お知らせ 2019年10月1日からこのブログ
「あなたの幸せ力を引き出すストーリーセラピー【ストセラ】」は
https://storytherapy.net/
へ移行します。

こちらのseesaa版は、これまでの記事のアーカイブとして残します。
今後とも、よろしくお願いいたします。

2019年02月07日

ドラマ「みかづき #2 我が家は学習塾」薄っぺい人間関係になってしまうメカニズム



夫婦にしろ恋人にしろ
考え方の違いから

「価値観が違う」

なんていってすぐに別れちゃう人たちが
多くてわたしはげんなりします。

そもそも価値観が違うことは
夫婦ともなればもう離婚理由には
なりえない問題外のことだと
わたしは思っているのですが、

今回はもっと話を広げて、
夫婦、恋人だけではなく

同僚や友人、知人というつきあいの人とでもいいです。

価値観が違う
考え方が違う

と言って離れたり、
はじめから仲良くならないケースが
大人になると多い気がします。

恋人・夫婦がそのレベルで別れるわけですから
普段の人のつながりが薄くなるのは
当然と言えば当然なのかもしれません。

でも、じっくり人と話してみて
誤解を解き合った経験がある人なら

『本当はそんなに違わない』

ということを実感として
知っているのではないでしょうか?



今シーズン、真っ先に観てしまう作品1位は・・・
「ワンパンマン」です(笑)アレ?
このドラマです!って紹介するつもりでしたが
アニメが先に来ちゃいました。ドラマで今一番
楽しみなのはコレです。

ドラマ「みかづき」
第2話「我が家は学習塾」


を観ました。

昭和39年。

吾郎(高橋一生)と千明(永作博美)が始めた
塾の経営は高度経済成長のなみにのり
繁栄していました。

その一方、塾批判も広がり始め、
長女・蕗子(鎌田英怜奈)が
「ジュク子」などと言われていじめにあいます。

そんな中、大手塾の進出に
危機感を抱いていた千明は、
生き残りのため個人塾同士の合併による
経営拡大を画策していました。

しかし、吾郎には内緒で勝手に
話を進めています。

吾郎はその話をきいて
相手のことを知るために
合併相手の勝見(勝矢)に会いに行きます。

教育への思いに意気投合した吾郎でしたが、
塾経営拡大には反対だと千明には言います。

ふたりの考えの違いが明らかなったそのそき
蕗子が姿を消すという事件が起きて・・・。



間違いないですね。
面白い!

あと3回で終わっちゃうんですね。
「トクサツガガガ」は全6回だったかな・・・

その後は民放の1クール作品を
しっかりと紹介していける・・・かな?

わかりませんが。

千明さん熱いんですよね。
でも一人で勝手にどんどん決めていっちゃう。

お母さんにもたしなめられます。

それでもやっぱりもともとの性格もあるから
どうしようもない。

合併したい千明と合併反対の吾郎。

二人の考え方の違い。
考え方の対立。

今時の企業内でのプロジェクトチームだったら
完全に対立構造になるんじゃないですか?

今時の恋人・夫婦でも
この時点で「価値観が違う!」
なんて言い出しかねませんね。

離婚理由は「わが子の教育方針の違いから」
なんて報道もしょっちゅう聞きますが
わたしの感覚では「はぁ!?」です。

はっきり言って「バカじゃない?」レベルです。

そんなの考え方の違いであって
思いは一緒でしょうに。

わが子に幸せになって欲しいんでしょう?
社会を強くたくましく生き抜く力を
ちゃんとつけて成長して欲しいんでしょう?

これが大事なんでしょうに。

考え方、価値観、方針は違っても
『思いは一緒』

恵まれすぎていて、平和すぎて、
ボケているんでしょうね。

マヒしているんですよ。
思いは一緒なのに考え方が違うだけで
そのことを見失ってしまう。

見失ったままそれを真実にして
深く追求しないし相手を見限ってしまう。

相手の人格まで決めつけて
自分から手を離して遠くに押しやってしまう。

残念きわまりないですね。

千明と吾郎はちゃんと自分の思いを
伝えあいました。

考え方も価値観も違ったけど
思いは同じでした。

そもそも方針が違うとか価値観が違う
なんて言っていますが、
それって感情的にならずに
相手の思いをちゃんと聞いて理解して
言っているんですかね?

「アイツはこんなことを言ったからこういう奴だ。
だからアイツのこの言葉はこういう意味に違いない。
絶対そうだ、それしかない」

みたいな決め付けばかりに
わたしからは見えます。

要するに自分の気持ち悪さ不快感に
耐えられないから、それを相手のせいにして
自分から関係を絶っちゃう。

自分の心。自分の感情。
怒りで守らずにしっかりと見つけると
そのくらいのことはわかるように
なってきますよ。

同時に多くの大人がどれだけ
無駄に自分を守り人を傷つけて
生きているかもよく見えるようになります。

ほとんどの場合、人の思いって
そんなに違わないですよ。

そのことを前提に話さないと
大切な人を自ら手放すことに
なるんじゃないですかね?


             全ての物語のために

みかづき.JPG

「みかづき」オンデマンドで見逃しチェック!↓
https://www.nhk-ondemand.jp/goods/G2019094792SC000/

「みかづき」原作本







posted by ストーリーセラピスト at 08:00| Comment(0) | ストーリーセラピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。