お知らせ 2019年10月1日からこのブログ
「あなたの幸せ力を引き出すストーリーセラピー【ストセラ】」は
https://storytherapy.net/
へ移行します。

こちらのseesaa版は、これまでの記事のアーカイブとして残します。
今後とも、よろしくお願いいたします。

2014年04月02日

ドラマ「烈車戦隊トッキュウジャーVS仮面ライダー鎧武 春休み合体スペシャル」信頼の築き方




相手の気持ちになって考えてみる。

とか

逆の立場なら・・・と想像してみる。

を、どこまで深く追及していますか??

わたしはとても苦手で
いつも浅はかだな〜と反省しています。


子供向けの特撮ヒーローもの見ていて
2度もハッとさせられました。



テレビ朝日系列で2014年3月30日に放送された特別番組

「烈車戦隊トッキュウジャーVS仮面ライダー鎧武 春休み合体スペシャル」

を観ました。

トッキュウジャーが新たについた駅は沢芽市。
トッキュウジャーは沢芽市に出現した
地下帝国バダンの怪人と戦っている最中に、
葛葉紘汰=仮面ライダー鎧武(ガイム)と出会います。

ライト(トッキュウ1号)は紘汰を手伝って
沢芽市を助けると張り切りますが、
紘汰は「君たちには君たちのやるべきことがあるだろう」
と、ライトの申し出を断るのでした・・・




息子のために毎週日曜朝の
スーパー戦隊シリーズと
仮面ライダーシリーズは
今も録画しています。

「烈車戦隊トッキュウジャー」は今年始まったばかりで
メインで脚本を書かれているのが
最近ではアニメ「ジョジョの奇妙な冒険」や
アニメ「進撃の巨人」でシリーズ構成を担当されていた
小林靖子さんです。

小林靖子さんの作品は「仮面ライダー電王」
「侍戦隊シンケンジャー」など、
大人が見ても面白いモノが多いので
トッキュウジャーも気にしていました。

今回の仮面ライダーとの合体スペシャルは
小林さんではなく毛利亘宏さんという方
この方もよく特撮もので名前を見る方です。

そして、音楽はチームバチスタシリーズの
羽岡佳さんという方・・・

他にも仮面ライダーフィフティーン役は板尾創路さん
トッキュウジャーが乗っている列車の車掌さんは
関根勤さんと・・・
実は豪華なスタッフ・キャストだったりするんですね。

仕事が終わって家に帰ると
息子が「今日のトッキュウジャーVSガイム面白かったよ」
と言うのを聞いて、わたしの好きな競演モノだと知り
ちょっと見てみる気になりました。

若い俳優さんたちが
若々しく活躍する特撮ヒーローもの。

息子の興味が「ドラゴンボール」や
「妖怪ウォッチ」などに移りつつあるのを機に
わたしは全く見なくなっていたのですが
久しぶりに楽しみました。

わたしがハッとしたのは、
仮面ライダー鎧武を助けたいと
ライトが言ったときに仲間の一人が
それを止めた時です。

相手の身にもなってみろと・・・

俺たちのことを鎧武が助けると言ったら
お前だって「君には他にやるべきことがあるだろう」
って言うだろう?と。

う〜む。確かに相手の立場に立って考えるとは
そういうことですね・・・
わたしの浅はかな想像よりも
はるかに深く相手の気持ちを察している。

しかしライトは我慢できず
結局お節介を焼いてしまいます。

「ごめん」と謝るライトに
今度は鎧武が言いました。

いや、いいんだ。オレも考えたんだ。
もし逆の立場だったら、
オレも君たちを助けたくなるだろうなって・・・

ここでまた、ハッとさせられました。

みんな自分のことで精いっぱいなのに
人のことを気にしている場合じゃないだろう・・・
と助けられることに心苦しく思う気持ちを察することと、
人を助けたいと思うその想いを察し素直に受け取ること。

お互いに相手の気持ちを
自分の気持ちとして尊重している・・・
そして自分の気持ちも尊重している。

2人が熱い信頼で結ばれて行くのは
言うまでもありませんね。

子供向けの番組だからと言って
侮れませんね。
子どもに伝わるように創られているだけに
ダイレクトに伝わってきます。

学べることは多い!!

相手の気持ちを考える。
もしも逆の立場だったら・・・
と想像してみる。

その結果出る答えが正しいか間違っているか
じゃないんですよね。

お互いが相手の気持ちを大事にしようとした
と言う事実が、お互いに
相手を信頼したくなるんですよね。

そして以外に大切なのが
素直に受け取るということ。



              全ての物語のために























posted by ストーリーセラピスト at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ストーリーセラピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。