お知らせ 2019年10月1日からこのブログ
「あなたの幸せ力を引き出すストーリーセラピー【ストセラ】」は
https://storytherapy.net/
へ移行します。

こちらのseesaa版は、これまでの記事のアーカイブとして残します。
今後とも、よろしくお願いいたします。

2019年05月24日

アニメ「どろろ #19 天邪鬼の巻」言葉の魔法で自分をよりよく理解できる

カフェや自分の部屋でもスマホですぐ見れます♪

どろろは無料で視聴できます
詳しくは
▼ ▽ ▼
クリック!

「どろろ」の無料視聴はこちら

リンク、または画像をクリックするとすぐに視聴できます。

Amazon Primedeでは30日間無料で見放題です♪
アマゾンでショッピングするならかなりおススメのプランです。



己を知る。

言葉が大げさですがアンパンマンの歌で
説明したらそうでもないことがわかるかな?

大仰ではないけれど、大切ではあります。

何が君の幸せ? 何をしてい喜ぶ?
答えられないなんて そんなのは嫌だ

自分が嬉しいと思えること
楽しいと思えることを知っているということ。

自分の幸せをよくわかっているということ。

それは大切なことですよね。

そのためにはわたしたちは自分のことを
客観的に観る必要があります。

自覚をするということです。

でも、この自分を客観的に観る
というのが難しい。

そりゃあそうですね。
どこまで行ってもわたしたちは主観の世界で
生きています。

ですから完全に客観的になるなんて
出来ることではありません。

それでも、出来るだけ客観的になる必要がある。

専門的にはメタ認知と言います。
物語の世界・・・芸能の世界でも世阿弥の
「花伝書」の時代から言われています。

ものすごく乱暴に簡略化するなら、
舞台の上で演じる自分を
観客の視点で観れているか?

ということですよね。

それだけ大事だということです。

だけれども難しい。
今回それをすこし簡単に出来る方法が
紹介されていました。



残すところあと5話。
クライマックスに近づいています。
今回は嵐の前の静けさかな?

アニメ「どろろ」
第十九話「天邪鬼の巻」


を観ました。

どろろと百鬼丸は折れた刀を直すため、
宗綱という刀鍛冶が住む村を訪れます。

旅の途中で
宗綱は大変腕のいい刀鍛冶だと
噂を聞いたのです。

いざ宗綱がすむ村の村人に聞いてみると
えらく悪い評判を聞かされました。

宗綱だけではなく娘のおこわも
器量が大層悪いのだとか・・・

実際に宗綱を訪ねたどろろと百鬼丸。

村人の評判ほど悪くは感じられません。

どろろの折れた刀を観た宗綱は
まず一緒に神社に行こうといいます。

しかし、神社にはもののけが住んでいて・・・
百鬼丸になにやら術をかけました。

刀が出来るまでの間、
村に泊まることになったどろろたち。

おこわがコレからも一緒にいたいというと
百鬼丸はいいよと言い、
あれよあれよと祝言の話が進んでいきます。

百鬼丸にもう必要ないと言われたどろろは・・・

どろろは無料で視聴できます
詳しくは
▼ ▽ ▼
クリック!

「どろろ」の無料視聴はこちら

リンクをクリックするとすぐに視聴できます。

Amazon Primedeでは30日間無料で見放題です♪
かなりお得なのでぜひ利用してみてください。


可愛い話でしたね。

もののけの名前が天邪鬼(あまのじゃく)
ですから想像つくと思います。

なぜ百鬼丸がどろろにひどいことを言ったのか・・・

わかりますよね?

今回取り上げたいのはこのお話の中で、
百鬼丸が使っていた表現です。

それが自分だったり自分を含む家族やチームを
客観的に観るのにとても良い言い方だったので
その話をしたいと思います。

おこわと百鬼丸が夫婦になるなんて話を聞いて
「はぁぁぁぁ!」と大騒ぎするどろろ。

どろろは百鬼丸とずっと一緒にいるのは
自分だと思っていたいのでとても寂しいのです。

ところがその気持ちを口に出そうとすると
おこわと百鬼丸の結婚に大賛成だという
祝いの言葉しか出てきません。

どろろも天邪鬼の術にかかっているんですね。

とても寂しそうなどろろ。
そんなどろろを観て百鬼丸がいいました。

「どろろが嬉しそう」

ややこしいですが、百鬼丸も術にかかってますから
本当は「どろろが寂しそう」とか
あるいは「悲しそう」と言いたかったのでしょう。

おもしろかったのは百鬼丸が
自分の気持ちに対しても
同じような表現をしたことです。

言葉を覚えたてなので正しい使い方をしらない。
それが逆にすてきな言い方を生んでいる。

ラストで術が解け、誤解も解けて
また2人で旅を続けることになりますが
そのときに素直に嬉しい気持ちを表した百鬼丸。

セリフは

「2人が嬉しそう」

でした。

その前、術にかかっているときも一度
「俺が嬉しそう」というセリフを言っています。

「嬉しい」「悲しい」などの一人称の
使い方を知らないんですね。

どろろが使った言葉で学んだのか
自分の感情を表す言い方までも
二人称になっている。

自分の気落ちを言っているのに
「俺が嬉しそうだ」なんて
なんだか人事みたいですよね。

とてもキュートなシーンです。

でも、これがポイントです。

つまり、自分の今の感情を言葉にする・・・

それだけでも客観的に自分を観れているのですが
それが難しい場合にこの百鬼丸表現を
使ってみたらどうか?

ということです。

試してみましたが、かなり客観的になれますよ。

特に自分が腹を立てているとき
イライラしているとき

そんなときに

「私が〜そうだ」

という言葉で自分の感情を言葉にしてみてください。

現在形で言うことが大事です。

「私が怒りそうだ」だと未来のことですよね。
「私がイライラそうだ」とも言いませんね。

よく考えると次のような感じになると思います

「私が残念そうだ」「悲しそうだ」「不安そうだ」

怒りについては第二感情ですから
本来の第一感情がこのように表現できると
自分が本当はどう感じているのかを
認識するためのいいチャンスを作れます。

プラスの感情の時は・・・

百鬼丸のように
「私が嬉しそうだ」「私が楽しそうだ」
と言ってみることで

喜んでいる自分、楽しんでいる自分を
自覚できるのでより幸せな感覚が増すでしょう。

試してみてください。
実際に自分で言葉に出して言ってみるんですよ。

自分でもその効果にびっくりするはずです。

「どろろ 第十九話 天邪鬼の巻」
キュートですてきな微笑ましいお話でした!


            全ての物語のために

カフェや自分の部屋でもスマホですぐ見れます♪

どろろは無料で視聴できます
詳しくは
▼ ▽ ▼
クリック!

「どろろ」の無料視聴はこちら

リンク、または画像をクリックするとすぐに視聴できます。

Amazon Primedeでは30日間無料で見放題です♪
アマゾンでショッピングするならかなりおススメのプランです。







posted by ストーリーセラピスト at 08:00| Comment(0) | ストーリーセラピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。