お知らせ 2019年10月1日からこのブログ
「あなたの幸せ力を引き出すストーリーセラピー【ストセラ】」は
https://storytherapy.net/
へ移行します。

こちらのseesaa版は、これまでの記事のアーカイブとして残します。
今後とも、よろしくお願いいたします。

2019年04月01日

ドラマ「僕らは奇跡でできている #7」その2 何でもないことが凄い

カフェや自分の部屋でもスマホですぐ見れます♪

僕らは奇跡でできている は無料で視聴できます
詳しくは
▼ ▽ ▼
クリック!

「僕らは奇跡でできている」の無料視聴はこちら

リンクをクリックするとすぐに視聴できます。

U-NEXTだと31日間無料で見放題です♪
かなりお得なのでぜひ利用してみてください。


わたしの妻は天才です。

やりくりの天才、収納の天才、
天才的なセンス、天才的な直観力、
天才的な母性、…天才的なマシンガン小言

(笑)最後は悔しかったので皮肉ですが、
天才的なんですよマジで。

過去の逸話を聞いても
「君、それ凄ぇことだよ!
こっちは金払って何年も学んで練習して
出来ないのに、なんで
『考えたら誰でもできる』みたいに
思ってるの!!?」

ってことがちょくちょくある。

その凄さで、絵心ないとか言いながら
子どものころも賞をとったりしてたんですよ。

それ才能だからね!!

でも、それを本人はなんとも思ってない。
本気で才能だとは思っていなくて
自分に出来ることくらい誰にでもできる
と思っちゃってる。

それを、才能だと信じてもらうのも
わたし…夫の仕事です!

力んでますが、全然上手くいかない!



3回目を視聴中のこのドラマ。
伝説の回は観直してもやっぱり神回です。

ドラマ「僕らは奇跡でできている」
第7話


を観ました。

ちょくちょく一輝(高橋一生)の大学を
訪ねてきていた虹一(川口和空)。

塾をサボっていたことが
母・涼子(松本若菜)にバレてしまします。

問題集をひろげられると頭がいたいという虹一。

涼子は出来ないからって逃げないでと、
虹一が好きな画描きの道具を取り上げます。

翌日、お腹が痛いと嘘をついて
学校を欠席した虹一は、
二階の自室からある方法で抜け出して
一輝に会いに行きます。

一輝は虹一を自宅へ連れ帰り
その事を伝えるために一輝の家に
行きますが涼子は不在。

涼子へ連絡を取ってもらおうと
育実(榮倉奈々)のクリニックへ出向きます。

そこで慌てている涼子と遭遇し…

僕らは奇跡でできている は無料で視聴できます
詳しくは
▼ ▽ ▼
クリック!

「僕らは奇跡でできている」の無料視聴はこちら

リンクをクリックするとすぐに視聴できます。

U-NEXTだと31日間無料で見放題です♪
かなりお得なのでぜひ利用してみてください。


虹一が教科書を観ると頭痛がする理由が
具体的でわかりやすかったのが
わたしは少し残念だったのですが

お話のテーマと全員の演技は
普通の季節もののドラマで終わらせるには
もったいない、本物の神回です。

残念だったと言うのは、
虹一が出来ない理由がもっと多くの
「やろうとおもっても出来ない」ことで
悩んでいる人の救いになれば…

と思っていたから。

でも、よくよく考えるとそんなこと
必要ありませんでした。

なぜなら、
一輝がその多くの悩んでいる人たちの
救いに充分なっているし
最終回まで観ると「一輝とは違うし」と
思っている人にも救いや、そのヒントが
得られる作品だと気づいたからです。

三回観てやっとそこにたどりつけるとは
わたしもまだまだだなあなんて思いつつ、

またひとつ気づけたことに喜んでいます。


さて、本題。

虹一くんの凄いところ100個
ママの凄いところ100個
水本先生(育実)の凄いところ100個



沢山ある人のいいところの見つけ方は
一輝から虹一や育実、そしてきっと
虹一のママにも受け継がれました。

一方、大学でも学生たちが
友達の『才能』に気づいたことから
新庄(西畑大吾)が、

「自分では何でもないと思っていたことが
あんがい凄いってことあるのかもなぁ」

という気づきの時をむかえていました。

彼の言うとおりで、苦労せずに出来ること
というのはつまり才能がある

ということです。

一輝が育実の凄いところ100個を数えているときに
育実が「それってだれでもできることじゃ…?」
とツッコミをいれますが
「誰でも出来ることをできるのは凄くないんですか?」
と笑顔で返していました。

これくらい誰でも出来る…

そもそも、その考えが「違いますよ〜」
と教えてあげたいことのほうが多いです。

わたしの妻みたいに。

でも、例え誰でも出来ることだったとしても
それは才能だしやっぱり凄いことなんですよね。

でも、これ自分の才能だと思っていいのかな?

とせっかく見つけたのにいざそれを
突き詰めてみようと思うと
上には上がいて「全然凄くなかった…」

なんて思うことが多々あります。

わたしはそんなものばかりでした。

絵を描くくのが好き、工作が好き、プラモデルが好き、
漫画家になりたい、映画監督になりたい、
物語をつくる人になりたい…

でもわたしよりも絵が上手い人も
お話作りや文章が上手い人も、
撮影や編集のセンスがずば抜けている人も
沢山沢山出会って打ちのめされてきました。

でも、そんな世の中でもわたしはやっぱり
好きなことをして生きて行きたい。

わたしはあれもこれも打ちのめされ来て
よかったなと最近思えるように
なってきました。

なぜならあれもこれもやっぱり好きで
それらの組合せることで
他の人とは違うオリジナルテイストを
生みだしているんだなと思えるように
なってきたから。

先日も撮影の仕事で沢山ダメだしされましたが
それでも映像制作が好きな自分を
否定する必要ないんですよね。

わたしより映像が上手いその人が出来ないこと
もっていない視点をわたしがもっている。

そういうものと組み合わせることで
その人にも負けない何かが生まれる。

別に勝ち負けではないけれど
自分は自分でいていいということの
ひとつの具体的な手ごたえにはなります。

鍵は『楽しい予感のするほうへ』
なんだろうな。


         全ての物語のために

カフェや自分の部屋でもスマホですぐ見れます♪

僕らは奇跡でできている は無料で視聴できます
詳しくは
▼ ▽ ▼
クリック!

「僕らは奇跡でできている」の無料視聴はこちら

リンクをクリックするとすぐに視聴できます。

U-NEXTだと31日間無料で見放題です♪
かなりお得なのでぜひ利用してみてください。









posted by ストーリーセラピスト at 08:00| Comment(0) | ストーリーセラピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。