お知らせ 2019年10月1日からこのブログ
「あなたの幸せ力を引き出すストーリーセラピー【ストセラ】」は
https://storytherapy.net/
へ移行します。

こちらのseesaa版は、これまでの記事のアーカイブとして残します。
今後とも、よろしくお願いいたします。

2014年05月06日

アニメ「弱虫ペダル #29  山頂」 今が大切な本当のワケ




小学4年生の息子は今、「妖怪ウォッチ」に夢中です。

妖怪メダル付きのお菓子やガチャガチャは
どこでも凄い人気で、
入荷してもすぐに売り切れ。

学校の友達もみんな好きみたいですね。
男の子も女の子も。

そんな息子が学校で友達と話できないけど
好きなアニメがあります。

わたしも大好きな「弱虫ペダル」

深夜に放送しているので、
大人が録画して昼間に見ない限り
小学生の目に触れることはない。

でも・・・少年マンガなんですけどね。
息子に頼まれて原作マンガも
月に1冊買ってやっています。

このアニメの第2クールでの
エンディングテーマ「I'm ready」
を車の中で流していたときに
「世界は一瞬でできている」というフレーズがあり
息子に「今この一瞬」が繋がって
世界をつくっているという話をして以来、
「妖怪ウォッチ」の「ようかい体操第一」という曲と
「I'm ready」ばかりをリピートで聞くようになりました。


間違いなく少年達の教育にもいい
全力健全自転車アニメ

「弱虫ペダル」

第29話、「山頂」を観ました。

最下位から100人抜きを達成して、
怒涛の走りで先頭集団の総北チームに追いついた坂道くん。

3年の巻島は坂道くんへの感謝の言葉を金城に託して、
山岳リザルトを獲るために、
先頭を走るライバル・箱根学園の東堂を追いかけました。

巻島と東堂、共にクライマーとして競い合ってきた2人。
意地とプライドとを賭けた最高に幸せな
全力ラストクライム合戦が繰り広げられます。



・・・間違いなく、泣きました(笑)

誰よりも早く坂を上る。

坂にかけた自分の想いのみならず、
ライバルでありながらも
お互い競い合うことで友情を
深め合ってきた巻島と東堂。

頂上まで1kmあまりというところで
東堂の心中が語られます。

「楽しいな・・・できれば、マキちゃん(巻島)と
こうやってずっと走っていたい・・・
でも、楽しいときはすぐに終わってしまう。
だから・・・!」

だから、悔いを残さないように全力で挑む・・・。

2人とも完全に身体は限界に達しているのに
そこからどれだけ搾り出せるか?

わたし自身、

「今を生きろ」「今ここ」

という言葉は子供のころから
何度も言われてきました。

でも、今が大切だって言われても、
たとえ頭では分かるようになっても
実感としてその感じを持てるようになるのとは
まったく別次元なんですよね。

だから、このブログでも何度も
手を変え品を変え、伝えようと試みています。

わたしは息子が生まれてからの日々は
これまでにないほど一瞬という瞬間を
意識するようになりました。

それは、一瞬の儚さをまじまじと
見せ付けられたような気がしたからです。

赤ちゃんから幼年期、少年期と
成長していく息子を見れることは
とてつもない幸せなのです。

しかし、
赤ちゃんが生まれて最初の1週間の
変わりようを観たことがある人には
分かっていただけると思いますが、
日に日に変わるというより、
毎時間変化していると言いたくなる位
どんどん変わっていくんです。

たった今見ていた彼の姿は
もう次の瞬間には無くなって新しい彼になっている。

成長も楽しみだけど、小さいままでもいて欲しい。
そんな感覚なら理解してもらえるでしょうか。

未だに日に日に成長するので
その瞬間、そのときを取りこぼさないように
しっかり観ておこうと焦りも湧きます。

もちろん日常生活を送っていれば
家にいても仕事をしたり勉強をしたり、
他のこともしなければなりません。

そうなってくるとせめて息子と接することができる
時間だけはなんとしても、
どの瞬間も取りこぼしたくない。

小学生の頃、土曜日は午前授業で明日は休み、
だから帰りの挨拶の時は楽しくて
仕方がありませんでした。

でも日曜日に「サザエさん」が始まると
「あ〜あ、明日から学校かぁ・・・」
と憂鬱になる。

楽しい時間はすぐに過ぎます。
でも、そのことを憂いて憂鬱になっている間に
楽しめるハズだった時間をスルーしている。

幸せになれるはずの今をドブに捨てている。

どんなに嘆いても悔やんでも
億万長者になっても!
絶対に取り戻せないのが過ぎ去る「今」です。

そう考えると、
もうマイナスの感情を持つ時間そのものが無駄です。

幸せになりたいという人が
不機嫌になること自体矛盾です。嘘つきです。

一瞬の中には幸せのタネが無限に詰まっている。
でも一瞬だからどんどん過ぎている。
今こうしている間も。

今この一瞬にある無限の幸せを
全て味わうことはできません。
残念ながら。
だからこそ取りこぼす前に
できるだけたくさん味わっておきたい。

わたしはこんなにかけがえのない一瞬を
自分でコントロールできる自分の感情を
不機嫌なまま放置してドブに捨てられるほど
平和ボケはできない。

幸せに貪欲です。


             全ての物語のために













ラベル:小学4年生の息子 今が大切な本当のワケ 幸せに貪欲 山頂 ドブに捨てられるほど平和ボケはできない 意識するように 間違いなく少年達の教育にもいい #29 弱虫ペダル 不機嫌なまま放置して 自分でコントロールできる自分の感情 アニメ が繋がって世界をつくっている 世界は一瞬でできている こんなにかけがえのない一瞬を たくさん味わっておきたい ガチャガチャ 学校で友達と話できないけど 全て味わうことはできません 一瞬という瞬間を 今この一瞬にある無限の幸せ 今こうしている間も 息子が生まれてからの日々 一瞬だからどんどん過ぎている 実感として 今が大切だって言われても 第29話 何度も言われてきました 一瞬の中には幸せのタネが無限に詰まっている 嘘つき 不機嫌になること自体矛盾 幸せになりたいという人が 妖怪メダル I'm Ready という言葉 マイナスの感情を持つ時間そのものが無駄 今ここ 今を生きろ だから、悔いを残さないように全力で挑む 一瞬の儚さをまじまじと 絶対に取り戻せないのが過ぎ去る「今」です 楽しいときはすぐに終わってしまう 億万長者になっても 競い合うことで友情 間違いなく、泣きました(笑) どんなに嘆いても悔やんでも クライマーとして競い合ってきた 幸せになれるはずの今をドブに捨てている 楽しめるハズだった時間をスルーしている 生まれて最初の1週間 成長していく エンディングテーマ 憂鬱になっている間に 憂鬱になる 好きなアニメ 東堂 日曜日に「サザエさん」が始まると 全力健全自転車アニメ ようかい体操第一 大人が録画して昼間に見ない限り 見せ付けられた 箱根学園 あ〜あ、明日から学校かぁ 金城に託して 巻島 せめて息子と接することができる時間だけは しっかり観ておこうと焦りも湧きます ときを取りこぼさないように 次の瞬間には無くなって新しい彼になっている たった今見ていた彼の姿 深夜に放送している どんどん変わっていく 坂道 男の子も女の子も 学校の友達 毎時間変化している 妖怪ウォッチ 日に日に変わる 総北チーム 小学生の目に触れることはない 最下位から100人抜き 赤ちゃん
posted by ストーリーセラピスト at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ストーリーセラピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。