お知らせ 2019年10月1日からこのブログ
「あなたの幸せ力を引き出すストーリーセラピー【ストセラ】」は
https://storytherapy.net/
へ移行します。

こちらのseesaa版は、これまでの記事のアーカイブとして残します。
今後とも、よろしくお願いいたします。

2018年04月30日

アニメ「弱虫ペダル GLORY LINE #16 遅れる総北」チームの力を引き出す魔法の力



アレしろ!コレしろ!
コレはダメ!アレはダメ!

って…やいやい言われて
憔悴している人たちがいます。

わたしの職場にも
残念ながら沢山います。

大きな会社で歯車として扱われ
自分が何のために働いているかわからない。

そんな気分が顔に出ている。

もしかしたら、わたしも
そんな状態になっていやしないか?

と、ハッとして怖くなることもあります。

わたしの場合は幸い
従業員としての顔だけではなく
フリーランスという顔も持っている。

だから、勤め先以外の、
もっと言えば全く異業種の企業とも
日ごろから接している。

だからまだ、その気分に取り込まれずに
なんとか保てている部分が
あるのかもしれません。

それにしても、リーダーシップというものを
持っていない名ばかりマネージメント職さんが
多いこと多いこと。

そんな中でも、本当に一生懸命
自分の部署やチームのことを考えて
みんなの元気を取り戻そうとしている
リーダーたちもいるんですね。

今回は、そういう人たちのために
部下や仲間たちから元気を引き出すものの
正体についての話題です。



ゴールデンウィークですね。仕事帰りに
天神を通ったら人が多くて駅まで大変でした。
もちろん休みもあって息子と
映画を観に行く予定です。朝一で!
観たら紹介しますのでお楽しみに。
今回はこちら、

アニメ「弱虫ペダル GLORY LINE」
第16話「遅れる総北」


を観ました。

泉田のスプリントリザルト獲得で
勢いづいた箱根学園は
先頭をひた走ります。

散り散りとなった総北は
苦戦を強いられていました。

先頭集団に張り付いている鳴子は
たった一人で
体力をすり減らしています。

手嶋、今泉と坂道くんは
熊本台一に抜かれ、
さらに後方集団も近づいている
と聞かされ、
さらに絶望的な状況に…。

しかし、そんな状況の中、
喜んでいるように見える坂道くんの様子に
気付いた手嶋。

坂道くんにわけをきくと
青八木と鏑木が追いついてくる
という事だからと
明るく答えました。

そんなはずはない!そんな期待はしない!
自分はキャプテンとして2人を
切り離したんだと否定する手嶋。

しかし、坂道くんに促されるまま
振り返った手嶋の目には…!



「僕のヒーローアカデミア」の主人公、
緑谷出久くんと同じく
このアニメの主人公、小野田坂道くんは
声を山下大輝さんが演じられています。

初めてヒロアカを観た時は
「同じ声だ」と思ったのですが。

いま、同じ時期に観ていると
出久くんは出久くん、坂道くんは坂道くんで
同じ声だということを忘れるくらい
その役にハマっています。

先週までスプリントリザルトで
箱根学園の泉田と京都伏見の岸神メインで
坂道くんの出番が無かったため
今回のお話で久しぶりに
坂道くんの声を聞きました。

出久くんとは違う坂道くを
ちゃんと演じ分けていて、
それが、テクニックを感じさせず
しっかりと画に魂を吹き込んでいるので
そういうのが本当に凄い。

20代の若い声優さんですが、
素晴らしいですね〜。

さて、本当にいい子、いい人な坂道くん。

どんどん遅れて
どんどん抜かれているというのに
後ろにいた手嶋も今泉も
坂道くんの「わくわく」に気づいてしまいます。

青八木と鏑木は2日目早々
千切れて後方に落ちてしまいました。

自分たちが遅れていると言うことは
後方が自分たちに近づいているということ。

青八木さんと鏑木くんが追いつく!
またみんなで走れる!

それが嬉しくてたまらない。

「レースなのになんだ!ふざけてるのか!」
って思わされないのは坂道くんだからですね。
心の底からみんなで走れることを喜んでいる。

しかも、「レースなのになんだ!」
と思わされないだけではなくて
坂道くんの喜びオーラに引っ張られて
手嶋や今泉までパワーをもらう。

これってなんなんでしょうか?

思うに、「喜び」という感情の中でも
人間が魂の奥底に持っている
共通した本質的な喜び…

それが、シンプルに表現されたときに
共鳴、共振、するんじゃないかな
と思います。

この場合は、自転車に乗ることの楽しさ。

勝ち負けだけではなくて
厳しさだけではなくて
自転車乗りが自転車に乗るその原点である
自転車の楽しさ。

前年のインターハイのときに
総北の監督が坂道くんを観て言っていました。

彼は自転車のりに大切な
楽しさを忘れていない。ちゃんと持っている。
と・・・

人の魂が本来持っている喜び。

これを感じ、自然と表に出る。

つらい時に、それぞれの中から
今を突破する力を引き出す。

そんなときに必要なこと。
見えてきますね。

そう言えば
「僕のヒーローアカデミア」では
相澤先生が強化合宿中の生徒たちに
「常に原点を忘れるな」
と言っていました。

何か、通じるものを感じます。

ドラマ「ヘッドハンター」では
黒澤が言います
「あなたにとって一番大切なものはなんですか?」

何か、通じるものを感じます。

あなたが魂の底から喜びを感じるのは
どんなことですか?


            全ての物語のために











posted by ストーリーセラピスト at 08:00| Comment(0) | ストーリーセラピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。