お知らせ 2019年10月1日からこのブログ
「あなたの幸せ力を引き出すストーリーセラピー【ストセラ】」は
https://storytherapy.net/
へ移行します。

こちらのseesaa版は、これまでの記事のアーカイブとして残します。
今後とも、よろしくお願いいたします。

2019年02月16日

ドラマ「3年A組 今から皆さんは、人質です #6」僕の人生を生きるのにどれくらいの覚悟がいるの?



覚悟

強い言葉ですよね。

覚悟はできてます。

う〜ん。かっこいいです。

わたしも自分の人生を引き受ける覚悟が
できているつもりの大人のつもり。

でした。つもり。でした。

でも、ホントか?って最近思っています。

そんなにめったなことは起こったりしない・・・

そんな甘えがどこかにあるんじゃないか?

きっとなんとかなる・・・って言葉を
本当は前向きに使っているのではなくて
甘えとして使っていないか?

昨日はバンジージャンプのたとえで
エイヤッ!
って出す勇気のことを考えたけれど
ほとんどヤケクソなだけだったんじゃないか?

それは多くの人が胸に秘め続けている
覚悟とはまったく異質のものなんじゃないか?

自分が覚悟だと思っていたものは
まだまだ浅くて、もっともっともっともっと
深く深く掘り進めないと
覚悟の実感なんてつかめないんじゃないか?



つくづく健康だから今こうやってドラマやアニメを
楽しんでいられるんだな・・・と思う反面
その「つくづく思います」もどこまで深く
実感できているのか?わたし自身が自分を
白々しく思ってしまうことがあるんですよね・・・

ドラマ「3年A組 今から皆さんは、人質です」
第6話


を観ました。

澪奈(上白石萌歌)を死に追いやったフェイク動画。

作ったのは半グレ集団・ベルムズ。

そして、ベルムズの顧客リストには
魁皇高校の教師という文字が並んでいました。

ベルムズに動画制作を依頼したのは
魁皇高校の教師!?

そんな疑惑が飛び交う中、
一颯(菅田将暉)の「今日の俺の授業」なのか
「信じるか信じないかゲームを始めま〜す!」
と高らかに教室で宣言した一颯。

生徒たちは久しぶりにシャワーを浴び
食事もとり和気あいあいとしています。

そんな中、一颯は自分を撮影した動画を
SNSに投稿し、さらに3年A組全生徒の生存を
公表しました。

ネット上では一颯が実は
澪奈の死の真相を暴こうとしている
ヒーローなのでは?

という意見まで飛び交い。
一颯自身も「ヒーロー編開幕」を
誰もいない準備室で宣言します。

一颯は教師陣に向かって
フェイク動画の作成を依頼した人物に
名乗り出るよう要求。

夜8時までに名乗りでなければ
教室を爆破すると宣言しました。

生徒たちは話が違うと一颯を責め立てます。

一颯はこれまでと同じように
自分の覚悟が揺らがないことを話し、
改めて生徒たちから携帯や鞄を回収し
またもや初日の緊張感が戻りかけます。

「あ」

と、何かに気づいたのはさくら(永野芽郁)で・・・。



一颯は自分の寿命があと少しだということを
身を持ってひしひしと感じているのでしょう。

わたしたちは今日生きることが出来た
ということは生きられる人生が
一日減ったということです。

・・・なんて言われて
ハッとしたことがあります。

なるほどそうか!
確かにそうだ!

って。

でも、そのハッとしたとこか、
目から鱗が落ちたとか、
なるほど!とか・・・

それ、本気で思ったのか?
と、自分の感覚を疑う自分もいるんですよね。

だって、本当に一颯と同じ状況になってないから。

想像しかできない。

そんなことを言っていたらキリがなくて
誰だって誰かの身になんて
なれるわけじゃないんですよね。

代わってあげたくても代われない。

だから、結局そこは人がどうこくではなくて、
自分がどうか?自分の人生において
自分自身はどうか?

を掘り下げていくしかない。

そこはもう諦めるしかない
明らめるしかない

だから、お前本当にわかってるのか?
って自分に問うために
客観的な視点を持てないといけないんですが、
客観的に考えてばかりいて
自分を外側から観てばっかりいて
その、キリのなさに途方に暮れることがあります。

今、ちょっと途方に暮れています。

キリが無いから一生探求なんだろう?
わかっていたくせに今更何言ってるんだ?
って思うんですが、
ちょっと疲れているのかな。

客観的に観てばかりでなくて
もっともっと主観的に
今の自分がどうしたいのか?

理由や理屈じゃなくて衝動レベルで
どうしたいのか?

それをしっかりと把握してそれに従う。
従うからにはやっぱりその結果は
自分の結果として引き受ける覚悟がいる。

だから・・・その覚悟の問題なんですよ。

どこまで覚悟すれば本物の覚悟になるのか?

覚悟なんか知るか!
起きたもんは起きたもんで仕方ないやろ!

と言っている人は
その時点で覚悟が出来ています。

う〜ん。わたしはどうやらそういうタイプでもない。
タイプでもないけれど考えながらでも
やっぱり衝動に従って生きるのか
常識に従って生きるのか
決めなきゃならないんですよね。

・・・っふう。


               全ての物語のために



「3年A組 今から皆さんは、人質です」はHULUで見放題









posted by ストーリーセラピスト at 08:00| Comment(0) | ストーリーセラピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。