お知らせ 2019年10月1日からこのブログ
「あなたの幸せ力を引き出すストーリーセラピー【ストセラ】」は
https://storytherapy.net/
へ移行します。

こちらのseesaa版は、これまでの記事のアーカイブとして残します。
今後とも、よろしくお願いいたします。

2014年09月28日

ドラマ「アオイホノオ #11(最終話) 青春とは何だ!?」勝ちたい相手(ライバル)を意識する



敵がいると燃える。

大学時代からの親友が学生時代に言っていました。

目標とする人や、
こいつには負けたくないと思える対象がいると
やる気が湧いてくるというのです。

逆に言えば、そういう相手がいないと
どうにもやりにくいのだと・・・

わたしはその時は笑っていました。

「なるほど〜、そういう感じ方もあるのか〜」

と…

なぜ笑っていられたのか??

自分にはそういう感覚がなかったからです。
当時、親友にも言われました。

「お前は、誰かと闘うというより
自分と闘うタイプだもんな・・・」

そう・・・なのか???



さて、ドラマがどんどん最終回を迎えています。
今シーズンもっとも勢いがあり、
毎週楽しみだったドラマ
テレビ東京ドラマ24枠

「アオイホノオ」

第十一話(最終話)、「青春とは何だ!?」を観ました。

焔モユル(柳楽優弥)は、
庵野ヒデアキ(安田顕)らが作ったアニメを見て、
想像以上の出来に打ちのめされてしまいます。

しかし庵野たちがさまざまな有名クリエイター達から
東京に来るよう誘われていたことを聞いた焔は、
自分もそうなるのだと、
集英社のMADホーリィ(佐藤二朗)に言われたマンガの書き直しに専念し、
完成させました。

そして、上京することを妄想しながら
MADホーリィからの連絡を待っている焔。

そしてついにMADホーリィから電話がかかって来ます。
MADホーリィから告げられた言葉は・・・。



数ヶ月間の話をどんどんはしょって見せているので
とてつもなくスピーディーな展開ですが、
ある日、焔は雑誌「少年サンデー」に自分の作品が
載ります。

そこに、庵野ヒデアキがやってきます。
とても良いシーンでした。

焔がおそらく一方的にライバル視していた天才。

第一話で、焔が庵野たちに
「オレはお前の作品では感動せんぞ!」
と宣戦布告をしてから、
今回の最終回まで、
常に、焔のライバルで在り続けました。

「チキショ〜!アイツには負けたくない!!」

わたしの親友や焔モユルのような
いわゆる『負けず嫌い』という性格は
そういう気持ちを維持することができる。

しかし、わたしは違います。
具体的に「こいつには負けん!」と思える相手がいません。

そう思ったことがないわけではないのですが、
その気持ちがつづかない。

すぐに自分との戦いに必死になってしまう。

やってるうちに、負けたくなかったはずの『アイツ』には
まったく意識が向かなくなってしまう。

もしかしたら、出世や成功に時間がかかるのは
そこに原因があるのかもしれないな〜

なんて都合のいい言い訳を考えたりもします。

しかし、焔のような負けず嫌いな
まっすぐなモノを見ると、わかります。
いや、本当はどこかでわかっていた。

わたしは、自分との戦いで負けることが多いんだろう。

しかし、自分との勝負の勝ち負けの判断は
非常に難しい。

そもそも負けることが多いのが人生で
その負け回数に打ちのめされることなく
勝負を続けて・・・

例えば10回に1度勝つ・・・

そんな勝負が自分との闘いだとすると、
戦い続けることこそが勝ち。

そういうふうに思うときがあれば、
それは、普段自分に甘いことの言い訳なんじゃないのか?

と、自分を責める気持ちが湧くこともある。

しかし、どんな時も、
「自分はダメな人間なんだ〜!」
と思ったら本当にダメ。

このどうどうめぐりなんですね。

だから、ライバルがいるというのは、
とても賢いやり方だと思います。

ひとつのことを成し遂げるまでの方向性や
結果がブレない。

目標を達成するときには
ライバルを作るという具体的な発奮材料も
面白いのかもしれません。


ただし、はたで観ていると、
その勝負に負ける人を観るのも辛いものです。

負けても立ち直ること。
それは、勝負をする人間にとって、
ライバルがいた方が良いタイプでも
自分と闘うタイプでも、
どうしても避けて通れない『自分との戦い』です。


                  全ての物語のために











posted by ストーリーセラピスト at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ストーリーセラピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック