お知らせ 2019年10月1日からこのブログ
「あなたの幸せ力を引き出すストーリーセラピー【ストセラ】」は
https://storytherapy.net/
へ移行します。

こちらのseesaa版は、これまでの記事のアーカイブとして残します。
今後とも、よろしくお願いいたします。

2018年08月29日

ドラマ「ラストチャンス再生請負人 #7」ビジネスマインドアロケイション



あなたは何のために働いていますか?

これから社会に出る人は
何のために仕事をするのでしょうか?

その答え、確固たる答えを
自分の中に見いだせていますか?

わたしはしょっちゅう自分に
この質問を問いかけ直します。

時期が変われば自分の中での
意味も少し変るから。

ん?

確固たるコレ!

と言うのなら
変わっちゃいけないのでしょうが
わたしの場合は変わってるぞ…

なんて考えていたら、ああ、
わかりました。

まず、大筋では“なんとなく”
コレってのはある。

でも時期によって変わるというのは
配色の問題ですね。
目的と気分の色の混ぜる割合が
その時々で変わってくる。

つまりは、転職のための実績づくりや
夏の旅行代のためだったり
今は、リアルに考えているのは
息子の進学費用…とか。

常にアタマの中にある現実的な
近い将来の目的が移り変わるから
そこへ対する自分の思いや
印象によって気分という色付けが変わる。

そういう感じ。

でも、そういう自分のリアルを
感じて日々生きているからこそ
お客さんや同僚と接するときも
その人たちのリアルを考えることが
できるんじゃないかなって思っているんです。



このドラマも全8話!?でも、それくらいが
ちょうど良いのかもしれません。
ドラマBiz第1弾「ヘッドハンター」も良かったですが
こちらの方が好きかも…
と思えるくらい面白かったです。
仲村トオル×前川洋一の「空飛ぶタイヤ」コンビ。
次回作は唐沢寿明(主演)×井上由美子(脚本)、
こちらは「白い巨党」コンビですね。楽しみ!

ドラマ「ラストチャンス再生請負人」
第7話


宮内(椎名桔平)から十和子(水野美紀)が
デリシャス・フーズの創業者の結城(池田成志)と
繋がっていることを聞いた樫村(仲村トオル)。

そして宮内は大友(本田博太郎)と2人で
樫村に伊坂商事の支援を受けて、
会社を分割して売却しろと迫ります。

しかも銀行は「これは命令だ」などと言いだす。

自社の運命を託す先は、
十和子フードか、伊坂商事か…

樫村は誰を信じてよいのか分りません。

そんな時に、いつもの占い師(ミッキー・カーチス)
を訪ねると、まだまだこれからだと言われます。

しかし、信じるための
軸についての示唆もありました。

そのことを考えながら樫村が向かったのは…



「ヘッドハンター」もそうでしたが
ドラマBizを観ていると、
自分は何のために働いているのか?

という問いを自分に
投げかけずにはいられなくなります。

今回のお話では
樫村が誰を信じていいのか分からなくなり
わたしたち視聴者も一緒に悩みます。

そして樫村は自分の判断軸を見つけ
決断するためにある人に会いに行く。

本気で社員たちのことを考えて
デリシャス・フーズの再建に
全身全霊を傾けてきた樫村だからこそ
導き出した考えの先に
きっとその人物が思い浮かんだのでしょう。

その人の思いに気づけたから。

ビジネスの世界は甘くはなく
最後の試練・・・ラスボス登場となるのですが
それでも樫村の誠実さに本当の意味で
応えてくれる援助者が誰なのか?

それを浮き彫りにさせながら
ハッピーエンドを迎えるのでしょう。

ビジネス、商売、商いの基本は

「安く仕入れて高く売る」

です。

商売人なら、経営者なら、
従業員を守るためにも
お客さんに喜んでもらい続けるためにも、
その基本を忘れたらダメですよね。

でも、じゃあそれだけを考えれば良いのか?

というとそれも違う。

もともと、商いというのは
山の人がや窓取れる穀物を…
海の人が海で取れる魚介類を…

交換し始めた…

のかどうかはわかりませんが、
始まりとしてはそんな感じでしょう。

やがて釣り竿を作るのが上手い人は
竿作りに専念して
釣りが上手い人に竿を渡して
釣った魚の分け前をもらう…

なんて分業化が進んでいった。

つまりは、ただ安く仕入れて高く売る。

以前に、自分にできることで
お互いに助け合って生きて行こうや。

というのが起源なわけです。

安く仕入れて高く売るのは
それらの効果を効率よく運営する手段。

だから、安く仕入れて高く売る
のは大切なことだけども
それだけに専念すれば良いはずがない。

それだけを考える人には
仕事なんてまわってこなくなるでしょう。

今の世の中の“真っ当な”仕事の中でも
相変わらずこの価値観といのは
人それぞれ。

樫村のやり方に宮内が
「甘いんじゃないか?」というのも
お互いのこの価値観のズレがあったから。

これは人それぞれなのでしょう。

ひとりの人間の中にも
いくつもの価値観があって
それぞれの中でもその価値観の
配合のバランスが違う。

大きな軸があって、
あとはその時々…
ライフステージに合わせて
自分の中でも移り変わっていく。

それでもいいけど、やっぱりその配合が
誰かとの勝ち負けになっている人とは
できれば一緒に仕事はしたくないです。

相手に損させて、自分が特とれば
ビジネスとして成功!

みたいに思っている人。

それこそがビジネスの厳しさであり
面白さなんだって思っている人。

そんな世界もあるし
その思いは持っていないと
結局誰も守れない…ってこともある。

それはわかっているのですが
わたしが最終的に信頼できる人を
選ばないといけない局面になったら
そういう人は選ばないでしょう。

それは、自分が求めているものを
自分に問いかけ続けているから
言えることなんだと思います。

時期が移ろえばまた、それも
180度真逆のことを思っているかも
しれませんけどね。

あなたは“今”
何のために働いていますか?


          全ての物語のために



スマホでもPCでも、今すぐ熱くなれる!







posted by ストーリーセラピスト at 08:00| Comment(0) | ストーリーセラピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。