お知らせ 2019年10月1日からこのブログ
「あなたの幸せ力を引き出すストーリーセラピー【ストセラ】」は
https://storytherapy.net/
へ移行します。

こちらのseesaa版は、これまでの記事のアーカイブとして残します。
今後とも、よろしくお願いいたします。

2015年08月27日

「ジュラシック・ワールド」次の幸せステージへの合図



幸せのカタチは人それぞれです。

結婚ができなければ幸せになれない。
家族が築けなければ幸せになれない。

と、「これが幸せと言うモノです」
というカタチがあるわけではありません。

それでも、わたしは
人間として生まれた以上、
家族を築き、子どもを育てるという経験は
人間としての成長と言う意味でも
ひとつ違うステージに上がれることだと
感じますし、

幸せのステージという意味では
その感じ方のレベルが
グングン上がっていくキッカケにもなると
信じています。

自分が親になる感覚がよくわからない…
という場合は、周囲の人が親になった時に、
赤ん坊に触れる機会があるといいですね。

その時に、わき上がる感情に
敏感になって欲しいと思います。



世界No1記録達成…
そのニュースを知ってからも、
劇場へ足を運ぶかどうか、迷っていました。
でも、台風で仕事も大変だったことから解放されて

「ジュラシック・ワールド」

を観に行ってきました。

ザックとグレイは1週間ほど両親のものとを離れ、
世界的な恐竜のテーマパーク、ジュラシック・ワールドへ
遊びに行くことに…

パークの責任者であるクレアは、
ザックとグレイの叔母。
2人を迎え入れたのは良かったのですが、
仕事が忙しくて2人の面倒を助手に押し付けて
自分はビジネスに大忙し。

遺伝子操作によって新種の恐竜
インドミナス・レックスを誕生させたクレアは
恐竜の飼育をしている元軍人の
オーウェンにインドミナス・レックスの
檻の強度について相談をしようとしていました。

しかし、様々な動物のDNAで構築されている
インドミナス・レックスは驚くべき知能で
檻を脱走します。

毎日2万人以上の人出賑わっているパーク。
家族連れがひしめくパークに
脅威が猛スピードで向かい始めます。

そんな中出された緊急避難の放送。
しかし、クレアの助手から逃れたザックとグレイは
パーク内でさ迷うことに・・・



見て良かったです♪

映画が終わった後、
「面白かった〜」という声が
ため息とともに自然と口をついて出ました。

世界No1記録と言うのは
夏休みに家族連れで観れるという
タイミングや条件にも助けられているとは思います。

それでも、「映画ってこうだったよね」
というドキドキの世界に連れて行ってくれる。

劇場で見ておいて本当に良かった。


クレアは姉であるザックとグレイの母親から
2人のことを託されるのですが、
一緒にパークを回ってやれずに
2人から離れたことをひどく後悔することになります。

そんなクレアがどう変わっていくのか?

ファミリームービーにふさわしいテーマでした。


わたしには妹と弟がいます。

中でも一番に結婚したのが妹です。

わたしが結婚するよりも前に、
すでに長女を生んでいました。

初めて、赤ん坊である姪を抱いたとき
身体の内側からわき出した感情…

愛おしさの一種ですが、
そんな感情が自分の中にこんなに強く芽生えるのか?

という発見は、妻と結婚し、
2人の間に子どもができることを
恐れるよりも待ちわびるほうに気持ちが向かった
そのキッカケにもなっていたかもしれません。

学生の頃にも、早くに友人が結婚していて
友人たちと集まるときには
子連れで来たこともありました。

その時は、自分の小さな分身がいるって
どんな感じなんだろう…

と想像はめぐらせはしましたが、
自分もいつかは親になるという
漠然とした想像だけで、
わが子の誕生を待ちわびる気持ちまでは
湧きませんでした。

友人の子と、身内の子という違いも
無いとは言えませんが、
精神的な成熟度がもっとも大きかったと思います。

それでも、あそこで妹の娘を抱っこすることがなければ、
わたしが子を持つのは、もっと遅くなっていたかもしれません。

身近な人が家族を持つことをどう受け取るか?
それは人それぞれでしょうが、
それを目の当たりにするときの自分の感情には
敏感になって良いと思います。

幸せのレベルを次のステージへ向ける
自分の中の合図に気付けるはずです。


                 全ての物語のために















posted by ストーリーセラピスト at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ストーリーセラピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。