お知らせ 2019年10月1日からこのブログ
「あなたの幸せ力を引き出すストーリーセラピー【ストセラ】」は
https://storytherapy.net/
へ移行します。

こちらのseesaa版は、これまでの記事のアーカイブとして残します。
今後とも、よろしくお願いいたします。

2014年11月10日

ドラマ「素敵な選TAXI #4」急いでいるときこそ平常心



わたしが車の免許を取ったのは
19歳になる歳の夏。

その年は実家で浪人生活をしていて
受ける大学も芸術系に絞っていたので
授業は国語と英語のみ。
あとは実技か小論文だけでしたので、
他の文系・理系の人たちと違って
予備校も常に午前中で終わっていました。

ですから、空いた時間を利用して
春から夏にかけて教習所に通い、
大した補修もなく一発で免許も取得しました。

その年は父の車を練習がてら
運転させてもらう程度でしたが、
翌年、大学に入学すると、
両親とも離れて暮らすようになり、
中古の軽自動車を手に入れました。

大学にも車で行くようになると、
世間の出勤ラッシュなどとの戦いが始まります。

大学は、単位制ですから出席が足りないと
すぐに翌年のその授業の再受講が決まってしまいます。

わたしは大学への朝の通学で2回、
夕方、バイトに急ぐための帰宅の際に1回、

計3回、その軽自動車で事故を起こしました。
全て他の車との接触事故です。

それ以来「おじさんみたいな運転ですね」
と言われるほど、落ち着いた運転をするように
なっていますが、やはり若いころは
慌てると、注意が散漫になっていたんですね・・・



お笑い芸人のバカリズムさんが脚本を務める
フジテレビの作品

ドラマ「素敵な選TAXI」

第3話を観ました。

町工場で働く朝倉(勝地涼)は、
ある日突然会社をクビになりました。

もう何年もお世話になっている工場で
社長も上げた拳を振り下ろせず
ついクビだ!と言っただけのようですが、
ふて腐れっ放しの朝倉に、
余計に引っ込みがつかなくなった様子。

ふて腐れたまま、退職金の10万円を握りしめ
会社を後にする朝倉。

バスの中で偶然宝くじを拾い、
調べてみると、なんと1億円の当選くじでした。

早速、停まっていた“選TAXI”に乗り込み、
銀行へ換金しに行きますが、渋滞につかまり、
途中で窓口が閉まる午後3時を過ぎてしまいます。

さらに、運転手の枝分(竹野内豊)から、
それは去年の当選くじだと指摘され、
支払い期限が今日までと分かってがっかり・・・。

「あと30分早ければ…」。

肩を落とす朝倉に、
枝分はいつものように
「このタクシーなら、やり直したい過去の分岐点に戻れますよ」
と説明するのでした。

「本当に戻れるなら」と
バスに乗る前へと戻った朝倉は、再び宝くじを拾い、
今度は脇目も振らず銀行へと向かいます、
ところが窓口では当選金の受け取りに
身分証と印鑑が必要だと告げられ、
急いで自宅へ戻り、
夫の怪しい行動に不安を感じた妻・明日香(真野恵里菜)の制止を
振り切って、再び銀行へ猛ダッシュ。

でも、ちょうどシャッターが閉まり、またしても間に合いませんでした。

諦めきれない朝倉は、“選TAXI”でもう一度、
バスに乗る前へ・・・。



福井晴敏さん原作の映画化「亡国のイージス」では
防衛庁の秘密諜報組織DAISの工作員として
クールな役どころでメジャー作品に登場した
勝地涼さんが今回のゲスト。
さまざまな役ができる俳優さんになっているんですね。

見ていると、自分でもこうなるだろうな・・・
と共感しながらも、どこかハラハラしていました。

いろいろすったもんだの末、
今度こそ!いろいろな問題をクリアして
銀行に急ぐ朝倉は舞い上がっていました。

周囲が全く見えていない。
枝分かれも注意を促していましたが、
急ぎながらも慎重さはなくしてはいけない。

わたしが小学生のころに好きだったアニメで
宮崎駿さんが脚本・監督をされていたTVシリーズ
「名探偵ホームズ」という作品がありました。
登場人物がみんな犬のキャラクターのヤツ。

ホームズ役は、故・広川太一郎さん。
火事になった建物から逃げるときに
あのノホホンとした声で
「みなさん、落ち着いて慌てましょ〜」
みたいなことを仰るんですが、
わたしが学生時代に接触事故を起こした瞬間、
いつもあのシーンがフラッシュバックしていました。

今でもわたしは、あと一歩というところで
焦ってしまうところがあります。

あと一歩、詰めが甘い、ということが多々起こる。
つまり、最後気を抜いちゃいけないところで
気を抜いてしまう。

軽自動車で事故を起こしたときも、
あと少しで大学の駐車場というところや、
あと少しで自宅、という場所が多かったです。

ドラマの朝倉も、あと少しで・・・の連続。

改めて、自分を省みるいい機会になりました。


                  全ての物語のために











posted by ストーリーセラピスト at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ストーリーセラピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。