お知らせ 2019年10月1日からこのブログ
「あなたの幸せ力を引き出すストーリーセラピー【ストセラ】」は
https://storytherapy.net/
へ移行します。

こちらのseesaa版は、これまでの記事のアーカイブとして残します。
今後とも、よろしくお願いいたします。

2019年04月28日

アニメ「甲鉄城のカバネリ #2 明けぬ夜」怒りのオモシロイ使い方

カフェや自分の部屋でもスマホですぐ見れます♪

甲鉄城のカバネリは無料で視聴できます
詳しくは
▼ ▽ ▼
クリック!

「甲鉄城のカバネリ」の無料視聴はこちら

リンクをクリックするとすぐに視聴できます。

U-NEXTだと31日間無料で見放題です♪
かなりお得なのでぜひ利用してみてください。
------------------------------------------------------------------------
本ページの情報は2019年4月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXT
サイトにてご確認ください。
------------------------------------------------------------------------



怒りや憎しみというのはすぐに湧きます。

部下の行いを自分の手柄にする上司とかね。

そんなの日常茶飯事でしょ?

そんな時の心の切り替え方。

面白い例を見つけました。



いよいよ「進撃の巨人」第3期後半、始まりましたね。
同じ監督さんが手がけた力作。

アニメ「甲鉄城のカバネリ」
第二話「明けぬ夜」


を観ました。

ツラヌキ筒でカバネを倒すことに成功し
なんとか助かった生駒。

そこに逞生(たくみ)が駆けつけます。

逞生は生駒を気遣いながらも
生駒に違和感を感じている様子…。

2人は顕金駅に唯一残された駿城、
甲鉄城に向かいます。

一方、カバネの中に取り残された菖蒲たちの前に、
まだ幼さも残る少女・無名が現れます。

無名は自分が甲鉄城への道を切り開くと言い、
カバネの群れの中に飛び込みます。

無名の戦闘力はずば抜けていて、
ひとりで大勢のカバネを引き寄せて
次から次へと倒していきます。

なんとか甲鉄城へたどり着いた菖蒲たち。

そこに生駒と逞生も合流しますが、
生駒はカバネではないかと疑われ……。

甲鉄城のカバネリは無料で視聴できます
詳しくは
▼ ▽ ▼
クリック!

「甲鉄城のカバネリ」の無料視聴はこちら

リンクをクリックするとすぐに視聴できます。

U-NEXTだと31日間無料で見放題です♪
かなりお得なのでぜひ利用してみてください。
------------------------------------------------------------------------
本ページの情報は2019年4月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXT
サイトにてご確認ください。
------------------------------------------------------------------------



一度、一気に観てしまったので、
今、2回目を見ているところです。

やはり、とても上手いですね〜

観ている方がグッと力を込めて観てしまいます。

第1話のラストでカバネにかまれながらも
自分で首を縛ってウィルスが
脳に達しないように止めた生駒。

甲鉄城に合流したあと、
襲いかかるカバネを退治して見せますが
直後、彼の身体がカバネのようになっていて・・・

鋼の心臓が赤く光を放っていました。

みんなはカバネになったと生駒を恐れます。

来栖という武士も「やはりカバネか!」
と容赦なく生駒を撃ってしまいます。

先陣きってみんなを助けた生駒を
撃って走る汽車、甲鉄城から突き落とすんですね。

意識は完全に人間のままの生駒なのに。

外はもちろんカバネの大群です。

その中に落とされてしまう。

ひどいですね。
でもみんな怖いから仕方がない。

絶望的です。
生駒自身も絶望しています。

駅から駿城(ハヤジロ=汽車)を出すには
上がっている橋をおろさなければなりません。

ところがカバネの身体が挟まって
甲鉄城からの遠隔操作ができません。

線路脇にある手動レバーまで行って
誰かがおろすしかない・・・

いったん停車した甲鉄城を観て
絶望していた生駒はなにを思ったのか・・・?

彼は、自分が犠牲になって甲鉄城を
助けようとします。

自分をバケモノ扱いして打ち落とした
甲鉄城の人たちを助けようとする。

この時の生駒の気持ちが興味深いです。

生駒は悔しい、悲しい、寂しい・・・
自分が助けた人たちからバケモノ扱いされて
疎まれたのですから・・・
殺意を持って撃たれたのですから。

その怒り、憎しみにも近い怒り、復讐心・・・
そんなものが芽生えてもおかしくない。

実際に生駒にも芽生えているようです。
でも彼はそれを、みんなを助けるための
モチベーションにダイレクトに転化させます。

見捨てた人間に助けられるんだ・・・
その屈辱を焼き付けろ!!

ギリギリのモチベーションです。

聖人君子じゃないけれど、その行いは
ヒーローですよね。

でも、ヒーローも人間。
そのヒロイックな行い・・・
常人では到底やれないような行いが
どのような気持ちで遂行されるのか?

その当たりがとてもリアルでした。

いや、実際死を目の当たりにしたら
もっと、本当にヒロイックな聖人君子的な
純粋な気持ちで助ける方がリアルなのかもしれません。

そんな目にあったことないので
わたしにはわかりません。

でも、わたしたちが日常で怒りや憎しみを
抱いたとしても、
その感情をよりよい行いに変えるには
とてもリアルで実用性のある転化ですよ。

この感情と行動の境目。

そして行動によって後から内面も
行動にあわせて変わっていきますからね。

とても力が入るシーン。
ぜひ観てほしいです。


           全ての物語のために

カフェや自分の部屋でもスマホですぐ見れます♪

甲鉄城のカバネリは無料で視聴できます
詳しくは
▼ ▽ ▼
クリック!

「甲鉄城のカバネリ」の無料視聴はこちら

リンクをクリックするとすぐに視聴できます。

U-NEXTだと31日間無料で見放題です♪
かなりお得なのでぜひ利用してみてください。
------------------------------------------------------------------------
本ページの情報は2019年4月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXT
サイトにてご確認ください。
------------------------------------------------------------------------










posted by ストーリーセラピスト at 08:00| Comment(0) | ストーリーセラピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。