お知らせ 2019年10月1日からこのブログ
「あなたの幸せ力を引き出すストーリーセラピー【ストセラ】」は
https://storytherapy.net/
へ移行します。

こちらのseesaa版は、これまでの記事のアーカイブとして残します。
今後とも、よろしくお願いいたします。

2014年10月13日

「ゲノムハザード ある天才科学者の5日間」第一感情と向き合う勇気



優しい人は強い人です。
怒ってばかりの人は弱い人です。

なぜか、印象としては逆に見られることが多い。

何度も書いてきましたが、
怒りは自己防衛本能ですから、
怒りが湧いた時点で自分を守ろうとしているのです。

守らないと自分が辛いから、牙をむく。
つまり、打たれ弱い人。

優しい人は、牙を向かず受け止めたり
上手に吸収したり出来ます。

だから本当に強い人なのです。

じゃあ、どんな感情から自分を守ろうとするのでしょうか?
あるいはどんな感情と向き合えれば良いのでしょうか?

怒りという防衛感情、つまり第二感情の前に
本来湧き上がる感情、第一感情と向き合う必要があります。



日本・韓国の合作映画で、
静かに話題になっていた映画がありました。
すでに、TSUTAYAでも準新作になっていましたので
借りてみました。

「MOZU Season2」がもう直ぐ地上波でも
放送が始まる、話題の西島秀俊さんの主演作品。

「ゲノムハザード ある天才科学者の5日間」

を観ました。

デザイン事務所に勤める石神(西島秀俊)は
誕生日のその日、仕事から帰宅すると
血を流し、息絶えている妻の姿を発見します。

しかし、石神が我を失いかけたその時
自宅の電話が鳴り出して、出ると、
架けてきたのは目の前で死んでいるはずの妻でした。

「今、実家にいるの、明日戻るから」と告げる妻。
「本当にお前なんだな!?生きてるんだな!?」
と必死で問いかける石神に妻は「何?わたしに死んで欲しいの?」
と日常の掛け合いで返します。

そのとき、警察を装った男達がやってきて、
男達とともに玄関から部屋に戻ると
妻の死体は消えていました。

警察を名乗る男達と同行するため
一旦車に乗車した石神。

しかし、彼らが警察に向かっているわけではないことを
感じ取り、隙を突いて逃げ出します。

ひょんな因縁で近くにいた韓国人女性記者(キム・ヒョンジュン)
の助けを駆りながら、次第に自分自身にまつわる
秘密が明らかになっていきます。



雑誌のインタビューで読んだことがあります。
西島秀俊さんはジャッキー・チェンの映画が好きで、
考え抜かれたアクションを自分でもこなしたいと
思っている俳優さんです。

「MOZU」シリーズでもそうですが、
この「ゲノムハザード ある天才科学者の5日間」でも
ソウルのハイウェイを車がビュンビュン行き交う中を
すり抜けたり、冒頭で韓国人女性記者が運転する車には
派手に体当たりして引かれていました・・・

劇中でケガをして上半身を一部さらしますが、
鍛え抜かれた身体はシュワルツェネッガーみたいでした。


さて、何よりも演じることが大好きな西島さんが演じる石神・・・、

彼は自らの記憶により、彼の妻への愛情が
とても苦しい状況に追い込まれます。

そして、そこにはある人物の欲にまみれた思惑が
絡んでいるのですが、そこに関わっていた人全員に対し
怒りをあらわにはしませんでした・・・
主犯格以外には。

自分をだましていた人たちに対しても
「お願いです」と真実を聞こうとし、
真実を聞いた後は、巻き込んだことへの謝罪を伝え、
自分をだました人の幸せを願うほど・・・

心優しく、誠実な愛情深い男。

普通は、自分をだましていた相手を罵ってもおかしくない。
しかし、彼はそれをしないんです。

彼のおかれた状況は、真実を知ること自体がもう
残酷なほど・・・

それでも、自分をだました人物のところへ出向き
面と向かい彼らの幸せまで願っている。

強さとはこういうことだと思います。

観ていて切なくて涙が出てしまいます。

寂しさや悔しさ、切なさや悲しみを
怒りに変えて自分の心を守ろうとせず、
第一感情のまま、まっすぐ真実と向き合い、
関わった人たちの幸せを願える。
もうじき自分はそのせいで死ぬかもしれないというときに・・・
そのせいで大切な人の命まで奪われたというのに・・・

切なさ残る作品でしたが、
素敵なものを魅せてもらえたという感謝が湧きました。

こんな強さを目指したい。


                     全ての物語のために











posted by ストーリーセラピスト at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ストーリーセラピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。