お知らせ 2019年10月1日からこのブログ
「あなたの幸せ力を引き出すストーリーセラピー【ストセラ】」は
https://storytherapy.net/
へ移行します。

こちらのseesaa版は、これまでの記事のアーカイブとして残します。
今後とも、よろしくお願いいたします。

2014年12月25日

アニメ「弱虫ペダル GRANDE ROAD (第2期) #11 サバイバル」人の3倍やれちゃうこと




何かを成したいと思ったら
「人の3倍やりましょう」と言われます。

わたしも今年秋に愛読書の著者のセミナーに行き
その著者さんに、成功の秘訣を聞いたときに言われました。

よし!やろう!

と思い立ってみたものの…
人の3倍やるってとっても難しい。

要するに努力の継続って難しいんですよね。

英会話、ロジカルシンキング…
ダイエット、何かの資格の勉強…などなど、
いままでに思い立って、
結局モノにならずに止めてしまって

「結局自分は続かない性格なのかな…」

って挫折感だけが残ることってありますよね。

でも、それって本当は
“何をするか”の選択も大きく左右していると思います。



純粋自転車競技アニメ
小学4年生の息子と一緒に見ていますが
最近は毎回2人で興奮して見ています。

アニメ「弱虫ペダル GRANDE ROAD (第2期)」

第11話、「サバイバル」を観ました。

過去の自分に捕われず、
前だけを見続けてきた荒北。

待宮たちに圧倒的な実力の差を見せつけて、
不思議ちゃん2人…真波と坂道くんを連れて
先頭集団に合流しました。

総北、箱根学園共に6人全員と京都伏見の2人…
先頭集団が揃い、インターハイ3日目は、
遂にラストステージへ突入します。

ゴールに向けてチームの士気が高まる中、
坂道くんは今までとは違う緊張感に
押し潰されそうになるのでした…。



これまで数回に分けて
凄さを見せつけてきた荒北が、
この回で最後の仕事を見せつけます。

またもや過去の回想シーン…
福富は早くなる方法を聞いてくる荒北に

「人の3倍練習しろ」

とだけ言いました。

荒北はそれを守って、
1人で人の3倍練習を積んできたのです。
荒北は中学時代は野球をやっていました。
しかし腕を壊して野球ができなくなり
ふて腐れて不良をしていた時に
福富に出会ったのです。

荒北の原付を追い越す福富のロード自転車。

それが荒北が自転車を始めるキッカケでした。

つまり荒北もまったくの自転車ど素人から
インターハイの先頭を走るまでになったのでした。

最後の力を振り絞って、前半の平地を惹く荒北。
やがて全てを出し切りました。

坂道くんは全てを出し切った荒北の姿を観て
ショックを受けますが、
荒北本人は負けではなく、
やりきったという最高の勝利の味を味わっていたことでしょう。


観ていて羨ましくなりました。

やりきる…

その気持ちよさ…自分が味わったのはいつ以来だっただろう…
最近は、なんだかやりきってないんじゃないか…?

すこし自信がなえてきました。

でも、良く考えると勤務先でのクレーム対応も
自分でやっている仕事も
たまに手伝うカメラマンの仕事も

一山超えたときに味わっていました…
どうだやったぞ!って。

なぜ、その意識がないのか?
なぜ、自分は怠け者だと思い込んでいるのか?

それは、全力でやっていることの周りには
途中で挫折したり、イマイチ気乗りしなくて
ダラダラやってしまっていることも
たっくさんあるからです。

で、全力でやっていることは、
なぜ全力でできているのかを考えると…

実はやろうと思ってやっているわけではなくて、
『やってしまっている』

そう、気がついたら本気も本気、
チョ〜!ムキになって突っ走ってしまっている。

じゃあ、それをやっている最中に
楽しいのかというと、楽しいものもあれば
全然楽しくない、
むしろやめたいと思いながらやっていることもあります。

それでも、『やってしまう』

これって、自分が何を成せるのか?
のヒントだと思っています。

“天職は探すと見つからない”

と言われることがあります。

あれ?なんで俺、こんなことに夢中になってるの?
なんでこんなにムキになってやっちゃうの?

ってこと…知らず知らずのうちに
本当はやっていることに
気付けるかどうか?

そこを上手く利用して、自分が望む未来を
手繰り寄せるために工夫する。

そうすれば、何なら「人の3倍」できるのか分かります。
そして、自分が望む未来にその力をつなげるための
方向性も見えてきます。


                    全ての物語のために











posted by ストーリーセラピスト at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ストーリーセラピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック