お知らせ 2019年10月1日からこのブログ
「あなたの幸せ力を引き出すストーリーセラピー【ストセラ】」は
https://storytherapy.net/
へ移行します。

こちらのseesaa版は、これまでの記事のアーカイブとして残します。
今後とも、よろしくお願いいたします。

2019年02月15日

ドラマ「トクサツガガガ #4 オタクノキモチ」バンジー!なんでこんなに勇気いるの?



わたしはバンジージャンプは飛べないと思います。
挑戦する気はそもそもないんですが・・・
まあ、やってみたいとも思いませんし。

でも、
コレってバンジージャンプを飛ぶような
勇気なんじゃないかな?
って思うことはたまにあります。

たまに?

このたまにというのが、
人生が揺るやかにしか変化しない
理由なのかもしれないな・・・

なんて、今、ふと思いました。

新卒で東京へ行ったのも結構なジャンプでしたが
辞表をだすのはもっと大きなジャンプでした。

初めての仕事に応募して
面接を受けに行くのもかなり
勇気がいりました。

モテなかったわたしが
自分なりの女性へのアプローチを模索して
初めて試したときのあのエイヤッ!
という感覚はまさに大ジャンプでした。

転職だってそう。

でもなんだか落ち着いていながら
変化を求めるというのは違いますね・・・

たとえそれが内面的な変化だったとしても。



来ましたね〜!花粉!
めっちゃ目がかゆいです。まだまだ寒いくせに
もう寒さだけではなく花粉も予防しなきゃならない。
くっそ〜!花粉症出ない人がうらやましいです!

ドラマ「トクサツガガガ」
第4話「オタクノキモチ」


を観ました。

仲村(小芝風花)は追加戦士になるのでは
と期待していた北代(木南晴夏)に
嫌われてしまったと落ち込んでいます。

実は北代には、自分のオタク趣味を
明け透けにばらされてしまい
それがきっかけで会社を辞めたという
過去があリました。

北代にとっては仲村は気になる存在でした。

北代の地方アイドルオタク趣味をばらしたのは
みやび(吉田美佳子)。

同じ地方アイドルオタクとして
友達になってくれたのは
みやびの方からでした。

そんなみやびを責め立てて
ケンカ別れしたことを後悔していた北代は
仲直りしたいと思っていました。

そんな北代の思いを知った仲村は
吉田(倉科カナ)や任侠さん(竹内まなぶ)を
巻き込んでスーパー戦隊のロボット合体よろしく、
あることを企むのでした・・・。



今回のお話ではちょっとビックリしました。

仲村叶、やるじゃん!

北代さんとの距離を縮めたのも
勇気のたまものでしたが、
たまらずに会社の同僚たちに
自分の考えを主張するシーンがあります。

突発的な行動で、
観ているこちらもびっくり。

バンジージャンプ・・・は飛べなくても
人生のジャンプって以外と
衝動も大きな動機なのかもしれないなと
思いました。

勇気は必要だけどもそもそも
やろうとも思わなければ
やらなければ良いわけですし、
やらないのならやりたくもないのなら
勇気なんて必要もない。

わたしがバンジージャンプを
挑戦しようなんてこれっぽっちも
思わないから、そもそも
飛ぶ勇気なんて要らないように。

でも、怖いけどチャレンジしてみたい!
どんな感じなんだろう?
飛んでみたい・・・興味はある・・・

少しでもそういう気持ちがあって
やってみようと思うのなら
実際に飛ぶにあたっては
やっぱり勇気が必要になる。

そこには興味や衝動が存在している。
我慢できない何かがある。

飛び込んでみよう、行動してみよう。

脱ぎ捨ててみよう。
違う生き方をしてみよう。

慣れ親しんだ習慣から・・・
行動だけではなく、
心の中での習慣の変化も含めて
「今までと一緒」を捨てて
新しい何かを手にする。

どうしてもやりたいから立ちふさがる
『勇気』が試される瞬間。

怖いな〜、勇気がいるな〜

って思っているってことは
自分が「そうしたい」って思っていることの
証なんですよね。


            全ての物語のために

トクサツガガガ.JPG

「トクサツガガガ」はNHKオンデマンド(U-NEXT)で!







posted by ストーリーセラピスト at 08:00| Comment(0) | ストーリーセラピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。