お知らせ 2019年10月1日からこのブログ
「あなたの幸せ力を引き出すストーリーセラピー【ストセラ】」は
https://storytherapy.net/
へ移行します。

こちらのseesaa版は、これまでの記事のアーカイブとして残します。
今後とも、よろしくお願いいたします。

2014年05月07日

アニメ「タイガー&バニー(TIGER & BUNNY) 全25話」パクリ×組合せ×逆手に取る×浪花節=日本的感動アイディアのまとめ方




現在小学4年生の息子が2年生のころ
学校で催される行事のために
ゲームを考えていました。

ペットボトルに魚の絵を書いた
画用紙を張って、
長い割りばしに糸を結び
糸の端には短い割りばしを垂らします。
垂らした割りばしをペットボトルに入れると
コロンと短い割りばしが横になり
ペットボトルの入り口に引っかかり
持ち上げる。

ペットボトルの魚釣りゲームです。

実はこれはNHKの教育番組で見た
工作を真似たものでした。

わたしは感心して息子を褒めましたが
息子は「でも、テレビのマネだし・・・」
と謙遜しました。

しかし、わたしは自信を持って褒めました。

テレビではその釣りの遊びだけだったのに、
学校の催し物にこの遊びを取り入れようという
「組み合わせ」のアイディアも
他のクラスや他の学年の子が遊びに来ても
みんなで楽しく遊べるように
いくつかのルールが付け加えられていたのです。

〜ルール〜
○けんかしない
○さかなつりは一回二人まで
○一回したら1こけいひんをあげる
○一人四ひきまで

これは下書きでした

〜ルール〜
○ペットボトルのさかなをわりばしでつります。
○ひとり3かいチャレンジできます。
○ゲームをしたひとにはけいひんをあげます。

先生に言われて書き直したのかどうか
あるいはグループで話し合ったのか、
それはわかりませんが、
2年生が考えたと思うと
どちらも良くできています。

この工作をみんなで楽しめる
アトラクションとして完成させたのですから
立派なものです。
この組み合わせと
オリジナルルールは間違いなく
息子のアイディアです。

ここぞ褒めどころですよね。


最近DVDレンタルでハマっていたアニメ


「タイガー&バニー(TIGER & BUNNY)」

最終話まで観ました。

前半でバーナビーの親殺しの犯人として
ジェイクを倒してから10か月後、
虎徹とバーナビーは人気者になっていました。

そこで新たな問題は発覚します。
ひとつは虎徹のNEXTとしての能力が減退し始めたこと。
もうひとつはバーナビーの両親殺害に対して
ジェイクのアリバイ明らかになったこと。

虎徹は悩んだ末にヒーロー引退を決断し、
バーナビーは復讐が未だ終わっていないことと
記憶がどんどん混乱することに苦しみ始めます。

そして真犯人を突き止めるバーナビー。

しかし真犯人は記憶操作能力を持つNEXTでした。
真犯人は真相を闇に葬るべく、
真実を知ったバーナビーをはじめ関係者達の記憶も操作し、
虎徹が殺人を犯した凶悪犯に仕立て上げられてしまうのでした・・・。


TVシリーズのアニメーションを
連続で借りてハマるなんて何年ぶりでしょうか?

10年以上は経っています確実に。

さすがに後半クライマックスにかけては
映画さながらに「おもしれぇ〜!」と
吠えながら観ていました。

NEXTとという突然変異で生まれた特殊能力を持つ人間たち。
化け物と差別を受けるというあたりは
「X-MEN」のミュータントを思わせます。
そして、タイガーとバーナビーのヒーロースーツは
「アイアンマン」的な要素を思わせなくもない・・・

そこに、サラリーマンものという要素の組み合わせ
ヴェテランと若造が反目しあいながら相棒をさせられる
バディものの要素。
仕事に忙しい父と娘の親子ドラマ。
そういったよくあるシチュエーションを
どんどん絶妙に組み合わせながら、
スポンサーの広告をヒーローにそのまんまくっつけてしまう
というアニメの制約を逆手に取った新しいアイディア。
そして、浪花節で盛り上げる人間ドラマ。

日本人の得意なパクリと組み合わせの妙。
これも立派なオリジナルです。

結局、他のどんな作品でも楽しめない
この作品だけの面白さを創り出してしまう。

この作品の根底に流れているのは
ピュアなヒーローへの憧れ、
正義の味方とはどういうものか?
という心の在り方でした。

心を持たないアンドロイドに
NEXT以上のパワーを与え、
次世代ヒーローにしてしまえばいいと
企む悪党に対する
ヒーローたちの選択。

「正義の味方」というエピソードで始まり
「正義の味方」というエピソードで締めくくられる
名作漫画「ウィングマン」の
原作者、桂正和さんがキャラクター原案として
携わっているのもうなづけます。

実写ドラマ的な要素を巧みに取り入れて
ドラマを盛り上げたのは構成や脚本で参加した
西田征史さんは、
ドラマ「怪物くん」や「妖怪人間ベム」を手掛けた方だとか・・・
え?1975年生まれのB型・・・って、
わたしと同じ・・・

そうなんですねぇ〜。
悔しいけど認めるしかない面白さ。
「妖怪人間ベム」は毎話、泣かされていました。
いつもいやらしくない「優しさ」が作品に漂うんですよね〜
なるほど、これがこの人の味なのかぁ。

また一人、意識する脚本家が増えました。

日本人にしか出せないバランスの
良質エンターテインメント作品です。

映画版新作「The Rising」
劇場公開は終わってしまったようですが、
DVD&ブルーレイ化が楽しみです。


企画のアイディアで困っている人
人を感動させるような企画を考えたい人

1.元ネタは何かからパクッていいです。
2.面白そうな要素を組み合わせてみてください。
3.成約があるならそれを逆手に取ってやりましょう。
4.そして、人と人の心の物語・・・義理人情、浪花節。

それらを詰め込んで、
あなたの心が喜ぶ方向へアイディアを進めて行けば
きっと誰かの心を動かすはずです。


              全ての物語のために






















ラベル:良質エンターテインメント作品 DVD&ブルーレイ化が楽しみ 1975年生まれのB型 意識する脚本家 TVシリーズのアニメーション この人の味 the Rising 実写ドラマ的な要素 苦しみ始め ヴェテランと若造が反目しあいながら相棒を 新しいアイディア 絶妙に組み合わせ 特殊能力 アニメの制約を逆手に取った 化け物と差別を受ける 企画のアイディアで困っている人 映画さながら サラリーマンもの 心の在り方 それらを詰め込んで スポンサーの広告をヒーローにそのまんまくっつけてしまう アイアンマン 心を持たないアンドロイド NEXT あなたの心が喜ぶ方向へ 原作者 バーナビー 真犯人を突き止めるバーナビー ヒーロースーツ 立派なオリジナル 妖怪人間ベム 桂正和 キャラクター原案 ジェイク ミュータント バディもの 誰かの心を動かすはず 怪物くん 仕事に忙しい父と娘の親子ドラマ で締めくくられる この作品だけの面白さ 混乱する 虎徹 人を感動させるような企画を考えたい人 吠えながら観ていました 認めるしかない面白さ ヒーロー引退 西田征史 名作漫画 ウィングマン 突然変異 よくあるシチュエーション 日本人にしか出せないバランス 能力が減退 で始まり ピュアなヒーローへの憧れ 日本人の得意なパクリと組み合わせの妙 浪花節で盛り上げる人間ドラマ 「優しさ」が作品に漂う 根底に流れているのは X-men 映画版新作 正義の味方とはどういうものか? おもしれぇ〜! 記憶操作能力を持つNEXT 正義の味方 悩んだ末に 自信を持って褒めました でも、テレビのマネだし・・・ は感心して息子を褒めました 真似たもの 組み合わせ NHKの教育番組 ペットボトルの魚釣りゲーム ゲームを考えて 2年生のころ 立派なもの 最終話まで 小学4年生の息子 学校で催される行事のため アイディア パクリ×組合せ×逆手に取る×浪花節=和製名作エンターテイメント 全25話 アトラクションとして完成させた TIGER & BUNNY タイガー&バニー ルールが付け加えられて アニメ 遊びだけ 褒めどころ みんなで楽しく遊べるように
posted by ストーリーセラピスト at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ストーリーセラピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。