お知らせ 2019年10月1日からこのブログ
「あなたの幸せ力を引き出すストーリーセラピー【ストセラ】」は
https://storytherapy.net/
へ移行します。

こちらのseesaa版は、これまでの記事のアーカイブとして残します。
今後とも、よろしくお願いいたします。

2015年01月08日

TVスペシャルアニメ「名探偵コナン 江戸川コナン失踪事件 史上最悪の二日間」自分プロデュースの切り口



わたしが会社で自分の望む部署へ異動できたのは、
社内で自己プロデュースをしたからです。

自己ブランドを演出したんですね。

最初はただの電話オペレーターでした。
しかし、どうやらその部署で出世というのは見込めそうにない。

明らかに自分の才能とは別の才能を持っている人たちが
どんどん出世していくのを観ていたので
その部署で出世させる会社が求めている人材が
どんなものかはよ〜く知っていました。

努力して自分にできることであれば努力もしますが、
数年頑張ってみて明らかに無理。

例えば将棋のプロに、
野球のメジャーリーグで活躍しろっていっても無理ですよね。

その位、自分には合わないことが分かりました。

だったら自分なりのやり方で戦うしかない。

わたしはそれまでの経験と、
新たに学んだ心理カウンセリングの知識を使って
会社にアピールし、まず人材育成の仕事に加わりました。

マーケティングの勉強は10年以上していたので、
その知識を会社内で使ったわけです。

企業内起業。需要を確認して、そこにアプローチした。
臨時の新たなチームを作らせてもらい、
それなりに結果を出しました。

他にもオペレーターとして出してきた実績もあったので、
また機を狙っていました。

そこで、クレーム対応の仕事をするようになり、
対応責任者として、もともとオペレータとして
わたしの上司だった人たちの相談に乗る立場に着きました。

今は、どういった切り口で
スタッフの育成の向上をプッシュしていくか?
画策中です。



2014年暮れに金曜ロードSHOW!で放送された
アニメ「名探偵コナン」の新作オリジナルスペシャル。

「名探偵コナン 江戸川コナン失踪事件 史上最悪の二日間」

を観ました。

コナンくんは同級生たちとサッカーを楽しんでいて、
秘密道具のシューズと眼鏡を壊してしまいます。

阿笠博士の家に新しいシューズと眼鏡を取りに行ったコナンくん、
阿笠博士の家のお風呂が壊れてしまったことで、
灰原哀を連れて毛利蘭と一緒に銭湯へ行くことになりました。

ところが銭湯で、足を滑らし派手に転倒して気絶してしまいます。
そのまま「病院に連れて行く」と言って怪しい男と2人が
コナンくんを連れて行ってしまいます。

ひとりは、人相の悪い入れ墨の男・タツ。
裏の世界では『アドリブのタツ』として有名なんだとか。
もうひとりは伝説の殺し屋・コンドウと呼ばれます。

実は、2人は極秘裏に銭湯で任務を遂行していたのですが、
怪しむコナンに感付かれたと思い連れ去ったのでした。

しかし、コナンが目を覚ますと、
頭を打ったショックか、記憶喪失になっているようです。

そのころ、毛利探偵事務所には浮気調査の依頼人が来ていました。

依頼人の名前は香苗。
美人に弱い毛利小五郎は香苗と共に
元便利屋だったという夫の仕事場へと向かいます。

そこで夫の写真を見せてもらう毛利探偵。
その写真に写っているのはコンドウでした…。



脚本が「鍵泥棒のメソッド」の脚本・監督を務めた、内田けんじさん。
同作で第36回日本アカデミー賞・最優秀脚本賞を受賞した人。

職場の先輩も、小学四年生のわたしの息子も
「めちゃくちゃ面白かった!」
と言っていたので、いつもは息子が見たら消すのですが、
わたしも見てみようと思ったのでした…。

面白かった〜♪(笑)

わたしは邦画の「鍵泥棒のメソッド」と言う映画が大好きなのですが、
実はこの「名探偵コナン 江戸川コナン失踪事件 史上最悪の二日間」は
なんと、「鍵泥棒のメソッド」の正式続編になっているんですね!

実写の続編がアニメで、しかも「名探偵コナン」の世界で描かれる。

異世界競演好きのわたしにとっては
嬉しい嬉しい!!展開でした。

コンドウは「鍵泥棒のメソッド」でコンドウ役の香川照之さん
そしてラストでコンドウと恋に落ちた、香苗は広末涼子さんが演じていました。
キャストそのままです。
「鍵泥棒のメソッド」の主役:桜井が堺雅人さんではなかったのが
ちょっと残念でしたが、さすがにスケジュールの都合や
ギャラ、それに今回のお話の役回りを考えて
やはりオファーできなかったのでしょうね。



わたしの息子も会社の先輩も「鍵泥棒のメソッド」は見ていませんが
それでも「面白かった!」と思った作品ですから
単体でも良くできた作品であることは間違いありません。

今までのコナンくんファンも、新しいテイストで
ワクワクしたんじゃないでしょうか?

わたしが「鍵泥棒のメソッド」と言う作品が好きなのは、
作品が良くできているからというのももちろんありますが、
一番の理由はコンドウというキャラクターです。

スゴ腕の殺し屋として名をとどろかせているのに
実は殺しの報酬を受け取りつつも、
殺しの依頼を受けたことを標的に知らせて
逃がしてやる「逃がし屋」が本業。
そして逃がし屋としての報酬も受け取っている。

ワルからは金をだまし取り、
命を救った人間からも報酬をもらう。

スマートなダークヒーローとしての設定が良くできているからです。

ビジネスの切り口としてもとても面白い。
もちろんエンターテインメントの正解だから
「面白い」なんて言えるんですが、
この“切り口”という考え方はマーケティングや
集客を考える時も非常に重要です。

ただの「マッサージ機、要りませんか?」と売るよりも
「血行が悪くて健康を害していませんか?」
と血行が悪くて悩んでいる人をターゲットにして
その解決策としてマッサージ機を提案する。

そうすれば売り込みではなくて、
悩みを解決したお助けマンとして感謝されて物が売れる。

これが、切り口。

じゃあ、その悩みを持つ人をどう探すのか?
というところまで、実はわたしも勤務先の仕事とは別に
アドバイスしたり、手伝ったりしています。

そういった知識と、心理学を融合させたのが
企業内起業をした人材育成のサポートチーム。

そして、電話応対、お客さま応対の
技術を最終的に極めたいと思ったらクレーム対応の
プロになること…

実はクレームとマーケティングは表裏一体なんですね。
クレームを裏返せばマーケティングが整っていく、
マーケティングを整えていけばクレームが減っていく。
いわばクレーム改善マーケッターでもあるわけです。

そして、恋愛、
特に男性が女性を口説くときのファーストアプローチや
女性が好きな男性に「この女性を放したくない!」と思わせる方法
なんてのも、心理学とマーケティング、そしてクレーム対応、
さらには人材育成や育児を元に考えれば可能になっていくわけです。

だから純愛コンサルタントという活動もやっている。


そんな風に切り口を探すのが好きなので
コンドウというキャラクターの切り口はスマートだな〜と
しびれるんですね。

コナンくんも“良い人”だと認めたコンドウ。
それは彼の根底にある優しさにもあるのでしょう。

だから、いくら切り口を考えついても
嘘ついたらダメですよ。それは詐欺です。

でも、使い方さえ間違わなければ
「切り口」という考え方は、あなたの魅力をより良く
輝かせてくれるはずです。


                 全ての物語のために











posted by ストーリーセラピスト at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ストーリーセラピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック