お知らせ 2019年10月1日からこのブログ
「あなたの幸せ力を引き出すストーリーセラピー【ストセラ】」は
https://storytherapy.net/
へ移行します。

こちらのseesaa版は、これまでの記事のアーカイブとして残します。
今後とも、よろしくお願いいたします。

2019年05月03日

アニメ「どろろ #16 しらぬいの巻」ヒーローとリーダー

カフェや自分の部屋でもスマホですぐ見れます♪

どろろは無料で視聴できます
詳しくは
▼ ▽ ▼
クリック!

「どろろ」の無料視聴はこちら

リンク、または画像をクリックするとすぐに視聴できます。

Amazon Primedeでは30日間無料で見放題です♪
アマゾンでショッピングするならかなりおススメのプランです。


わたしの職場は係長、課長といった
普通の日本の会社にあるような
肩書きがありません。

リーダー、スーパーバイザー、マネージャー
とそれぞれの下に「アシスタント」という言葉が
つくようなサブの人がいる。

そのせいか、リーダーを単なる肩書きだと
勘違いする人がいるんですよね。

なぜリーダーがリーダーという名になっているのか
わかっていない。

それをわからないまま数字だけは上手に
見せることが出来る人が
その上のスーパーバイザー、
マネージャーになっていってしまうと
スーパーバイザーはリーダーをリードする意味を、
マネージャーはスーパーバイザー以下を
リードすることの意味を分からないまま

肩書きだけのリーダーたちが量産されていきます。

あなたのところは大丈夫ですか?
あなたは大丈夫ですか?



「アベンジャーズ/エンドゲーム」のおかげで
頭の中、MCUでいっぱいです。
他のドラマはアニメは観ますが、このMCUに
浸っていたい感覚を今回は無理に払拭せず
どっぷり浸かってみようと思います。

アニメ「どろろ」
第十六話「しらぬいの巻」


を観ました。

どろろはイタチに捕まってしまいました。

どういう訳かどろろの父が隠した金の在処を示す
地図の半分を持っているイタチ。

そしてもう半分をどろろが持っていることも
知っているようです。

背中を見せろというイタチに
知らねぇよ
と言いながら背中を見せるどろろ。

皮膚が暖まらないと地図は
浮かび上がりません。

「背中じゃなきゃ頭ん中かもしれねぇ。
どの道、手がかりはどろろだけだ」

・・・と、イタチはどろろを縛り上げて
連れ去ったのです。

わかっている地図だけで
金が隠されているであろう岬を目指すイタチたち。

岬へ渡るための舟を探していると、
片腕の少年・しらぬいに声をかけられ、
舟に案内されて・・・

一方、百鬼丸はどろろの痕跡を追っていて・・・。

どろろは無料で視聴できます
詳しくは
▼ ▽ ▼
クリック!

「どろろ」の無料視聴はこちら

リンクをクリックするとすぐに視聴できます。

Amazon Primedeでは30日間無料で見放題です♪
かなりお得なのでぜひ利用してみてください。


2クール目に入って、
だいぶ流れが変わってきましたね。

前半は1話完結的なお話が多かったです。

毎回、鬼神が出てきて百鬼丸が倒して
彼の身体を少しずつ取り戻していく・・・
そういうパターンが出来ていました。

後半に入って
その流れがだけではなくなってきました。

お話が広がってきています。

原作を読んでいる弟は
ミオの回を観て、シリーズ構成の
小林靖子さんの意図を読み取ったようで
その仕事を賞賛してうなっていました。

原作を読んでいないわたしには
先がどうなることやら、
まったく予想がつきません。

さて、今回の話。
イタチに縛られて連れ回されるどろろが
不憫なのですが・・・

さすがどろろ

不憫なだけではありませんね。

イタチとその手下が猛獣に襲われる
悲惨なシーンが出てきます。

さすがのイタチもとうとう最後の時が来たか・・・
と、猛獣に食われて死ぬことを観念してしまう。

しかし、どろろはそんなイタチに説教します。
今生きているんだから諦めるなと。

自分はそのイタチに縛られて
連れ回されているのにイタチに
「生きろ」って言うんですね。

どろろはその猛獣を倒すために
イタチたちに作戦を指示します。

そして、その作戦に必要な一番危険な囮役を
自分が率先してやるんですね。

さすが主役。

百鬼丸が主役かのように錯覚してしまいますが
タイトルは「どろろ」です。

どろろが主役ですよね?

すごいのは、どろろにはまったく躊躇がなかった
ということです。

心底、命を諦めようとしたイタチに
「バカヤロー!」と怒っていたし、
自分が囮になることも最初から当たり前のように
決めていたような即断即決でした。

どろろの在り方をリーダーシップというんですよね。

そしきで上司という立場の人が持っていて当然の
在り方ですよね。

どろろのように具体的な作戦まで
一瞬で組み立てて、命がけの危険な任務に
即決で飛び込めとまでは言いませんよ。

仕事、プロジェクトの進め方などは
悩んで迷って失敗しながらじっくり進める人もいます。

自分に危険があることは怖いものですから
勇気を出すのに時間がかかることもあります。

それでも、己の欲望のために自分を
縛り上げている奴を奮い立たせたり、
危険な任務を人にやらせるのではなく
自分が先陣きってやるというのは
リーダーとしては必要な資質ですよね。

あなたの上司はどうですか?
あなたは上司としてどうですか?


全ての物語のために


カフェや自分の部屋でもスマホですぐ見れます♪

どろろは無料で視聴できます
詳しくは
▼ ▽ ▼
クリック!

「どろろ」の無料視聴はこちら

リンク、または画像をクリックするとすぐに視聴できます。

Amazon Primedeでは30日間無料で見放題です♪
アマゾンでショッピングするならかなりおススメのプランです。








posted by ストーリーセラピスト at 08:00| Comment(0) | ストーリーセラピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。