お知らせ 2019年10月1日からこのブログ
「あなたの幸せ力を引き出すストーリーセラピー【ストセラ】」は
https://storytherapy.net/
へ移行します。

こちらのseesaa版は、これまでの記事のアーカイブとして残します。
今後とも、よろしくお願いいたします。

2015年04月28日

ドラマ「Oh,My Dad!!(オーマイダッド) #7」その2 あしたもあさっても、ずっと今日だといいのに



先日、弟とドライブ中に弟が言いました。

「子供のころに当たり前に見ていた景色が
今は年に1、2回しか見えない」

それだけではわからず、詳しく聞きました。

大人になってから年に1、2度、
目に映るもの、感じる空気、
そういったもの一つ一つが鮮明に
今ここに存在するものとして伝わってくる。

でも、子供のころはそんなことは
いつも感じていて、
それを当たり前の世界として
その中で生きていたような気がする。

…と。

なるほど、よ〜くわかりました。

昔から芸術的感覚が優れている弟も
日々のサラリーマン生活で
自分の感受性が鈍っていることを感じているようです。

わたしは弟に言いました。

「おれは、月に1-2回は感じられているかな…」


あなたは意識したことがありますか?

自分の身の回りの景色すべてが
今そこにあるという存在感を発していて
自分の感受性がそれらをビンビン受信する。

確かに、子供のころは頭で意識はしないまでも
その感じ方も含めて当たり前の景色でした。



春の番組改編時に連続ドラマがなかったので、
以前見ていて印象に残っていたドラマを
観返し始めてしまいました。
4月の新ドラマスタートまでに見終えるつもりでしたが、
残念ながら今のところ7話目までしか見れていません。
でも、夢を持ちながら
家族を守りたい父親であるわたしにはやっぱりいいドラマです。

ドラマ「Oh,My Dad!!(オーマイダッド)」

第7話を観返しました。

マグネシウム空気電池の発明で18年前に
一躍時の人となった科学者・新海元一(織田裕二)は、
それ以来、研究に没頭し今では家族を顧みることも
していませんでした。

元一には仕事がないため生活も苦しく、
妻の紗世子(鈴木杏樹)は
息子の光太(田中奏生)と元一を残して
家を出て行ってしまいます。

家賃も払えずアパートを追い出された元一と光太は
公園暮らしをしたりインターネットカフェや
ファミレスに潜り込んだりして
なんとか生きながらえていました。

そんな時に高校時代の恋人、
早坂美月(長谷川京子)に助けられます。
美月の会社のインターン制度を利用して
社員になることを目指す元一。
美月と同じ会社にいた元一の後輩、
岸田史顕(八嶋智人)の助けられながらも、
ドタバタな日々を一生懸命生きていました。

しかし、1ヶ月が過ぎたころ
妻・紗世子から連絡があり、
離婚の申し出を受けたのです。
しかも、光太は紗世子が引き取りたいと…

そんな中での第7話…

離婚調停で光太の親権は紗世子が持つことが告げられます。
光太の引き渡しは保育園の都合もあり、10日後と決められました。

「これから何のために頑張ればいいんだろう」

失意の元一はその現実から逃れるように
インターンの仕事に没頭します。

光太に、離れて暮らさなければならないことを
なかなか打ち明けられない元一は
光太が大好きな鉄道の博物館に連れて行き、
楽しい思い出のまま、
前向きに打ち明けようと決めたはずでした…。



最後の思い出に奮発したのか、
鉄道グッズ売り場で光太に電車のおもちゃを買った元一。

結局言い出せないまま、2人で帰路につきます。

楽しくて楽しくて仕方なかった光太はいいました。

「あしたもあさっても、ずっと今日だといいのに!」

その言葉に胸が詰まって、
元一はなおさら言い出せなくなります。


「あしたもあさっても、ずっと今日だといいのに!」

周囲の景色の波長と自分の感受性の波長が
しっかりと共鳴しているとき、
わたしはそんな風に思います。

いつもこれを味わっていたい。

家族でリビングにいるときに、
ふと、今だけしかない一瞬の幸せなんだと気づくとき、
未来永劫この幸せが続けばいいのに!
と心底思います。

そんな風に思える“今”を感じられるということ自体が
幸せなことですよね。

弟もわたしも、幸せな少年時代を過ごせていたんだと
つくづく思います。

本当に儚い一瞬です。

わたしの妻は、息子が生まれてから1歳になるまで
毎日写真を撮って息子の様子を記録しました。

生まれたばかりの赤ん坊は毎日成長します。
どんどん変わっていきます。

最近わたしがひしひしと感じているのは
息子の声です。

今小学5年生ですから、もうすぐ変声期を迎えるでしょう。
低い、男らしい声になる。

今の彼の声とはサヨナラです。

そう考えると、本当に一日一日の儚さが
愛おしくてたまりません。

こんな思いを一瞬一瞬させてくれている
息子の存在にも、わたしたち家族の人生にも
心から感謝しています。

本当は感謝する間も惜しいくらい
一瞬一瞬を味わいたい。

あしたもあさっても、ずっとずっとずっと!!
今日だったらいいのに!!


                 全ての物語のために









posted by ストーリーセラピスト at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ストーリーセラピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック