お知らせ 2019年10月1日からこのブログ
「あなたの幸せ力を引き出すストーリーセラピー【ストセラ】」は
https://storytherapy.net/
へ移行します。

こちらのseesaa版は、これまでの記事のアーカイブとして残します。
今後とも、よろしくお願いいたします。

2014年08月03日

ドラマ「下町ロケット #2」良い仲間に囲まれたいなら



あなたにとっての“いい仲間”って、
どんな人たちでしょうか?

前向きで、夢を持っていて、
不平不満を言わずに、一生懸命。
お互い信頼し合い、辛いことがあれば
話を聞いてくれたり聞いてあげたり
励ましあえる仲間?

それとも、

職場や上司・部下への
不平不満を言い合って、
誰か気に食わない人がいると一緒になって
足を引っ張る画策を企てたりするような仲間?

まあ、答えを聞くまでもありませんが、
前者のような仲間が多いほうが、
人生絶対幸せですよね?



「半沢直樹」「花咲舞が黙ってない」
「ルーズヴェルト・ゲーム」と、
原作のドラマ化が続いた池井戸 潤さんの小説。

10月にはWOWOWの連続ドラマWで
織田裕二さん主演で「株価暴落」の放送が決まっているそうです。
こちらも楽しみですが!
「空飛ぶタイヤ」に続いてWOWOWが2011年に放送した
傑作ドラマ

「下町ロケット」

第2話を観ました。

佃(三上博史)はナカシマ精機との第1回公判を終え、
慣れない特許裁判の先行きに不安を感じていました。
特に、先代からお世話になっていた顧問弁護士が、
ベテランではあるけれども、技術の特許の件に関しては
専門外過ぎて、頼りになりません。

裁判の影響は大きく、
つくだ製作所は大口取引先との契約も徐々に停止され、
社員達にも動揺が広がっていきます。

同じころナカシマ精機側の弁護を担当している大川弁護士事務所に
以前勤めていたという弁護士、
神谷涼子(寺島しのぶ)がつくだ製作所を訪れます。

涼子は佃の別れた妻の親友でもありました。
涼子は佃のもとを訪れ、「売り込みに来ました」と告げるのでした。

一方、帝国重工の財前(渡部篤郎)は、
主要部品の特許取得が
つくだ製作所に先を越されていたことで
上司の水原から責められていました。
主要部品はすべて自社の製品でまかなうというのが
今回のロケット打ち上げプロジェクトの方針です。
財前は、つくだ製作所を訪れ、
特許を売って欲しいと申し出るのでした・・・。



つくだ製作所の様子を新聞で観たときから
気になっていた涼子は自らつくだ製作所の佃を訪ねます。

また、帝国重工の財前もロケットを飛ばすのは長年の夢。
そして、夢を持ち仕事をすることへの熱さを持っている。
彼も会社員なので、ひとまず一番自社に都合のいい
特許を売って欲しいという条件を出しますが、
佃社長が断っても、
その思いを知ればきっと悪くは思わないハズです。

第1話目が終わって第2話の予告を見たときから
この展開にワクワクしていましたが、
第2話を観終わった後は、さらに第3話が楽しみになります。

類は友を呼ぶ。
情熱もひとつの波動。
思いは声紋を震わせ、音に乗って空気を振動させる。
その振動は、同じ思いを持っている人間の耳に入ると
脳の中に存在する同じ思いが、共振するのです。

同じ振動を持った人同士が惹かれあう。

第2話ではまだ分かりませんが。
財前は間違いなく佃の味方になるだろう
ということは第1話の人柄を紹介するところで
よ〜く分かりました。

愚痴ばかり言っている人は
同じように愚痴ばかり言う人とつるみます。
愚痴や陰口ばかり言う人が
「最近あの人付き合い悪いよね」
と言うときは、付き合い悪い人が
成長して愚痴や陰口を
言わなくなった時がほとんどです。

自分がマイナス発言ばかりしてるかな・・・

本当はそう気づくチャンスなのですが、
気付ける人はわずかです。

このブログを読んでくださっている方は
もうもうお分かりだと思いますが、
いい仲間を作りたければ、
あなたが自分の中からプラスの波動を出せば良いだけです。

まずは自己研鑚。

それは無理にアピールしなくても、
波動として伝わり、
自然と言い仲間は引き寄せられてくる。

「下町ロケット」を見て、
自分がどの登場人物に共振するか、
試してみるのも面白いかもしれませんね。

どんな人物に共鳴しても、
みんな一生懸命ですから、否定する必要はありません。
自分がどんな人を友達にしたいかという視点でも観てみて、
その人が興味を持ちそうな振動を自分の中に探して、
そこを増幅するにはどうすればいいか、
考えてみると、どんどん自分を好きになれます。


               全ての物語のために











posted by ストーリーセラピスト at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ストーリーセラピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。