お知らせ 2019年10月1日からこのブログ
「あなたの幸せ力を引き出すストーリーセラピー【ストセラ】」は
https://storytherapy.net/
へ移行します。

こちらのseesaa版は、これまでの記事のアーカイブとして残します。
今後とも、よろしくお願いいたします。

2018年05月19日

アニメ「僕のヒーローアカデミア 第3期 第44話 がなる風雲急」その2 あの人みたいに…その人になりたい…の違い



青島コートという言葉の意味がわかりますか?

Mー51パーカーという軍モノの
コートですね。

なぜ、青島コートというのか?

「踊る大捜査線」で織田裕二さん演じる
青島俊作刑事が冬場にスーツの上に
羽織っていました。

わたしも当時調べて、探し求めたのですが
その後、ジワリジワリとそコートに
眼を向ける人が増えて、
レプリカをさまざままファッションメーカーが
出すようになりました。

ここ数年は男性よりもむしろ
女性の方がかわいらしく着こなしていますよね。

わたしも青島刑事にあこがれて
あのコートを着ていた一人。
オタク心というのでしょう。

爽やかな青島刑事みたいになりたかったんですね。

わたしの場合は現在、軍モノを
スーツの上に着るという習慣は残っていますが
あれだけこだわった青島コートは今は
手放していて。

Mー51パーカーとはスタイルが全く違う
ベルギー軍の軍モノコートを愛用しています。

「そっちの方が似合う」

と妻が言ってくれたから(照)

青島コートは織田裕二さんが青島俊作の
役作りのアイディアのひとつとして
はじめは自前で持ってこられたそうです。

ドラマや映画はみんなでつくるもの
のちのち青島コートの原点が
脚本上でも描かれますが、
多くの人のアイディアを部分的に
拾い集めながら一本の作品ができていく。

人間の成長もそうで、
人から得る影響というモノは大きいけど
それは反面教師や嫌いな人も含めて
出会ってきた全ての人たちの
ほんのちょっとずつが自分の核の
部分の周りに影響を与えている。

そういうことですよね。

わたしの場合は、青島刑事にあこがれて
あんな風になりたいとコートを買ったけど
自分には合わないのがわかった。

でも、軍モノコートという部分は残って
「似合っている」と自他ともに思える
今のコートと出会えた。

考えてみれば、一つのコートに出会って
何年もそのコートだけを着古している・・・
ってところも青島刑事と同じ感じに
なってきています。

今、気づきました。



感性が閉じたり開いたり・・・
一昨日は開いていた!と思ったら、
昨日はもう閉じている。
そういうときって自分でももどかしいですね。

アニメ「僕のヒーローアカデミア 第3期」
第44話「がなる風雲急」

からもうひとつ。

出久くんたちが常闇の個性、
ダークシャドウの暴走への対策と
ヴィランとの戦いに
活路を見いだしていた頃、

お茶子と梅雨ちゃんは、
女子校生ヴィラン、トガヒミコと
対峙していました。

ナイフで襲ってきたヒミコは
「かわいいね」
異常なまでに喜びに破顔しています。

お茶子と梅雨ちゃんの2人と
お友達気分でいるようです。

お茶子と梅雨ちゃんは
ヒミコの攻撃に翻弄されながらも
異常さに警戒を崩さず応戦します。

梅雨ちゃんを木に張り付けにしたヒミコ。

今度はナイフを向けてお茶子に…



物凄いテンポでいくつもの事が同時に
次から次へと起こっていったこの話。

トガヒミコもかなりのインパクトでした。

雄英生徒たちと同じくらいの年齢。

友達になろうと言いながら
攻撃してくるヒミコを地面にねじ伏せたのは
お茶子でした。

プロヒーロー・ガンヘッドの元で
格闘術を学んだお茶子は
ヒミコの攻撃をかわし腕を決めて
地面に押さえつけたのです。

お茶子に拘束されてもなお
ニタニタと女子高生の会話を続けるヒミコ。

あなた好きな人いるでしょ?
その人みたいになりたいって思ってるでしょ?
思っちゃうよね〜
その人になりたいって
思っちゃうよね〜
楽しいね〜恋バナ

正確ではありませんが
こんな言葉を発していました。

恋焦がれる乙女の気持ちを
よく表している・・・?

確かにそう。いや、
なんなら乙女だけではありませんね、
男だって恋に焦がれて恋狂い。

身体という隔たり、境界線があることが
もどかしい。相手とひとつになりたい。
融合したい。

そんな感覚がわき上がる経験を
したこともあるはずです。

でも、まず「あの人のようになりたい」
とひとつになりたいは違うし
それを飛び越して「あの人になりたい」
というはまた違いますよね。

よ〜く、よ〜く考えて、自分の中の感覚を
感じ分けできるようにならないといけない。

これは10代かもう少し前から
少しずつ感覚的にわかって来るものです。

ところがあまりにも
自分の内側に向ける眼を持っていないと
たとえばもっとも基本的な部分といってもいい
「暴力衝動」と「性衝動」の切り分けも
できなくなる。

実は、「あの人みたいになりたい」という憧れ、
「あの人と一つになりたい」という渇望
そういう感覚を細やかに
自分で感じ分ける感性はその先です。

そして、「あの人になりたい」という
強い強い憧れ。

憧れの気持ちをもっともっと強くした思いです。

相手が身につけているものと同じものを
身につけたくなったり、
相手が好きだといった映画を
自分も観てみたりというのは
わたしにも経験があります。

異性ではなくて、同性の憧れも似た感覚ですよね。

わたしの場合は、先に紹介した
青島コートは象徴的でした。

ジャッキー・チェンには少年時代から
ずっと憧れていましたから
髪型はジャッキーでした(笑)

今は、スポーツ刈りがちょっと伸びた感じ。
ぜんぜん違っている。

先日は、あるホテルで長渕剛さん
ご本人と見違うほど全身が
ステージ上の長渕剛さんそのまんま
という出で立ちの男性を見かけました。

うわぁ!と、引きながらも
その有り様は感動するほどの完コピ。

ちょっと、ズレますがとある立体駐車場で
「バック・トゥ・ザ・フューチャー」のデロリアンや
「ナイトライダー」のナイト2000を観たときも
その芸術的な再現性に感動しました。

好きすぎる人が自前で作ったんでしょうね。

そういうのはもう、一種のロマンです。

アニメのコスプレをする人も
感覚的には近いのかもしれません。

でも、好きすぎて自分が相手になりたくて
相手を否定してしまうのでは本末転倒。

好きすぎて自分のモノにしたいから
相手を殺しちゃうという衝動を持った
殺人犯もいるようですが、
それも本末転倒ですよね。

身勝手。
そうまさに身勝手な行為。

でもなぜその身勝手な行動に行くほど
その感情が暴走するのか?

それがまさに自分と他者の境界線が
わかっていないということです。

あの人のようになりたい
あの人とひとつになりたい
あの人になりたい

そこ感覚の感じ分けも、
感覚の境界線を自分で見つけるという
意味では境界線のはなし。

それをちゃんとわかっている
お茶子や梅雨ちゃんは
それをまったくわかっていないまま
無邪気に飛びついてくる
トガヒミコに危険を感じている。

これが、このヒーローとヴィランの違い。

これらの感覚はどちらも
わたしたちの中にはありますから、
ちゃんと感じ分けましょうね。


           全ての物語のために
posted by ストーリーセラピスト at 08:00| Comment(0) | ストーリーセラピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。