お知らせ 2019年10月1日からこのブログ
「あなたの幸せ力を引き出すストーリーセラピー【ストセラ】」は
https://storytherapy.net/
へ移行します。

こちらのseesaa版は、これまでの記事のアーカイブとして残します。
今後とも、よろしくお願いいたします。

2018年08月28日

ドラマ「チア☆ダン #7」悩むことろが違ったという気づきがあることを知っておく



映画や青春マンガのような恋をしたい。

映画やマンガが大好きな少年だったわたしが
そんな風に憧れたのは自然な流れでした。

でも中学生の頃は憧れるだけで
そもそも、恋をする相手が
いませんでした。

つまりまだまだ、ジャッキー・チェンや
ルパン三世やキャプテン・ハーロックや
映画やマンガに夢中だったんですね。

高校でやっと片思いが始まりますが
大学まで冴えない恋バナばかりになります。

そんなわたしが恋を始めるにあたって
転機を手にしたのは、
自分がモテない理由や
その解決策に対する「視点」が
大きな鍵となりました。

口下手ならどうやって話し上手になるか?
出会いがないなら紹介してもらうか?
駆け引きはどうするのか?

そんな、不得手をどうやって
できるようにするか?みたいな。

でも、そこから視点をズラすことを覚えると
いろいろな前提から間違っていたことに
気づきました。

あの視点のズラし方を
もっともっといろいろな局面で
発揮することができたら
きっと人生はもっと自由になる。



天気のいい休日に早朝に目が覚めて、
このドラマを観ていると嘘みたいに
晴れ晴れとした気持ちになってきて
素直すぎる自分に、

ドラマ「チア☆ダン」
第7話


を観ました。

春、わかば(土屋太鳳)は3年生になりました。

チアダンス部を結成して9カ月。

汐里(石井杏奈)と2人で始めた部が、
今では20人になっていました。

顧問の太郎(オダギリジョー)入院中、
している間、代理で顧問を受け持ったのは
桜沢教頭(木下ほうか)。

そしてコーチはわかばの姉・あおい(新木優子)。

限られた時間の中で、目標の全米制覇を
成し遂げようとするROCKETSには
無駄にできる時間はありません。

北信越チャレンジカップまであとひと月。

今回はJETSが出ないということで、
それでも優勝出来なければ先はない!

と改めて気合を入れます。

教頭は、学業以外は全て
チアダンスに捧げるくらいの覚悟が必要と言い、
恋愛禁止を宣言。

しかしその直後から汐里は
春馬(清水尋也)をみては
ラブラブ光線を出します。

そんな姿にため息をつく麻子(佐久間由衣)に
一学年下の男子生徒の水嶋(遠藤健慎)が
突然ラブレターを渡しました。

人事だと思っていた恋の問題が
突然自分に降りかかり動揺する麻子。

一方、妙子(大友花恋)の父親が
腰を痛めてしまい、
妙子は店を手伝わなくてはならない状況に。

練習になかなか顔を出せなくなり、
ただでさえみんなより遅れていると
思っていた妙子は・・・。



悩むところを間違ってた・・・

父の店を手伝うことで
妙子が圧倒的に練習で遅れをとる。

そのままの妙子を一緒に大会に出せば
明らかに優勝はできない。

妙子を大会メンバーから外すか?外さないか?

チーム全員が悩むところでした。

しかし、どうもしっくりこないわかば。

彼女は甘いのでしょうか?
自分でも「わたしが甘いのだろうか」
と疑ってしまうほど、
しっくりはこないけど理由がわからない。

ただ、一緒にやりたいという
感情だけで妙子を外すことを
受け入れられないだけなのかもしれない。

でも、わかばは太郎と話をしていて
大きな気づきを得ました。

そしてわかばの話を聞いたみんなも気づきます。

悩むところを間違っていた・・・
というのは汐里でしたが
それはみんなも同じ気持ちだったでしょう。

わたしも汐里たちと一緒に
わかばに目から鱗を落としてもらったような
感覚を味わいました。

そもそも、視点が違うじゃないかと。

若い頃にわたしは恋愛の悩みで
考え抜いた末に自分で気づけました。

あの経験は大きかった。

でも、あれだけのインパクトをもって
視点そのものを疑うことの
大切さを実感したのに
未だに忘れて「当たり前」の中で
苦しんでいます。

それでもやっぱり、
視点が違うだけで悩みの大前提が崩れて
悩みがなくなることがあると
知っているかどうか?

わたしは知っていたから
今回のお話はすんなり受け入れられたし
今後の自分のために
大切なことを思い出させてもらえました。

視点をズラすこと、
悩むところが本当にそこで良いのか?
と真剣に考えること。

こういうことで人生が変わることを
知っている人と知らない人では
大きな差が出て当然。

でも、ドラマを観て目から鱗が落ちるような
感覚を初めて味わえた人は、
一度疑似体験をしているわけですから
その一度目はドラマを観ただけとはいえ
大きな「経験」です。

今後はこういうことがあることを
知っていれば、今まで異常に幸せ力は
強くなっていくことでしょう。


         全ての物語のために



「チア☆ダン」第1話から今すぐ観れます。








posted by ストーリーセラピスト at 08:00| Comment(0) | ストーリーセラピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。