お知らせ 2019年10月1日からこのブログ
「あなたの幸せ力を引き出すストーリーセラピー【ストセラ】」は
https://storytherapy.net/
へ移行します。

こちらのseesaa版は、これまでの記事のアーカイブとして残します。
今後とも、よろしくお願いいたします。

2019年06月13日

「ジャスティス・リーグ」存在そのものを愛すのが家族

カフェや自分の部屋でもスマホですぐ見れます♪

ジャスティス・リーグ は無料で視聴できます
詳しくは
▼ ▽ ▼
クリック!

「ジャスティス・リーグ」の無料視聴はこちら

リンクをクリックするとすぐに視聴できます。

U-NEXTだと31日間無料で見放題です♪
かなりお得なのでぜひ利用してみてください。
------------------------------------------------------------------------
本ページの情報は2019年6月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXT
サイトにてご確認ください。
------------------------------------------------------------------------



条件を付けて愛するという愛はありません。
それは愛じゃないから。

家族というのは無条件で愛し合う
最小単位です。

家族を持っていなくても、一人でも、
愛を持っている人はいます。

その人は家族を持ったら間違いなく
家族を愛する事ができるでしょう。

でも、家族を愛せない人が・・・
とくに自ら家族を作ろうとした夫婦どちらでも
家族を愛せないなら・・・
無条件で愛せないなら、他の誰も愛せない。

依存や恋はできもそれは愛と呼ばれた要求であって
本当の愛ではない。

そのことを知っているかいないかで
自分の周りにある幸せの根本にまで
気づけるかは決まってくる。

いま、数日前まで40代の引きこもりと
その親世代についてのことが
頻繁にワイドショーで取り上げられていました。

まさに時代のうねりにすりつぶされるかのように
他者を傷つけたり自ら命を絶ったり・・・

時代に夫婦間の問題もそうですね。

これらの問題が起こるのは
やっぱり無知が原因です。

幸せを感じるためには大切な土台ですから
そこは無知では済まされないところです。



マーベルシネマティックユニバースの成功は
ハリウッド映画界に大きな影響を与えたようですね。
マーベルコミックスよりも老舗のDCコミックスも
ユニバース化に挑戦していました。

「ジャスティス・リーグ」

を観ました。

バットマンことブルース・ウェイン(ベン・アフレック)は、
自らの命を犠牲にして世界を救った
スーパーマンの行動により信頼することを
重要性を感じるようになっているようです。

その時の戦い・・・ドゥームス・デイとの戦いで、
出会ったアマゾン族の王女、
ダイアナ・プリンス(ガル・ガドット)の手を借りて
特殊能力を持つ他の超人たちを集め始めます。

海底王国アトランティス、アマゾン族の秘境、
そして人間の世界に分かれて存在する
マザーボックスを手に入れようとする
ステッペンウルフの驚異から
地球を救うために・・・

ジャスティス・リーグ は無料で視聴できます
詳しくは
▼ ▽ ▼
クリック!

「ジャスティス・リーグ」の無料視聴はこちら

リンクをクリックするとすぐに視聴できます。

U-NEXTだと31日間無料で見放題です♪
かなりお得なのでぜひ利用してみてください。
------------------------------------------------------------------------
本ページの情報は2019年6月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXT
サイトにてご確認ください。
------------------------------------------------------------------------


MCUほどの成功はまだどこも果たせていません。

『ジャスティス・リーグ』はDCコミックス版の
アベンジャーズですね。

いろいろなヒーローが一つの映画で競演する。

わたしはこのシリーズの1作目
スーパーマンの最新リブート作品でもある
『マン・オブ・スティール』が結構好きなんです。

大好きとまで言えないのは、
作品全体を観たときに退屈な部分もあるから・・・
それは戦闘シーンです。

特にラストの・・・

そこが好きだという人もいるので
これはわたしの個人的な好みなのでしょう。

じゃあ、結構好きと言えるのはどの部分か?

それは家族の愛をしっかりとしたドラマで
スーパーマンことクラーク・ケントの
精神的主柱として描いてくれたから。

その上でのロイスとの愛が描かれているから。

ケヴィン・コスナー演じるの父親と
ダイアン・レインの母親約が
素晴らしい説得力をもって家族のドラマを
観客の心に根付かせてくれます。

その部分だけで言えばわたしは結構どころか
もう大好きなんですね。

『バットマンVSスーパーマン』のときも
そして今回の『ジャスティス・リーグ』でも
その部分が物語の質をしっかりと
下支えしてくれていました。

クラークの母とロイス。

これがなければ主柱なしの作品になります。
それがしっかりとあって、さらに
この作品の最大の救いであるスーパーマンを
さらに支える存在としてしっかり機能していました。

それが下地としてしっかり生きているからこそ
新しく登場したヒーローたち・・・

特にフラッシュとサイボーグの
父子のドラマが本の数シーンずつでも
説得力を持って観客の心に響くのだと思います。

『ジャスティス・リーグ』
興奮度は『アベンジャーズ』のように
「待ってました!」

みたいな感覚にはなりません。

そこは比べるのが可愛そうと言われそうなほど
やっぱり映画のユニバース化の先駆けであり
今のところ唯一成功しているMCUが
本当に奇跡の成功を納めていますからね。

あれと比べちゃダメ。

でも、一つのヒーローアクション映画として
ちゃんと楽しめたしわくわくもしました。

それはやっぱりあの愛の物語、
スーパーマンやフラッシュやサイボーグの
親子関係のドラマがあったからです。

ロシアで救われる一般人も
一家として描かれていましたね。

そんな人々を助けるヒーローは
家族愛の象徴でもあると思います。

わたしたちは隣人を家族のように愛するのは
もちろん難しいです。

でも難しいイコール無理ではないし
無理ではないということは無駄ではない。

完璧ではなくても愛する。

その愛という感覚の一番のモデルが家族という単位。

その家族間で相手を無条件に愛せないなら
親をやっていること自体の資格があるのか?

考えた方がいいし、資格がないとわかったら
それを認めて、同時に既に親をやっていることも
認めて無条件で愛せる自分を作る努力が必要。

・・・ですよね?

結婚して家族になると誓ったのだから。


              全ての物語のために

カフェや自分の部屋でもスマホですぐ見れます♪

ジャスティス・リーグ は無料で視聴できます
詳しくは
▼ ▽ ▼
クリック!

「ジャスティス・リーグ」の無料視聴はこちら

リンクをクリックするとすぐに視聴できます。

U-NEXTだと31日間無料で見放題です♪
かなりお得なのでぜひ利用してみてください。
------------------------------------------------------------------------
本ページの情報は2019年6月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXT
サイトにてご確認ください。
------------------------------------------------------------------------









posted by ストーリーセラピスト at 08:00| Comment(0) | ストーリーセラピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。