お知らせ 2019年10月1日からこのブログ
「あなたの幸せ力を引き出すストーリーセラピー【ストセラ】」は
https://storytherapy.net/
へ移行します。

こちらのseesaa版は、これまでの記事のアーカイブとして残します。
今後とも、よろしくお願いいたします。

2016年01月16日

「太極(TAI CHI)〜ヒーロー〜」呼吸で宇宙と一体になる



宇宙の法則にそって生きたい。

そんなことばかり考えながらも
思春期の等身大で悩んでいたのが
10代〜20代前半でした。

哲学的なことを考えるのが好きだったんでしょうかね…

もともとそんなことに興味がある性分のようです。
幼少のころから
「宇宙戦艦ヤマト」や「銀河鉄道999」などの
松本零士作品の世界や
「機動戦士ガンダム」に出てくる“人の革新”
なんて言葉に敏感に反応していました。

万古普遍の宇宙の原理原則。

そういうことも沢山考えていたのですが
ほかにもいろいろなことに興味は分散して
専門的にそればかりを学ぶ道には進みませんでした。

ちょっとだけ専門的に勉強したことと言えば
哲学ではなくて心理学の基礎くらい。

現代人は特に、目に見える物質的なことや
科学的に証明されていることばかりが
現実として受け止められ、
宇宙の法則だなんだというと
「あやしい」「なんかシューキョーっぽくない?」
なんて言われやすいです。

もはや「宗教」ではなく「シューキョー」なのも
なんだか変な時代ですが…

でも、数学だって物理学だって
宇宙の法則を解明しようとする学問です。
理系の学問は全部そう。

芸術だってそうですよね。
自分の内側にある小宇宙の断片
が芸術なわけですから。

宇宙を感じようとすること
宇宙の法則に即して生きようとすること…

幸せに生きるには、カギになる視点だと思っています。



久しぶりにワクワク楽しんだ香港映画シリーズ。
初めて見る若い武術家が、
見事な身体能力と、エンターテインメントな演出の
スクリーンの中で大暴れする作品。

「太極(TAI CHI)〜ヒーロー〜」


を観ました。

清朝末期の中国。
西洋思想に染まりきってしまったフォン率いる
鉄怪物の襲撃から、
秘拳の聖地・陳家溝を守り抜いたヤン。

しかし部外者には陳家溝の武術は教えられないと
一族の反発を受け、
追い出されそうになっていたとき…

宗師チェンの愛娘、ユーニャンが言いました。
「苗字が陳でないのが問題なのであれば、
わたしが婿にもらう」
と…

成り行きで結婚することになってしまい、
晴れて村人たちの仲間入りを果たしたヤン。

ところがその結婚式の日に、
かつて村から追放されたチェンの放蕩息子、
ザイヤンが数年ぶりに帰還します。

ザイヤンは、よそ者のヤンは
不吉の象徴であり、
いずれ村に不幸を招くと、
代々村に伝わる“鐘の伝説”を持ち出して、
ヤンを悪役に仕立てます。

そしてザイヤンと示し合わせていたフォンが、
大砲軍団を率いて再び村の襲撃を始めるのでした…。



突っ込みどころは満載かもしれませんが
とても見やすくて楽しいです。

本来は3部作ということらしいので、
3作目が楽しみなんですが、
この2作が2012年に出ていた作品なのに
3作目が未だ情報がないのが気になるところ…

監督のスティーブン・フォンは元俳優で若手です。
ダニエル・ウーやニコラス・ツェーたちと一緒に
「ジェネックス・コップ」の主役メンバーの中にいた
イケメンくんです。

最近見ないと思ったら、監督をやってたんだ〜

なんて思いながらも、独りよがりにならずに
わかりやすさと革新的な演出で
監督の手腕にも感心しながら楽しみました。


太極、八卦、陰陽…

武術は宇宙の法則を体現する動作です。
武術を学ぶことで宇宙と一体になる。

ただ筋力やスピードを鍛えるだけではなくて
宇宙の法則に沿った動作を学ぶことで
宇宙と一体になる。

それは呼吸と動作を一致させる
という雲を掴むような話なのですが
それが少しでも掴めると
とても言葉には出来ない心地好さがあります。

わたしは武術に没頭していた20代前半に
一度だけ全身全霊が
周囲の景色と一体となっていくような感覚を味わいました。

毎週日曜日に昼の13時から17時までの4時間。
突いたり蹴ったり飛んだり跳ねたり、
訓練をしていたのですが、
それはその練習の時にきました。

まだまだそんなに上手くもないのですが、
三時間が過ぎたころ、いつもはきつくなるときに
急に体が軽くなり、それまでに感じたことがないくらい
絶好調になったのです。

跳躍もびっくりするぐらい高く飛び、
体の軸がツンと通り、
筋肉は疲労しているのは分かるのに
手の指先、足のつま先まで
全ての動作を知覚しながら爆発的な力がでる。

先生も気づいていたようで、
いつもより20分早く練習を止められました。

練習を止められた途端に力が抜けて、
最後のストレッチもできずに床に倒れ込んでしまいました。
普段は帰宅してからやるマッサージを、
そのときは先生がその場でやってくれました。

あの多分20分から30分くらいの束の間のことでしたが
あの感覚は自分でも驚きでした。

でも、本当は宇宙と一体になるというのは
そんなに大変な修練をしないといけないとか
大げさな話ではなくて、
日々の生活のなかで出来ることです。

生活のひとつひとつの動作。
例えば皿洗いでも、呼吸と動作が一致して
穏やかに集中していれば
ちょっとしたバランスの変化…
皿が落ちそうな気配みたいなもの…
にも気付けるようになったりします。

正しい呼吸と動作の一致。

正しい呼吸を学ぶだけでも違うはず。

夜寝る前に横になって、腹式呼吸をして
ゆっくり全身の力が抜けるのを感じていく。

それだけでも体や気持ちが変わってくるし
普段の生活での精神状態も安定しやすくなります。

ポイントは最初に息をぜ〜んぶ吐き切って、
お腹で空気を吸って、一瞬に気を止めて
ゆっくり息を吐きながら全身の力を抜いていく。

そのあと数回普通に腹式呼吸をして、
徐々に自然な呼吸に変えていく。

周囲と一体になることをイメージしながらやってみてください。
そのまま眠ってしまっても良いし。
休憩時間にリラックスするために
椅子に座ってやってみるのでも良い。

呼吸は人の動作の基本です。


               全ての物語のために









posted by ストーリーセラピスト at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ストーリーセラピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック