お知らせ 2019年10月1日からこのブログ
「あなたの幸せ力を引き出すストーリーセラピー【ストセラ】」は
https://storytherapy.net/
へ移行します。

こちらのseesaa版は、これまでの記事のアーカイブとして残します。
今後とも、よろしくお願いいたします。

2015年02月28日

ドラマ「問題のあるレストラン #6 遂に全員集合!恋も新展開!?」勇気と癒しも連鎖する



「ここはニコニコあいさつ通りです!」

小学生の頃、下校の時に
好きな女子たちとワイワイ言いながら帰っていると
女子たちが電信柱の横に並んで立って
わたしたち男子に向かってこう言って笑顔になりました。

何やってんだ?と思って電信柱を観ると
「ここはニコニコあいさつ通りです」
と書かれたポスターが貼ってありませいた。

笑顔のままタイミングを合わせてお辞儀をする女子。

ませガキだったわたしは、
あっさりと「カワイイな〜」なんて
ハートを射抜かれていました(笑)

なぜ、朝の挨拶が大切なのか?
分かりますよね。

み〜んな、子どもの時から言われているはずです。
朝は笑顔であいさつしましょう!
朝は元気なあいさつから!

そう。

あなたの笑顔が相手の笑顔になって、
その相手がまた他の人を笑顔にする。
そうやって笑顔の連鎖で街の一日が始まる。
だから、朝は明るいあいさつからはじめよう。

…日本人なら誰もが知っていることです。

連鎖するのは笑顔だけではありませんよね。



ドラマを観るのが忙しいくせに、
映画に浮気をしていたら、とうとう一周分、
どらまに追いつかれてしまいました!!
遅ればせながら!!!

ドラマ「問題のあるレストラン」

第6話、「遂に全員集合!恋も新展開!?」
を観ました。

突然、『ビストロ フー』に門司(東出昌大)がやってきます。
たま子(真木よう子)に会うためでした。

驚くたま子に持参したポトフを差し出し、
「店を辞めて俺の嫁になれ」とイキナリ告げる門司。

たま子にポトフを食べるよう急かして、
心のこもった温かい味がするかどうか尋ねました。

門司は、料理に心がこもっていない、
とたま子に言われたことをずっと気にしていたのです。

同じころ、結実(二階堂ふみ)は星野(菅田将暉)とともに、
とあるタワーマンションを訪れていいました。

ベンチャー企業の融資の相談に乗ってもらえると、
星野の知り合いから紹介されたのです。

しかし、結実が目にしたのは、
水着姿やバニーガール姿で待機している女性たちでした。

別室に通された星野は、
部屋にいた米田(加藤慶祐)という男から
強引に10万円を掴まされて、結実を残して帰ってしまいます。

一方、『ビストロ フー』ではハイジ(安田顕)の恋が
千佳(松岡茉優)や鏡子(臼田あさ美)の間で話題になっていました。

どうやらロビン(ジョナサン・シガー)という外国人客に
あからさまに恋をしてしいるようなのです。

ハイジは注文も受けていないのに
愛情たっぷりの可愛いデザートをロビンのために作ったりします。

そんなある日、開店準備をしていたたま子は、
通りであたりを見回していた結実の姿を見つけ、
強引に店まで引っ張ってきます。

そんな結実を温かく迎え入れる仲間たち…
するとそこへ、結実がタワーマンションで出会った
米田たちが客として現れ、結実の傷を知ったたま子たちは…。



結実の辛さがみんなに分かってしまうシーンは
同時に、熱いシーンでもあります。

あとで奈々美(YOU)が言います。
「腹にすえかねた」と…

そして、奈々美の決意をたま子に話し、
たま子はその決意に救われて、涙を流します。

奈々美はずっと働きもせず、
たま子にくっついていたキャラクターです。
『ビストロ フー』が始まってからも、
ちょくちょく顔を出しはしますし、
手伝うこともありますが、基本は客。

その奈々美が本当の正体を明かして、
たま子に宣言します。

昔仕事で傷つき10年間休んでいたのです。
菜々美はいつも明るく前向きなたま子の近くにいて、
元気をもらいながら癒されていたのかもしれません。

たま子も含め『ビストロ フー』に集まってくる女性たちは
みんなそれぞれ傷ついています。

そんな彼女たちを観ていて、
奈々美の中の本当の傷の癒えた奈々美が、
勇気を取り戻して来たようです。

たま子の癒しがみんなに連鎖し
みんなが元気になってきているように、
奈々美も元気になり、
今度は奈々美が矢面に立って、
たま子の勇気を奮い起させる側に立ったのです。

癒し、元気、勇気…

時間がかかるものもありますが、
それでも優しさや、勇気というものは
必ず人に伝わり、その人からまた周囲の人に伝わっていく。

「ここはニコニコあいさつ通りです!」

基本は、朝のあいさつと笑顔からです。



                 全ての物語のために



坂元裕二脚本作品













posted by ストーリーセラピスト at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ストーリーセラピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック