お知らせ 2019年10月1日からこのブログ
「あなたの幸せ力を引き出すストーリーセラピー【ストセラ】」は
https://storytherapy.net/
へ移行します。

こちらのseesaa版は、これまでの記事のアーカイブとして残します。
今後とも、よろしくお願いいたします。

2019年06月10日

アニメ「ワンパンマン(第二期) #20 強い奴の抵抗」死にたい死んでもいいと思ったら

カフェや自分の部屋でもスマホですぐ見れます♪

ワンパンマンは無料で視聴できます
詳しくは
▼ ▽ ▼
クリック!

「ワンパンマン」の無料視聴はこちら

リンクをクリックするとすぐに視聴できます。

U-NEXTだと31日間無料で見放題です♪
かなりお得なのでぜひ利用してみてください。
------------------------------------------------------------------------
本ページの情報は2019年6月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。
------------------------------------------------------------------------



死を意識したことがあります。
わたしらくありませんが、
マイナスな意味で“死に触れた”感触がありました。

「このままでは本当に鬱病になってしまいますよ」
という診断を受けたことがあるんです。

「死にたい」とは思っていませんでした。
そんな風に思ってしまう自分にはなりたくなかったし
わたし自身がカウンセラーでもあります。

心理学の知識ももっている。

だから、自ら心療内科に足を運びました。

“死に触れた”感覚というのは
言葉にするとちょっとニュアンスが
狭められてしまいますが・・・

『ああ、わたしは今生きている必要ないんだな・・・
存在がいらないんだな・・・
消えても消えたことすら世界は気付かんな・・・』

みたいなことを言葉ではなく感覚で感じたんですね。

暗闇…というか光と影のコントラストがとても高い
高架下みたいなところにいて
光は遮られてほとんど入ってこない。

なんだかひんやりするなって思って
そこに手を伸ばして触れてみると
それはコンクリートの壁なんです。

冷たい「死」というコンクリートの壁。

ああ、このままこの壁に身をゆだねたら
死んじゃうんだな…

オレがこんなところに立つ日がくるなんて・・・

精神の状態をビジュアルイメージにすると
そんな感じ…。

でも真っ暗じゃないんですね。

そう思って見上げるとほんの少し
立ち位置をずらしただけで
高架とコンクリートのわずかな隙間に
真っ青な空が見える。

そのときはっきり

「あっちに行かなきゃ」

と思いました。

「死にたいなんて思っちゃう自分になりたくない」

…と。


実はホンの数ヶ月前のことです。

6年以上、毎日このブログを更新してます。

長く読んでくださっている人には
わかると思いますが、
明らかにわたしらしくないです。

いや、そこで
「死にたいなんて思う自分になりたくない」
と思えたのはわたしらしいと思ってもらえるかな?

でも、鬱病手前まで行っちゃうのは
自分でも驚きでした。

実際、周囲からはやる気がないとか
甘えているとか、サボりたがっている・・・

みたいに見えたりするかもしれませんが
こういう状態になると当人は
マジしんどいですよ。

そして、本当に一線を越えちゃう人もいる・・・

でもね、やっぱりそれはダメですよ。
そのきつさもわかります。

わかるけどダメ・・・いや、キツイとかも
わからなくなってダメだとかも思わなくなって
フワッと命を断つような精神状態になっちゃう。

「死にたい」じゃなくて
「このまま死んじゃった方が楽かな〜」
の延長で一線を越えてしまう。

だから恐いんですよね。



国内では3局しか放送してませんね。
その後、他局なりBSなりで放送してくれるかな・・・
U-NEXTで観放題で見てはいますが
コレはソフトとして持っておきたいですね。

アニメ「ワンパンマン (第二期)」
第20話「強い奴の抵抗」


を観ました。

スイリューとの戦いはもちろん圧勝でしたが
スーパーファイト決勝戦としては
チャランコになりすましていたサイタマの
反則負けということになりました。

サイタマはさっさと逃げます。

スイリューの優勝が決定し授賞式中、
怪人達が現れます。
牛耳っているのはなんと
スーパーファイト王者・ゴウケツでした。

怪人化したゴウケツの目的は
スーパーファイトに参加している武術家たちを
怪人協会に加入させることでした。

次々と怪人化してしまう武術家たちに、
スイリューはひとりで立ち向かっていきます。

スーパーファイトの外では
ヒーローたちが活躍していましたが、
各地のダメージは大きく、
全ては怪人協会の計画通りで…。

ワンパンマンは無料で視聴できます
詳しくは
▼ ▽ ▼
クリック!

「ワンパンマン」の無料視聴はこちら

リンクをクリックするとすぐに視聴できます。

U-NEXTだと31日間無料で見放題です♪
かなりお得なのでぜひ利用してみてください。
------------------------------------------------------------------------
本ページの情報は○○年○月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。
------------------------------------------------------------------------



正直に言いますと、全話までの数話と
実は今回のエピソードも
第1期に比べてクオリティが落ちているように感じ
残念に思っていました。

そこで、原作マンガを全巻読んでみました。
原作を読むと第1期の完成度が
原作の良さをアニメで伝えるとこうなる!
というところが徹底されていたんだなというのが
よくわかりました。

ただし、アニメの製作会社が変わり
監督も変わったとはいえ
シリーズ構成やその他のメインスタッフは
変わっていません。

また第2期最初の数話はそんなに
違和感無く観れていたので
もしやと思い改めて第2期の1話目(13話)から
今回の20話まで通して一気に観てみました。

・・・当たり!

通してみるとちゃんと面白い。
原作の細かい部分を間引かれた構成には
なっていますが、今期である程度
クライマックスと言えるところまで持って行くには
それも仕方のないことだとわかります。

第2期は最初にガロウがでてきて、
怪人教会も早めに登場して
第1期のように単話でスカッとできる話が
作りづらいんですよねきっと。

ずっと続いているから。

一点、演出だけはわたしは第1期の方が
好きでした。
第1期も今期同様に作画で力を入れる部分と
走でない部分を使い分けていました。

それが絶妙で全体のクオリティが
非常に高く見えていたんですね。

しかし今回はスーパーファイトが始まった辺りから
同じようにポイントごとに作画も力入っているのに
逆に力が入っていないところが目について
クオリティが下がったように見えてしまう。

ちょっと損するバランスになっちゃってるようです。

たぶんファンの人たちも感じてるんじゃないかな?

でも、全体を通して一気見したときに
ちゃんとバランスよく作られているのは
わかると思うので、放送が全て終わったら
今フラストレーションを感じている人も
ぜひ一気見をしてみて欲しいですね。

時間をつくって♪


さて、作品の批評が長くなってしまいました。

本題です。

スイリューくん。
やっぱり良いですね。

前回でサイタマの押し倉饅頭アタックで
人生初の負けを自覚したスイリューは
それでも授賞式では立ち直っていました。

まっいいか、今後彼と関わらなければいいんだ・・・と。

それがですよ・・・

もう、とんでもないことになる。

あんなの挫折でも何でもなかった。
今回は本当の意味でどん底まで
たたき落とされます。

心の底から恐怖を味わう。

ヒーローだというだけで、
自分が一撃で倒したスネッグたちさえも
頼りたくなる。

ヒーローという希望の光に
すがりつきたくなるんですね。

サイタマは怪人たちに攻め込まれる前に
大会側に捕まらないように逃げちゃったし・・・

「あ〜あ」って感じです。

まあでも、今回はその辺りがよくできてますよ。

全部このための前振り、溜めだったのかとね。

でも、実際スイリューはよく頑張りました
他の武術家たちが恐怖や力欲しさから
どんどん怪人化していく中で
彼は全く歯が立たない相手に
生身で向かっていきました。

※大丈夫!肝心なところをはネタバレしてません!※

(笑)ネタバレしていても見れば面白いですが
今回は一応ネタバレは避けておきますね。

2度目に一気見するときの方が
1度目よりも楽しめるくらいですから
内容は知っていてもいいんですけどね。

スイリューはどん底で・・・ダメだまったく歯が立たない、
殺される・・・と思ったときに
完全にノされて気を失っているスネッグたち
ヒーローの姿を見て悟ります。

本当の暗闇の中では例えどんなに微かでも
光があれば人はそこに希望を求めるんだと・・・

前回、スネッグたちの弱さを知って
ヒーローが一体何になるんだ
とバカにしていたスイリューがですよ。

頭でわかるんじゃなくて心のそこから
彼自身がその光に手を伸ばしたくなる。
求めてしまう。

それを実感したこと、気づいたことが素晴らしい
ですよね・・・このまま死ななければ・・・

なんつって、原作既刊の19巻まで
一気読みしちゃってて次回の展開も
わかってるんですけどね。

暗闇でホンのわずかでも光が見える

コレが見えなくなるとヤバいです。
死んじゃう人は見えなくなっちゃう。
だから苦しんですよ。

最初のカウンセリングのときに
わたしは「死にたいと思うか?」
という質問にハッキリ「No」を言えました。
即答出来ました。

そう思ってしまう自分になりたくないとハッキリと
思ったから先生に相談に行ったわけですから
そこは即答です。

もう一つ質問されました。

「漠然とでもいいです。根拠も無くていいです。
心の片隅にでも
『最終的にはなんとかなるだろう』
みたいな感覚って残っていますか?」

これを答えるには少し時間がかかりました。

質問を受けて初めて自分の心に
その質問をしてみたからです。

それがまさに暗闇で光を感じられるか
探してみるという経験でした。

「ああ」わたしは感じました。
「ありますね。最終的には大丈夫だろうみたいな
感覚が確かにあります」

この2つの質問に答える態度を見て
鬱病にはなっていない
・・・けどストレス性の疾患で
重度のうつ状態という診断の
決め手になったようです。

暗闇で光は見えた。

だから、もしそれを感じられない人は
あなたが死にたいと思っているわけではなくて
脳内物質の問題ですから自分を責めずに
ひとりで頑張らなくていいから
さっさと心療内科などへ相談行ってください!


          全ての物語のために

カフェや自分の部屋でもスマホですぐ見れます♪

ワンパンマンは無料で視聴できます
詳しくは
▼ ▽ ▼
クリック!

「ワンパンマン」の無料視聴はこちら

リンクをクリックするとすぐに視聴できます。

U-NEXTだと31日間無料で見放題です♪
かなりお得なのでぜひ利用してみてください。
------------------------------------------------------------------------
本ページの情報は2019年6月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。
------------------------------------------------------------------------










posted by ストーリーセラピスト at 08:00| Comment(0) | ストーリーセラピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。