お知らせ 2019年10月1日からこのブログ
「あなたの幸せ力を引き出すストーリーセラピー【ストセラ】」は
https://storytherapy.net/
へ移行します。

こちらのseesaa版は、これまでの記事のアーカイブとして残します。
今後とも、よろしくお願いいたします。

2014年09月16日

ドラマ「アオイホノオ #9 最後の聖戦」美味しい生活の在り処



朝、マックやスタバで勉強したり
仕事っぽいことをしている人がたくさんいます。

電車の中でも、スマホでパズドラや
LINEを一生懸命いじっている人たちに紛れて
資格試験のための勉強をしている人も
見受けられます。

かくいうわたしも、
電車では勉強していますし、
たまに早朝に朝マックに寄って
勉強したり企画を立てたりしています。

結構穴場なのが早朝のファミレス。
ドリンクバーだけで何時間もいれる。
申し訳ないなと思うときは
朝食も頂けば問題ありません。
スタバやマックほど人は多くない。

そうやって、人が遊んでいるときに
勉強や仕事をしていると、
とても頑張っている気がしてきます。

もちろん優越感に浸って終わっていてはいけませんが
自分のアップグレードを考えていない人たちよりは
実際に学んでいるだけずっと抜きん出ています。

そこで、さらに抜きん出る方法があります。



いよいよクライマックスに向けて
物語がギャグだけではなく
ストーリー性への重点も大きくなってきた様子。

テレビ東京系ドラマ24

「アオイホノオ」

第9話、「最後の聖戦」を観ました。

焔モユル(柳楽優弥)たち学生は2年生になりました。

庵野ヒデアキ(安田顕)らは岡田トシオ(濱田岳)の家で、
SFイベント用のアニメ制作に没頭しています。

一方、焔は集英社のMADホーリィ(佐藤二朗) に
漫画の描き直しを言い渡され、
さらに大学では3分間のフィルム制作するという
課題が出されます。

庵野たちよりもイイものを作ろうと、
アクションヒーローもののアニメを作ることを決意する焔。

新たな手法を思いついたのだと興奮しながらも、
物語の深みの無さに悩んでいました。

しかし、焔がライバル視している相手
庵野たちはその課題に対して・・・。



庵野たちはSFイベントのための
オープニングアニメ制作に没頭しているため
学校の課題は単位さえ取れればいいだけの
やっつけ課題のノリです。

同級生たちが一生懸命になっていることには
手を抜き、一番面白いことに精をだしている。

このアンバランスは、とても面白い話でした。

もちろん、庵野たちが没頭していることは
スポンサーもつき人を雇ってやっている
“仕事”ですが、学校の課題よりも
ずっと面白かったはずです。

彼らにとっては学校より“遊び”
だったんじゃないでしょうか?

ただしそれは、みんなで飲みに行くとか
家でごろごろテレビを見たりゲームしたり
ナンパしておね〜ちゃんと遊んだり
単なる余暇や暇つぶしではない。

魂の底から悦ぶような
”本物の遊び”

皆が飲み会に行ったり眠っているときに
勉強したり仕事したり・・・
これはとてもいいことだと思います。

でもそれでは片面しか整っていない。
その裏として、皆が働いているときは遊ぶ!

常識外の行動を意識できた時に、
初めて今までの常識を超えた新しい明日が
見えてくるということもある。

実際に、サラリーマンの常識では
考えられないような成功を収めている人は
サラリーマンが働いているときに
ジムに行ったり、ゴルフしたり、
旅行したりしています。

サラリーマンが休みになる大型連休などで
レジャーにいそしむのを愚の骨頂だと言ってのけます。

サラリーマンが愚痴をこぼしてくだをまく
平日のアフターファイブに居酒屋に行ったりしない。
マイナス思考が移って運が下がるからと
わざと避けている人もいるくらい。

その代わり、一日24時間、
頭は仕事とつながっています。
御盆も正月も、遊んでいる最中でさえ
常にアンテナが張られているし、
時間外勤務・休日出勤・有給休暇・残業代
各種手当・・・などなど

そんなお気楽な言葉はハナから頭の中にはない。
365日どんなことからも新しいアイディアに
つなげていく姿勢で生きている。

ホントの話です。

要は、普通じゃない成果を出すには
普通の外にある常識外の習慣に目を向けるということ。

しかし、常にどの時間も努力のみに費やすとつぶれる。
いつ遊び、いつ働くか?
ただ人より多く学ぶのではなく、
人と違う時間に学び、人と違う時間に遊ぶ。
そうすると違う世界が見えてくる。

そこには違う成果を出している人たちがいるんです。


                 全ての物語のために







posted by ストーリーセラピスト at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ストーリーセラピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック