お知らせ 2019年10月1日からこのブログ
「あなたの幸せ力を引き出すストーリーセラピー【ストセラ】」は
https://storytherapy.net/
へ移行します。

こちらのseesaa版は、これまでの記事のアーカイブとして残します。
今後とも、よろしくお願いいたします。

2014年09月12日

「俺はまだ本気出してないだけ」メインスイッチオン!その正体は?



やる気スイッチ・・・

ワタシのやる気スイッチはどこにあるの?
という悩みを抱えている人も多いようですが、

さらに、

たくさんオンにしてきたはずだけど、
まだどこかにオンになってないスイッチがあるみたい・・・。

と、なにか自分にシックリ来てないものを
感じている人も多いと思います。

ちゃんと就職もして、愛する家族を養っている。
仕事だって真面目にやってきたし、
真剣に本気でやってきたはず。

でも、何かがシックリ来ていない。

確かにやる気スイッチを見つけて
押してきたんだと思います。いくつものスイッチを。

でも、シックリ来ていないことの原因は、
周辺部分のスイッチは押しまくっているけど、
自分の根っこのところにある
メインスイッチが押されていない・・・

そういう状況なのかもしれません。



昨年秋の公開当時に町の小さな書店に
ポスターが貼られていて
気になっていた映画

「俺はまだ本気出していないだけ」

を、観ました。

子持ちで離婚歴がある42歳、大黒シズオ(堤真一)。
彼は「本当の自分を探す」と何も考えずに
会社を辞めてしまったようです。

しかし、ゲームばかりの毎日を送り、
同居する父親の志郎(石橋蓮司)から怒鳴られてばかり。

ある日、本屋で立ち読みをしていたシズオは
自分が本当にやるべきことは漫画家だと思い立ち、
志郎と娘の鈴子(橋本愛)に「漫画家になる」と宣言します。

出版社への持ち込みを開始する大黒。
しかし、当然ボツの連続。

生計はファストフード店のアルバイトで立てようとしますが、
到底元社会人とは思えない適当さで、
25歳の店長には怒られてばかり。

どこからが本気で、どこからが本気手前なのか・・・



テレビ東京ドラマ24「アオイホノオ」や
「勇者ヨシヒコ」シリーズの福田雄一さんが脚本・監督。

主人公の大黒シズオだけではなく
サラリーマンをしているシズオの幼馴染・宮田修(生瀬勝久)や
新人バイトとしてファーストフード店に入ってきた
金髪でダルそうでやる気のない感じの青年・市野沢秀一(山田孝之)
も、自分の人生での本気スイッチを探していたようです。

秀一は、はたから見ると、
無気力でキレると危ない青年ですが
「楽しいこと」が見つからなくて、それを探していました。
しかし、正義感は強く腕っ節も強い。
本当は一匹狼的なモノを持っているマジメな青年。

秀一のメインスイッチは「楽しいこと」。

修の方は、「優しすぎる」という理由で
妻から一方的に離婚され、
月に一度の息子との面会を楽しみにしている
サラリーマンです。
マジメに働いている修はしかし、
彼自身も意識していなかった本気スイッチが
無意識の底に隠れていたようです。

そんな二人の心に揺さぶりをかけるのが大黒シズオ。
ダメな感じなのになぜか自由な大人でした。

シズオを見守る悲しくも滑稽な家族の温かみ、
そして、必死ふう・本気ふうなダメ大人シズオの苦悩?
彼は彼なりに脳内で、彼の神や若いころの自分との
葛藤の世界で苦しんでいました。(戯れていました?)

静かなのかふざけているのか分からない
コメディですが、わたしが一番痛快だったのは
修と秀一のメインスイッチが見つかり
オンになるまでの物語でした。

その二人の運命に大きく関わる大黒シズオの
自覚のなさも。

非常によくできた物語でした。

元気になり、やる気が出てくる映画。
機能としては映画の王道ですが、
ただ面白かった〜でもなく、
ロッキーのように沸々と身体を動かしたくなるのでもなく、
ブルース・リーややくざ映画のように
ワケもなく暴れたくなる興奮でもなく、
日々の生活の中で、楽しく本気を出せる雰囲気を
見ている人の心に置いて行ってくれる感じ。

大黒シズオ、宮田修、市野沢秀一、
それぞれの本気のメインスイッチが見つかるプロセス、
オンになっていくプロセスが三者三様。

その違いがとても興味深いものです。

もしかして俺もまだ本気だしてないだけ?
と自分を見つめると、じゃあ、
どこにあるんだ本気のメインスイッチ!?

焦りもありますが、三者にみる共通点を
考えると元気がでます。

それは、きっと心の底が求めている
「やりたいこと」だから。


                全ての物語のために








posted by ストーリーセラピスト at 08:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ストーリーセラピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック