
ちゃんと内容が詰まってるから
凄いんだよな〜。

脚本家さんの仕事ぶりも凄いですよね。

特に今回のお話の前半は
冒険アクションものを観てるぞ!
っていう充実感がかなりある・・・

そんな展開と演出でした。


さて、その前半戦。

響凱との戦い。

響凱は物書き・・・おそらく小説家だったのでしょう。

小説家の弟子かな?

そんな彼が師匠のような人に
叱責されて罵倒されて・・・

存在そのものを否定されるような
ひどい言われ方をしています。

現代社会なら間違いなく
ブラックで師匠の方が社会から
抹消されかねない・・・

いや響凱さん、鬼になって
殺しちゃいましたけどね。
そりゃあダメです。

だから、炭治郎は響凱を許さない。

でも、許さないということは
認めないということではないんですよね。

それとこれとは別。

罪を憎んで人を憎まず。
響凱は鬼になって人を何人も殺しています。

人ではありません、
だから鬼殺の剣士に殺される。

でも炭治郎は響凱の血鬼術を認めました。

戦いながらも響凱に語りかけて
そのことを伝えます。

そして床に散らばった原稿は
ちゃんとよけて着地しました。

激しい戦いの中でですよ。

響凱の人間の部分が今でも大切にしているもの。
踏みにじられてもやっぱり大切にしてきたもの。

それを炭治郎は踏みつけにしない。

響凱は過去の師匠への恨みを
「虫けらども〜!!」
と叫びながら炭治郎に向けていました。

罪も人も関係ない人も全部憎んでいました。

自分の人生も憎んだのでしょう。

そこが炭治郎と響凱の違いです。

非常によくできた対比でした。

罪を憎んで人を憎まず。

その在り方は響凱の人の心の部分を
ちゃんと救うことができたようです。

わたしたちはつらいことをされると
仕返しをしたくなります。

倍返しだ!

って(笑)

でも、罪そのものは許せません。
そこまで許せと言うのは酷です。

お釈迦様やイエス様は言うのかもしれませんが、
わたしはちょっと言えない。

でもわたしもいっぱい罪は犯しています。
犯したくない罪を。

傷つけたくない人を傷つけてもきました。

やっぱり罪は罪、許されないけど、
人そのものを否定するものではない。

人は余裕がないと人に当たってしまいます。

どうしてもイライラしてしまうときもある。

思春期の子たちなんてもう!

わたしの息子もいちいち
酷いことをしてきますが
脊髄反射で反撃していても
始まりません。

(どこかで爆発するかもしれませんが・笑)

でも、可愛い息子であることには
いっぺんの曇りもありませんからね。

今こそ、罪を憎んで人を憎まずです。

この子がまだ素直な時期に
何度も教えてきましたからね。

わたしもお手本を見せたいですしね。


            全ての物語のために

カフェや自分の部屋でもスマホですぐ見れます♪

鬼滅の刃は無料で視聴できます
詳しくは
▼ ▽ ▼
「鬼滅の刃」の無料視聴はこちら

リンクをクリックするとすぐに視聴できます。

U-NEXTだと31日間無料で見放題です♪
かなりお得なのでぜひ利用してみてください。
------------------------------------------------------------------------
本ページの情報は2019年6月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXT
サイトにてご確認ください。
------------------------------------------------------------------------













posted by ストーリーセラピスト at 08:00| Comment(0) | ストーリーセラピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。