お知らせ 2019年10月1日からこのブログ
「あなたの幸せ力を引き出すストーリーセラピー【ストセラ】」は
https://storytherapy.net/
へ移行します。

こちらのseesaa版は、これまでの記事のアーカイブとして残します。
今後とも、よろしくお願いいたします。

2016年06月03日

ドラマ「重版出来! #8」自分の“共感力”に悩んでいる人へ



優しすぎて、人の心がわかり過ぎて、
自分が苦しんでしまう人がいます。

反対に、人の心がわからなくて、
わかってあげたいと思っているのに
わかってあげられなくて、
苦しんでいる人もいます。

そういうのって、どっちも優しいなって…

思いますよね?



最近は平日の休みが週に1日しかなく、
その日は録りためた番組を観ることで
ほとんどつぶれてしまっています。

ドラマ「重版出来!」 第8話

を観ました。

週刊「バイブス」は、“打倒エンペラー”がモットー。
しかしずっと2位に甘んじ苦戦中です。

そんなバイブス編集部内には
いつもに増して不機嫌な編集長・和田(松重豊)の
怒声が響いていました。

何もしなくても本や雑誌が売れていた時代とは違い、
役員たちは会議で数字(利益)のことばかりを
厳しく突っ込んできます。

出版業界も書店も日々、
厳しい現実にさらされているのでした。

そんな中、心(黒木華)は
和田に中田伯(永山絢斗)のネームは
「魅力に欠ける」といわれ何が欠けているのか悩みます。

そこに追い討ちをかけるように、
止まることのなかった中田のネームの筆が
突然止まったようだとの知らせが入ります。

さらに、連載が波に乗っていた大塚(中川大志)も
五百旗頭(オダギリジョー)に止められていた
エゴサーチをしてしまったせいで
ネームが描けなくなってしまいます。

大塚の弱点を冷静に見抜き
的確にアドバイスをする五百旗頭。

心が原因不明の中田のスランプに戸惑っていると、
五百旗頭が、中田の弱点は

「他人を理解しないところかもしれない」

と心に言います。
改めて中田のネームを見直した心は…。

一方、和田は
往年の名作ギャグマンガ『タイムマシンにお願い』の
電子書籍化の許諾交渉をするため、伝説の漫画家、
牛露田獏(康すおん)の家に通い続けていました。

かつて天才と呼ばれていたが、
酒におぼれ廃人のようになってしまった牛露田。

牛露田と共に暮らす中学生の娘・アユ(蒔田彩珠)は、
父の存在を恥じ、「お金にならないことに興味はない」と
孤独で荒んだ日々を送っていました。

そんなアユの唯一の心のよりどころは、
亡き母・祥子との思い出だけでした。

生活環境により学校でいじめを受けているアユに、
漫画を好きになってもらおうと考えた心は、
尊敬する書店員・河(濱田マリ)の人生を変えたという
ある一冊の漫画を渡します…。



今のところ、「ゆとりですがなにか」のクオリティが
かなり高いのは言うまでもありませんが、
個人的な好みで言えば、わたしの中での
今シーズントップは、この「重版出来!」で決まりです。

毎回思いますが、これこそ保存版で決まりです。
(「ゆとりですがなにか」も保存版と決めてますが)
最終回まで観たら、またすぐに
第1話から見返したくなりそうなドラマ。


さて、今回は中田伯の弱点。

「人の気持ちがわからない」こと。

なぜ、ここにわたしが引っ掛かるのか?

このブログを数記事でも
読んでいただいたことがある方には察しがつくでしょう。

そう。

わたし自身が自分のことで感じるところがあるから。

できれば、認めたくない。目をそらしていたい。
わたし自身の弱点でもあるということ。

自分は自分、人は人。
それが基本スタンス。
しかもそれがどうやら過ぎるようです。

「ようです」というのは、人から言われてやっと
「ああ、オレってそうなんだ…」
と思えるようになったから。

幽霊ですら、傷つけてしまうほどの
強さで「人は人」というスタンスを根っこに持っている
…というのです。

だから、霊も近づきたがらないのだとか。
この話をするときにいつもこの例の霊…逆か
この霊の例を出していますが、
書いてみて客観的に見るたびに、
霊も近づきたがらないって、どんだけ酷いんだよオレ…

って、あきれちゃいますよ。
でも本当に霊感が強い人に言われたんだから
どうやらホントらしい…。

でも、これはマンガ家や作家に限らず、
社会人として、商売人として、
切実に弱点・欠点となる部分であることも自覚しています。

わたしは心理学やマーケティングも、
それなりにお金をかけて学んできました。

仕事では15年以上にわたり
人の話を聴き、問題解決の手伝いをしています。
その殆どが電話だけでやっている。

だからこそ、共感力の重要性は身に染みて
痛感しているわけです。

社会で、人とともに生きていく限り、
人の思い、心を理解し、そこに寄り添い
手助けやサポート…
苦しみを癒したり、喜びを与えたり…
そういうことと無縁ではいられません。

わたしの場合は、自分の現状と
周囲の状況を可能な限り観察しながら
想像力で相手の気持ちをわかってあげられない部分を
補う努力をして、バランスを保とうとしています。

でも、まだまだ共感力が足りない。

だから、人の心が自分の中に流れ込み始めて
殻を破ろうとしている中田伯がうらやましいです。

わたしにもまだ燻ぶっているいるものがあって
殻を破りきれない自分を感じているから。

かといって、大塚のように
人の気持ちが流れ込み過ぎてしまうのは
大変だろうなとは思っても、うらやましいとは感じない。

極端に人の気持ちがわかり過ぎるのも
わからな過ぎるのも、
どこかで心の機能不全が起こる。

今回のお話の終わりのほうで、
マンガ家が猫かわいがりしているギャル系の恋人が
締切目前でまた家出をしてしまします。
そのギャル系恋人に帰るように説得する心に
ギャルがいいます。

「忙しいときに、仕事を放って迎えに来てくれたら
超ウレシーじゃん」

それに対して、心は言いました。

「ごめんなさい。わからない。
わかってあげたいけど、わからない〜!」

と(笑)

共感力も自分の共感力に対するスタンスも、
心くらいのバランスが一番いいんだろうなと思います。


               全ての物語のために













posted by ストーリーセラピスト at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ストーリーセラピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。