お知らせ 2019年10月1日からこのブログ
「あなたの幸せ力を引き出すストーリーセラピー【ストセラ】」は
https://storytherapy.net/
へ移行します。

こちらのseesaa版は、これまでの記事のアーカイブとして残します。
今後とも、よろしくお願いいたします。

2014年07月24日

ドラマ「PRICELESS〜あるわけねぇだろ、んなもん!〜 #5」今の仕事から抜け出すチャンスを掴むために



息子の夏休みに合わせて三連休をとりました。
最近は、妻と息子は朝5:30に起きて
ジョギングをしています。

昨夜はわたしが寝るのが遅かったため
わたしは少し朝寝坊。

8時ごろ少し目が覚めてまどろんでいると、
息子が一人遊びをする声が聞こえてきました。

「ハッ!トォ!八ッ!シュッ、シュッ!カキンカキン!」

目をキラキラさせて世界を守って戦っている
息子の姿が思い浮かびました。

見えない敵をイメージしながら、
物語を作って演じて・・・
きっと妻が見つめるまなざしにも気づかずに
一生懸命戦っていることでしょう。

わたしはイメージしました。
息子の集中力、想像力、創造力。
そういう生きるために必要な力が
いま爆発的に彼の中で育まれている、
その様子を・・・



今さらながら、「HERO(ヒーロー)」のように
保存版で録画しておけばよかったなと後悔しています。
それほど面白い、掘り出し物のドラマ

「PRICELESS〜あるわけねぇだろ、んなもん!〜」

第5話を観ました。

『幸福荘』の金田一二三男(木村拓哉)の部屋に
模合謙吾(中井貴一)まで転がり込んできました。

すでに二階堂彩矢(香里奈)がいるので、
狭い部屋に3人で寝なくてはいけないことになります。

早速、部屋の使い方で模合と彩矢がもめ始めますが、
金田一は何やら良い事を思いついたとソワソワしていました。

金田一は佐倉辰彦(木村祐一)にもらった屋台を使って
ホットドッグ屋を開く事を思いついたのでした。

金田一から話を聞いた模合と彩矢は
「無理に決まってる」と反対します。

しかし翌朝、半ば強引に彩矢と模合を巻き込んで、
金田一は行きつけだったダイニングBAR『キングスコート』の
藤沢(升毅)を訪ねます。

金田一は藤沢が作るホットドッグの味を再現した屋台を考えていて、
食材も都合してもらったのです。

彩矢は反対していたことを忘れ、自然と原価計算を始め、
模合も他に何か売る物はないかと考え始めます。
それでも、表面上は屋台経営には大反対の模合と彩矢。

準備が済んで屋台を押しながら
金田一が告げた販売場所を聞いた2人は、
あきれかえってしまいます。

なんと、その場所は3人がクビになった
『ミラクル魔法瓶』のビルの真っ正面だったのです。

その頃、『ミラクル魔法瓶』では大屋敷統一郎(藤木直人)と
財前修(イッセー尾形)が、
魔法瓶の下請け制作工場であるミラクル制作所自体を
リストラしようとしていました・・・。



金田一、模合、彩矢が3人で一生懸命
屋台をやる姿が本当に楽しそうでした。

ダイニングBAR『キングスコート』の藤沢も、
「なんか、楽しそうだね」と3人を見て言います。

どん底に落とされたはずの3人が、
面白いことを見つけて、
もっと面白くしようとワイワイやっている。

アイディアを出す段階、
一番楽しい時です。

わたしも脚本を書いたり映画を作ったりしてきましたが、
どんな話にしようとか、こんなシーンを作ろうとか、
こんなキャラクターがいると面白いとか・・・

そういうことを考える時が実は一番楽しい。
仲間と一緒にワイワイ考えていると尚更です。

自然とブレインストーミング状態になるので
どんどんアイディアが湧いてくるんですね。

職場で憂鬱そうに仕事をしたり、
「やる気出ねぇ〜」「キツイっすね〜」
と言って、一生懸命仕事をしている人の
足を引っ張ろうとする人がいますが、
仕事って、楽しまないとどんどんつまらなくなっちゃうんですよね。

楽しいから楽しめるんじゃなくて、
楽しくないから、楽しくなるように工夫をする。

わたしの場合は結局、真っ正面から徹底的にやる。

ということ以上に面白さを味わえる方法はありませんでした。

大事なのは面白さを感じながら
やっているときの仕事の質です。

自分が面白いと思えると脳内麻薬が出て
いやでも集中します。
そうなると質もどんどん上がる。
創意工夫も生まれます。

今いる職場に不満がある。
今やっている仕事は本当にやりたい仕事じゃない。

だから、そこから抜け出したい・・・。

なら、いろいろアイディアを出して、
自分をプロデュースしていかなければなりません。

転職にしろ起業にしろ、
想像力と集中力と創造力です。

それらを自分の中から引き出して
発揮しなければなりません。

と言うことは、今できること
今目の前にあることを思いっきり本気でやるしかない。
今の仕事でもいいし遊びでもいい。

両方ともならなおいい。

もちろん今の生活に満足しているなら
もっと大満足するためにもっと楽しむ。

いま自分がやった仕事、あと少し質を上げられないか?

と考えてみてください。
1ミリでも良いからクオリティを上げられないか?と・・・
5分も考えたら、のめり込み始めますよ。

その1ミリが、楽しさのもとになって
集中して創造力が発揮されてもっと面白くなる。

今の生活を抜け出したいなら
今の生活の1瞬ごとの質を上げることです。
ホントにちょっと上げるだけでいいから。


                 全ての物語のために









ラベル:ドラマ priceless あるわけねぇだろ、んなもん! #5 今の仕事から抜け出すチャンスを掴むために 夏休みに合わせて三連休 息子が一人遊びをする声 目をキラキラさせて世界を守って 息子の姿 物語を作って演じて 息子の集中力、想像力、創造力 生きるために必要な力 いま爆発的に彼の中で育まれている 掘り出し物のドラマ HERO ヒーロー 保存版で録画しておけばよかった 第5話 金田一 木村拓哉 模合 中井貴一 彩矢 香里奈 佐倉 木村祐一 ホットドッグ屋 藤沢 升毅 ミラクル魔法瓶 大屋敷統一郎 藤木直人 財前 イッセー尾形 楽しそう 面白いことを見つけて もっと面白くしよう 一番面白い時 脚本を書いたり 映画を作ったり 仲間と一緒にワイワイ考えていると ブレインストーミング状態 どんどんアイディアが湧いてくる やる気出ねぇ キツイっすね 楽しまないとどんどんつまらなくなっちゃう 楽しくないから、楽しくなるように工夫をする 面白いと思えると脳内麻薬が出て 転職にしろ起業にしろ 想像力と集中力と創造力 自分の中から引き出して 今できること 今目の前にあること 思いっきり本気で あと少し質を上げられないか? 1ミリでも良い クオリティを上げられないか? 5分も考えたら、のめり込み始めます
posted by ストーリーセラピスト at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ストーリーセラピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック