お知らせ 2019年10月1日からこのブログ
「あなたの幸せ力を引き出すストーリーセラピー【ストセラ】」は
https://storytherapy.net/
へ移行します。

こちらのseesaa版は、これまでの記事のアーカイブとして残します。
今後とも、よろしくお願いいたします。

2018年12月23日

ドラマ「今日から俺は!! #10(最終話)」青春のクライマックス



10年一昔といいますね。

1980年代、ツッパリは社会現象にまで
なっていた・・・の?

確かに「不良少女と呼ばれて」とか
「積み木くずし」とか「スクールウォーズ」とか
「なめんなよ」とか・・・

実話を素にしたモノからファンシーグッズまで
席巻していたので一世風靡していたのかも
しれませんね。

一世風靡セピアもそんな時代に出てきた
お兄さんさちでしたね。

そのころわたしは絶賛小学生時代。

少年時代でしたからツッパリというのは
中学・高校のお兄ちゃんたちの世代の
お話でした。

わたしが中学・高校生になるのは
1990年代の話です。

そのころは「ツッパリ」なんて言い方はなくて
「ヤンキー」と言っていましたね。

ヤンキーはいました。
特に公立の中学は学力で分けられたり
しませんから一つの教室に
目立たない子も優等生もヤンキーも
一緒に机を並べている。

中学卒業後も、高校を卒業して
大学生のころも、
クラス会や同窓会、成人式など
そのころの同級生とたまに顔を合わせましたが
毎回すごいなって思ったのは
そういう人たちこそ、一足も二足も先に
大人になっているという事。

女子たちは子どもを連れている人もいるし
男子たちはもう立派な社会人の顔になっている。

学生で社会に出たことがない自分なんかとは
面構えが全く違うわけです。

面構えというと、怖いイメージがありますが、
落ち着き方、大らかさ、優しさも
学生なんかよりずっとずっと大人の
スケールの大きさに見えました。

それって、ただ社会に出るのが早いとか
それだけじゃないんだなって
社会に出てからわかりました。



1月期の新ドラマ、新アニメがいつスタートするのか、
カレンダーに書き込んでいます。
1話目を録り逃すほど悲しいことはないから!

ドラマ「今日から俺は!!」
第10話(最終回)


を観ました。

谷川(矢本悠馬)から、
今井(太賀)がヤクザに襲われ
意識不明の重体になったと聞かされた、
三橋(賀来賢人)と伊藤(伊藤健太郎)。

さすがに怒りに燃え谷川からの頼みもあって
今井の仇打ち…といきたいところだが
相手はヤクザ。

思案するうちに、今度は夜道で
伊藤がヤクザに囲まれボコボコにされます。

ヤクザの大将は圧倒的な強さを見せ付ける
月川(城田優)。

教師たちは三橋を守るべく
集団下校と称しながら
三橋ひとりに教師全員がついて帰ります。

三橋は深夜ヤクザの事務所に潜り込み
刀や拳銃の隠し場所を瞬間接着剤で
固めて回ります。

しかし、そこにやってきた月川が
隠し持っていた拳銃を突きつけると…

翌日、三橋は突然
「今日から俺はツッパリやめます」宣言。

黒髪にメガネ、普通の学ランに身を包み
「東大を目指す!」とマジメぶる三橋!

理子(清野菜名)も風紀委員として
怒るに怒れず…。

そんな三橋に伊藤や今井が
ガッカリしていると…



エンターテインメントとしてはとても良かったですね。
毎週笑いながらちょっとハラハラしながら
楽しませてもらいました。

ゲストも結構豪華ですし。

かなりカットされているシーンが多いようです。
展開がザクザク切られている感じ。

本編がアドリブ大会みたいなところがあるので
脚本も予定通りにはいかないのでしょう。

DVD・Blu-rayは完全版として
そう言うシーンも見れたら良いですね。

相良、悪い悪いヤツでした。
月川のところに現れた相良はライターに
火を灯しましたがどうしたんでしょうね〜
気になりますね〜。

そんな相良が最後にぶっ倒れていると
智司がやってきて言いました。

遠くの街にでも行って一緒に働かないか?と。

相良にもちゃんと作り手の愛が
注がれていましたね。

あの感じだと悪い道に進むのではなく
まともな仕事をしそうです。

大人への階段を三橋たちよりも
早く駆け上がるのかもしれませんね。

思いっきり暴れた分、メチャクチャした分、
トップとかてっぺんとるとか
そう言う事への意味や価値について
いち早く学べたと言うことかもしれません。

破天荒な反抗期のクライマックス
だったのかもしれませんね。

わたしなんか、未だに中途半端です。

40歳を過ぎても自分探しみたいなことを
やっている。

そもそも、人の内面、自分の内面にある
良さやワクワクを感じたり
そう言うモノが育っていく過程に
興味があるのでわたしにとってのわたしなんて
研究対象でしかないのかもしれません。

だからある意味、わたしはコレでいいのかも。
とも最近は思えています。

でも、徹底的にぶつかりながら
自分で成長の糧をつかんで
大人になっている人たちは
ツッパリやヤンキーではなくても
やっぱり確固とした決意をもって生きています。

顔つきや一つ一つの決断に
それが伺える。

大人の潔さ。

やっぱりそういうのってかっこいいし
自分にも
「なんでもかんでも中途半端じゃダメだよね」
って言ってやりたくなりますね。

そう言う思いがあるから息子にも
反抗するなら思いっきりやれと
反抗期前から言ってきました。

覚えているかな彼は。
でも、風邪をひいたようで少しその
気勢がそがれているようです。

キツくて不安になったのか
反発も弱々しいです。

父はちょっと心配(笑)

三橋の父親が、
「ツッパリやめます!東大目指します」
宣言の直後にマジメに戻った息子を観て
少し残念そうにしていましたが
やっぱり、男の子が自分を元気に元気に
表現する姿は親として頼もしいと
思っちゃうんですよね。

最後に話しそれましたが
思いっきり生きろ!

って、わたしはこの「今日から俺は!!」が
大好きで毎週欠かさず観ていた息子に
いつも隠れてエールを送っています。

わたしも父親を思いっきりやってますよ。


           全ての物語のために












posted by ストーリーセラピスト at 08:00| Comment(0) | ストーリーセラピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。