お知らせ 2019年10月1日からこのブログ
「あなたの幸せ力を引き出すストーリーセラピー【ストセラ】」は
https://storytherapy.net/
へ移行します。

こちらのseesaa版は、これまでの記事のアーカイブとして残します。
今後とも、よろしくお願いいたします。

2019年06月12日

ドラマ「ラジエーションハウス〜放射線科の診断レポート〜 #10」ウツは心の病だけど身体を整えると治る

カフェや自分の部屋でもスマホですぐ見れます♪
ラジエーションハウス.JPG
ラジエーションハウスは無料で視聴できます
詳しくは
▼ ▽ ▼
クリック!

「ラジエーションハウス」の無料視聴はこちら

リンクをクリックするとすぐに視聴できます。

FODでは1ヵ月間無料キャンペーン中♪独占配信もあり、
月9大好きな人にはかなりお得なのでぜひ利用してみてください。



鬱病だったり、病にまではならなくても
深刻な鬱(ウツ)状態

…先日も書いたようにわたしがそう診断されましたが…

というのは周囲からは甘えていたり
やる気がないように見えたりします。

心の状態…

結局、甘いんだよとか…
結局、弱いんだよとか…

いいますが、どうでしょうねぇ。

ある側面から言えば確かにそう言えなくもない。
でも、マジメで我慢強いからこそ
そうなってしまうというのもあります。

だから、とうにんはかなりしんどい。

かなりしんどくなるとどうなるか?

これは人それぞれですがわたしの場合は
自分が自分じゃなくなる感じでした。

普段なら楽しいはずのことが楽しいと思えない。

飽きたとかじゃなくて感覚が振れない。

これ結構ゾッとする感覚でした。
それでもこのブログかけていたのすごいです。

感覚がおかしいのは分かりながらも
でも好きなものの中でも
物語を楽しむというのは特別なんだな…と
自分のことを改めて理解できました。

それでもかなり感動器官は減退していたので
明らかに自分が自分じゃないという
気持ちの悪さ…違和感バリバリだったんですけどね。

最終的には街に出るとか会社に足を向けると
動悸がおかしくなったり頭痛がひどくなったり
涙が出たり…

自分でもおやおや?なんだ?どういうことだ?

みたいな感じです。

休みをもらってからは、医者の勧めもあって
ある程度知識のある心理学的なこととは違う
身体的な面からのアプローチを勉強しました。

そういたらすぐに分かりました。

考えてみれば当たり前ですが
以前からわたしも言っているように
感情を作るのは思考です。

メンタル的な話をすれば思考を作るのは精神…
だけどもっと現実的に科学的に言えば

考えるのは頭…脳です。
脳が全身への様々な指令を出す。

だから脳にいい健康状態を整える…

という身体アプローチをやっていったんですね。



次のシーズンの月9も“白衣モノ”ですね…
漫画が原作という点も同じ。
演出家さん初めスタッフ陣をみていても
一応チェックしときたい感じ!

ドラマ「ラジエーションハウス〜放射線科の診断レポート〜」
第10話


を観ました。

バス出勤中の唯織(窪田正孝)のもとに、
放射線科の世界的な権威でああり
恩師でもあるピレス教授からメッセージが届きます。

人工知能を使った読影補助ソフトを
開発することになったため
そのメンバーに唯織を迎えたいという打診です。

鏑木(浅野和之)は、麗洋医科大学病院教授の
辻村丈介(名高達男)から系列病院の
院長を任されたことを家族に伝えました。

妻の聡子(梅沢昌代)と娘の加奈子(丸川ゆい)に、
給料も倍になるから3人でハワイ旅行に行こう、
と嬉しそうに誘います。

そんな折、ラジエーションハウスに
杏(本田翼)の父親で、元院長の
正一(佐戸井けん太)が突然やってきました。

唯織と裕乃(広瀬アリス)意外の面々は
正一がうつ病だと知っています。

いつも以上に明るく彼を出迎える面々。

そのころ辻村(鈴木伸之)は、
嶋田茜(西原亜希)の1歳8ヵ月になる息子、光を
診察をしていました。

検査の結果、光は鎖骨を骨折しており…

また鏑木はそのころ、院長の渚(和久井映見)に
辞表を提出します。

院長室を出た鏑木が正一に気づき
挨拶をかわそうとする2人…

しかし正一はその場に倒れこんでしまいます…。

ラジエーションハウスは無料で視聴できます
詳しくは
▼ ▽ ▼
クリック!

「ラジエーションハウス」の無料視聴はこちら

リンクをクリックするとすぐに視聴できます。

FODでは1ヵ月間無料キャンペーン中♪独占配信もあり、
月9大好きな人にはかなりお得なのでぜひ利用してみてください。


残すところあと1話となりましたね。

毎週楽しみにしてきたドラマです。
唯織と杏ちゃんの幼き日の約束は
どうなるのでしょうか?

わたしは原作漫画を読んでいませんので
わかりませんが…

もし最終回で杏ちゃんが唯織のことを
思い出さなければ、間違いなくシーズン2を
想定されていると思っていいでしょう。

もう一つ、今回の最後の展開で
小野寺家にもひと波乱ありそうな予感を
残しつつ終わりましたね。
予告編には出てきませんでしたが
こちらも見どころか!?


さて、佐戸井けん太さん演じる正一さん。

杏ちゃんのお父さんで甘春病院のもと医院長さん。

彼はうつ病じゃないかも?

なんて事になってきました。

このお話の中でも心は写真に写らない…
なんて放射線科の面々が手の出しようがない
という雰囲気を醸し出していましたが、

心の問題も脳ですよ。
当然脳は身体の大事な器官ですから
身体の健康状態は脳の健康状態に
ダイレクトに直結しています。

身体を整えるというのは要するに
理にかなった当たり前のことをするということです。

夜は光を浴びずに寝る。

朝は光を浴びて起きる。

まずこれだけで天然の抗うつ剤と言われる
セロトニンが出ます。

わたしは幸い早寝早起きは数年前から
習慣化していました。

ここはクリア。

問題は次。

低血糖…これが脳にとって何より悪いそうです。

わたしはここ数年血糖値と血中コレステロール値が
低すぎて人間ドックで心配されていました。

「食べなさすぎ!」

朝昼は食パン1枚…しまも何もつけず…
そんなん数年やってたわけです。

そしてコーヒーも最近はブラックでした。

朝はちょっと贅沢してコンビニの菓子パン
という日が間にちょこちょこ挟まる…
みたいな。

人工知能研究科であり脳科学コメンテーターの
黒川伊保子さん…最近「妻のトリセツ」が快調ですね。

彼女に言わせれば最悪のパターンらしいです。

正直言ってわたしの場合これが一番の
原因だったんじゃないかと思っています。

そして適度な運動ですね。

わたしはこの3点を重点的に気をつけて
心を…じゃなくて体調を整えるようにしました。

身体がととのって能が正常機能するようになると
メラトニンやらセロトニンやらの分泌も
バランスが整ってきます。

リラックスと元気状態のバランスも整ってくる。

自然と心が快調になっていくんですね。
ストレスともちゃんと向き合えるようになる。

もしもあなたがうつ病とまではいっていなくても
うつ状態になっていたり、
さらにはそこまでもいっていなくても
なんとなくダルいとかやる気がでないんだよねぇ

なんて日が多ければ、心と向き合うのも
大切ですがまず身体の健康状態を整えて
脳が整ってから自分と向き合ってみる。

それまでは心のことはひとまずおいといて
身体を整えることに集中する。

それで、だいぶかわると思います。


            全ての物語のために

※わたしが実際に毎日の習慣に役立てた本を
紹介しておきますね。療養中強力なパートナーです。
↓ ↓ ↓

「ぐずぐず脳」をきっぱり治す! 人生を変える7日間プログラム













posted by ストーリーセラピスト at 08:00| Comment(0) | ストーリーセラピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。