お知らせ 2019年10月1日からこのブログ
「あなたの幸せ力を引き出すストーリーセラピー【ストセラ】」は
https://storytherapy.net/
へ移行します。

こちらのseesaa版は、これまでの記事のアーカイブとして残します。
今後とも、よろしくお願いいたします。

2014年07月02日

ドラマ「HERO(ヒーロー) 第1シリーズ #3」男は単純、女で火がつく



男は単純です。
女性に応援されると簡単に火が付きます。

そして、一度ムキになると
子供のように突進しちゃうことがあります。

どんなに大人でも、子供みたいになる。

大人の男性には、
自分にも無意識でそういう部分があることを
知っておいて欲しいし、
大人の女性には、どうか悪用せず、
そんな男性を見守って欲しいと思います。


待望の第2期シリーズスタートまでに
前シリーズをすべて見終えることができるか!?
2001年に放送された大ヒットドラマ

「HERO(ヒーロー)」第1期シリーズ

第3話を観ました。

行きつけのバーで、
江上(勝村政信)と雨宮(松たか子)が話していました。
その後ろで、久利生(木村拓哉)は、テレビを見ています。

突如、男女が言い争う声。

ふと見ると、女性から別れ話を持ち出されたらしい男が
逆上して暴れ始めた様子、
ステーキナイフを手にして女性に切りかかろうとしていました。
久利生が男性に飛びかかり、事態を治めますが、
女性は腕に怪我を負ってしまいます。

翌日、久利生の前に引き出されたのは
昨夜の加害者の男性・宮川雅史(宮迫博之)。
宮川はシュンとしておとなしくなっていました。

「なんであんなことを」という久利生に、
料理を作ってくれ、
そのうえ「生まれ変わっても一緒になろうね」と
その女性に言われ、結婚するつもりでいたんだと打ち明けます。

一方被害者の女性・島野紗江子(森口瑤子)は
料理研究家として最近注目され、活躍していました。

久利生には「彼への気持ちがさめたんです」と
実にあっさりそっけなく話す紗江子。
取り調べ後、恋愛より今は仕事なのという紗江子に
雨宮は尊敬のまなざしそ向けるのでした。

ところが、紗江子の身辺を調べると、
結婚詐欺で訴えられていた過去が複数回ありました。
久利生と雨宮が過去に訴えた男性たちに話を聞くと、
宮川同様、料理を作ってくれ
「生まれ変わっても一緒になろうね」と
同じ殺し文句を男たちに伝えていたのです。

結婚詐欺は、男女の気持ちが底流にあり、
犯意の立証が難しいのが常識。
それを理解している久利生は難しい事件の前に消極的。

ところがそんな弱気な久利生が気に入らない雨宮は
「アーネスト・ホーストにびびって、
リングに上がる前に引き下がるK1選手と一緒」だと
ときっぱり、鼻息荒く言い放ちます。

「アーネスト・ホーストにはビビるだろう普通・・・」
と言いながらも、雨宮に火をつけられてしまった久利生は、
宮川をたきつけて、逆告訴させるのでした・・・。


久利生公平、シリーズ最初で最後の負け戦!?

わたしの頭には映画「銀河鉄道999」での
キャプテン・ハーロックの
「男には負けるとわかっていても
戦わなければならない時がある」
というセリフが聞こえてきました。

いつもひょうひょうとしている久利生公平が
紗江子を逆告訴したあとの取り調べで
論理的には全く歯が立ちません。
紗江子は論理、久利生は感情。
論理的な話し合いとしては
無様なほどにボロボロに負ける久利生。

でもそれで終わらないのが
このドラマのいいところなのですが、
久利生の負けは負けです。

男心をもてあそぶ紗江子と
振り回された宮川や他の男たち。

江上の雨宮への思い。
久利生の雨宮への思い。
そして、恋愛に無知で鈍感な雨宮。

そんなみんなの思いが交錯するなかで
法律では裁けない問題がテーマになっているお話。

鍋島事次(児玉清)が言いました。
「久利生くんはなぜ、あんなことをしたんだろうねぇ。
負けるとわかっているのにねぇ・・・」

ハイ、雨宮に焚き付けられたからです。

男は単純。
好きな女性に言われたらムキなっちゃうもん。

女性のためにアドバイスです。
今回は雨宮がビビっている久利生に
がっかりした態度をとったことが
久利生に火をつけました。

短期的に男性をやる気にさせるなら有です。

しかし、恋人や夫婦の場合に
長くいい関係を保ちながら
ず〜っと自分や家族のために男に頑張って欲しいなら、
そんなやり方ばかりだと逆効果。

常に誉めたり感謝の言葉を伝えたり・・・
つまりおだてて気分良くさせるほうが
余計に頑張っちゃう、心底頑張り続けちゃう。

上手な奥様たちはそうやって
男性を調子よく操っています。

恋愛中は「あばたもえくぼ」で
なんでも良く見えますが、
長く一緒にいると欠点が目に付き始め、
放っておくと欠点しか見えなくなる。

このときに放っておいたらいけないのは
相手の欠点ばかりにとらわれる自分自身の心です。

もちろんそれは男女とも。

そんな自分自身を見つめられるかどうかが
末永く幸せでいられるかどうかの分かれ目。

だから、自分をおだててくれる女性の頭の良さに
男性は頭が上がらなくなるんですね。

・・・女性のみなさん、ホントに悪用しないでね!!


               全ての物語のために











posted by ストーリーセラピスト at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ストーリーセラピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。