お知らせ 2019年10月1日からこのブログ
「あなたの幸せ力を引き出すストーリーセラピー【ストセラ】」は
https://storytherapy.net/
へ移行します。

こちらのseesaa版は、これまでの記事のアーカイブとして残します。
今後とも、よろしくお願いいたします。

2019年03月02日

ドラマ「みかづき #5(最終回) いつか未来に」孫がその孫の成長を愛しめるように



まあ、ホント!

親の心子知らずで、息子は口もきいてくれません。

それでも彼が楽しんでいるものを
横から観察していると
こちらの顔がほころぶくらい
中二病まっしぐらです。

実際に中二なのですからストレートに健全です。

父が敵、母が味方

まあ、言うなればこれもひとりっ子家庭の
当たり前の流れでもあるのかもしれません。

もしも両親ともに敵視してグレてしまう・・・
なんてことになっていれば
こちらも微笑ましくばかりも
思っていられないのでしょうが、

今のバランスならそんな心配よりも
のびのびと思春期・反抗期を
過ごしてもらえば良いだろうと思っています。

彼が大人になるために必要な時期、
大事な時期でしょうからね。

その間にわたしはわたしで
人間としての成長をしておきたいと思います。

息子はもちろん、その次の世代のためにも
わたしたちの世代が幸せに在ることは
とても重要なことだと思っていますから。



天気と気分は連動していますよね。
もちろん捉え方によって晴天雨天の
どちらを喜ぶかは人それぞれですが
本能的な快・不快に天気が影響する。
地球の生き物だなと感じますね。

ドラマ「みかづき」
第5話(最終回)「いつか未来に」


を観ました。

時は平成に移っていました。

千明(永作博美)は文部省に縛られない
塾による学校経営≠ニいう
新たな夢を抱いていました。

その頃次女・蘭(大政絢)は
時代に合わせて若い講師達による
清潔感あふれる個人指導塾を立ち上げ
躍進していましたが、
講師が生徒に援助交際を斡旋するという
不祥事を起こしてしまいます。

千明は責任を感じて経営の一線から
身を引くことになります。

そして平成19年、
家族に見守られて生涯を終えるのでした。

塾教育と歩んだ千明との歳月を
吾郎(高橋一生)が綴った物語「みかづき」

一郎(工藤阿須加)はそれを読み終え、
子供たちへのボランティア授業に共鳴してくれた
阿里(岡本玲)に背中を押され始めるのですが
手応えと同時に自信も持てなくなっており…。



ちゃんとチェックできて良かったですこのドラマ。

保存版にします。
水橋文美江さんらしい脚本を
演出も良いバランスで表現してくれました。

楽しませて頂きました。

千明、吾郎の教育への熱心さとは別に
わが子への愛もステキでしたし、
この最終回は孫である一郎への
思いまで自然と流れる愛を
見せてくれました。

わたしはまだ息子まで、
わが子の教育でいっぱいいっぱいの状態です。

ちょうど思春期に入り
ここから成人までは子育てクライマックスだと
個人的には思っています。

それもあと5〜6年…

高校生までを一番のクライマックスだと
捉えると、あと4年です。

とはいえ、孫のことを全く考えていないのか
というとそんなことはありません。

息子の人生でもありますから
どうなっていくのかは分かりませんが
やはり子を持つ幸せを息子にも味わって欲しいし、
息子だけではなく甥っ子、姪っ子たちも含め
その子たちが親となりさらにその次の世代へ
何を残していくのか?

ということを、リアルに考えるようになってきました。

最近になって経済や歴史に
目を向けるようになったのも、
30年後、息子たちが40代になったときには
今以上に国の経済は厳しくなっているでしょうし

わたしたちが親の世代の常識を
刷り込まれてしまっているように
それをそのままわが子に刷り込ませていては
彼らの成熟期が苦しいものになるし
それは孫世代にも苦戦を強いることになる。

そうならないために、わたしたちが
今なにを学べるか?

そのことを考えているからです。

そういうことを考えはじめている今、
吾郎や千明の在り方を観ていると
改めて、自分を振り返ることができますね。

自分の人生を一生懸命生きること、
そして子どもたち孫たちには
自分の主義を押し付けるのではなく
自分の姿を見せながら彼らの成長を見守り待つ。

わたしたち親はついついその一線を越えて
「ああしなさい、こうしなさい」
と押し付けがちになります。

そうなっている自分に気づいたら
吾郎と千明の在り方に立ちかえるのも
いいかもしれません。

そういうわたしたちの生きた証が
将来わが子を愛する息子の心だったり
自分の孫を愛しんでいる孫の姿だったり
するんだろうなとイメージをしながら
毎日を織りなしている感覚です。


           全ての物語のために

みかづき.JPG

NHKオンデマンドもU-NEXTで






posted by ストーリーセラピスト at 08:00| Comment(0) | ストーリーセラピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。