お知らせ 2019年10月1日からこのブログ
「あなたの幸せ力を引き出すストーリーセラピー【ストセラ】」は
https://storytherapy.net/
へ移行します。

こちらのseesaa版は、これまでの記事のアーカイブとして残します。
今後とも、よろしくお願いいたします。

2018年12月01日

ドラマ「下町ロケット ヤタガラス #7」その仕事、その判断は未来をつくる醍醐味




転職の情報は常にチェックしています。

どこもそうでしょうが、今は
サラリーマンにとって昇給というのは
非常に難しくなってきていますよね。

だから、情報は常にチェックしています。

でも今の仕事にやりがいを感じていない
ということではありません。

その仕事が誰のどんなことに
貢献できているのか?

その貢献が、この世界に
どのような好影響を与えるのか?

それを考えれば、どんな仕事でも
おもしろくないなんてことはなくなる。

その感覚を忘れてしまっているなら
この作品を観てみて欲しいです。



日曜劇場、次回作もチェックしてます。
「グッドワイフ」弁護士に復帰する奥様の
お話なんだとか・・・その前に年末年始ですね。
ザ・テレビジョンかTVガイドの年末年始特大号を
今年も買っちゃおうかな♪(その前に師走か)

ドラマ「下町ロケット ヤタガラス」
第7話


を観ました。

財前(吉川晃司)が佃製作所にやってきます。

佃(阿部寛)たちは歓迎し、
試作中のトランスミッションを見せます。

しかし、そこで財前が告げたのは、
取引の中止でした。

帝国重工の次期社長候補とも言われる
的場(神田正輝)の意向で、
エンジンとトランスミッションの内製化の方針が
急きょ決定したというのです。

長年取引のあったヤマタニに仁義を通し、
社運を賭けた挑戦だっただけに、
佃製作所の社員たちも抗議しますが、
板挟みの財前にはどうすることもできません。

そんな状況でも佃は財前の立場を
理解しようとしました。

しかし財前は、更に顔をゆがめて
「こんな状況でさらに
厚かましいお願いをしなければならない」
と切り出します。

それは、佃製作所と一緒にやれないなら
自分たちも降りると言う野木(森崎博之)を
説得してほしいというものでした。

さすがに虫がよすぎると佃も突き放し…。



やっぱりおもしろいですね!
前作よりもずっとおもしろくなっている!

相変わらず、どこか勧善懲悪めいた
演出をされるので、
嫌な奴は徹底的に嫌な奴の扱いです。

伊丹のあの変わりように限らず
帝国重工に復讐しようとしている
中小企業の人たちもみんな「悪」の
表情をこれでもかというくらいにやってみせる。

ここまでやられると、
もうちょっと繊細な演出だったらどうなるかな・・・

たとえば三上博史さん主演の
WOWOWのドラマだったら
今の「ゴースト編」「ヤタガラス編」は
どんな描かれ方をするのでしょうか?

なんて、思っちゃうくらい。

それだけ、人々の感情的な設定が
複雑になってきているから
やはり前作よりもずっとおもしろいです。

さて阿部寛さん・・・佃さん!

広い人ですね。

この心の広さはとても感銘を受けます。

ただ優しいとか寛容だというのではなくて
そこには日本の農業の未来のために
というもっとも優先すべき軸というものが
ちゃんとある。

ここに立ち返れる心の強さがあるんですね。
ここに立ち返ったときに、
本当は「バカにするな」と怒ったことも
責められるようなことではないのに
そのことも含めて謝罪できる。

しかも、相手が・・・今回の場合は財前さんが、
自分たちに虫が良すぎると言いながらも
そのお願いをしたのは、まさに
日本の農業の未来のためにという軸を
見失っていなかったからだと気付く。

それを佃たちが理解してくれるだろうと
信頼しているからこそ言ってくれたんだと
いうこともわかるからこそ、
その信頼を裏切ったことへの謝罪だったのでしょう。

この財前と佃の共鳴のしかたも
かっこいいですよね。

とても高い次元で世の中のことも
自分たちのこともとらえている。

あまりにも高いステージにいるように見えて
なんだか現実のわたしたちでは
到底おいつけそうにない・・・なんて
思ってしまいますが、

でも本当は、彼らの良さがわかるということは
わたしたちの中にも同じモノがあるから
だと思います。

わたしたちの営み、仕事は
この街、この国、この世界の
どんな未来に繋がるのか?

それを考えて実感しながらやるのも
仕事を楽しむ方法のひとつですね。


            全ての物語のために












posted by ストーリーセラピスト at 08:00| Comment(0) | ストーリーセラピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。