お知らせ 2019年10月1日からこのブログ
「あなたの幸せ力を引き出すストーリーセラピー【ストセラ】」は
https://storytherapy.net/
へ移行します。

こちらのseesaa版は、これまでの記事のアーカイブとして残します。
今後とも、よろしくお願いいたします。

2014年03月29日

「キャプテンハーロック」その3 繰り返される一瞬が永遠に至る




不機嫌になるのが得意な人がいます。

自戒も込めて書きます。

人には長所も短所もある。

ある人の短所に気づいたら、
「あれがアイツの本性だ!」
みたいに決め詰める人がいます。

未来を愁いて
不安な思いばかりを抱いている人がいます。
「年金がもらえないかもしれない」
「リストラされたらどうしよう」
「こんなこと言ったら、嫌な奴だと思われるかもしれない」

過ぎ去った過去への不満を
宝物のようにいつまでも抱えている人がいます。
「あのときこうすればよかった」
「アイツに期待して損した」
「だからオレは言ったのに」

そういう人をわたしは不機嫌マニアと呼んでいます。

なぜ自戒を込めるのか。
わたしがそういう人のそういう部分にばかり
囚われてしまうことがあるからです。

そんなのつまんない!!


幼少のころから感銘を受けまくったキャラクター
宇宙海賊キャプテンハーロック

わたしは井上真樹夫さん演じるハーロックしか
本当のハーロックだとは思っていません。
これは子どもの頃から
生理的に刷り込まれていることなので、
どうしようもありません。

ですが、松本零士さんの作品に込められた想いは
他の作品でも全て子どもの頃から刷り込まれてきました。
そして、福井晴敏さんの作品に込められる魂にも
いつも心震わされます。

昨年の夏の終わりに初めて劇場で見たときは
自分の中にあるハーロック像が邪魔をして
素直に観れていなかったのかもしれません。

ブルーレイで見返してみて
改めて大好きになったCGアニメーション大作映画

「キャプテンハーロック」

2度目に見たときは
もう変な期待をしていない分、
逆に素直に見れたようです。

CGアニメーションの第一人者、
「APPLESEED アップルシード」の荒牧伸志が監督、
「亡国のイージス」「機動戦士ガンダムUC」の
福井晴敏が脚本を手がけました。

宇宙全域に散らばった人類が地球帰還をめぐって争った
「カム・ホーム戦争」から100年後の世界。

元宇宙艦隊大佐で
現在は広域指名手配犯として恐れられる
宇宙海賊キャプテンハーロック暗殺の密命を帯びた青年ヤマは、
ハーロックが駆る宇宙海賊戦艦アルカディア号への潜入に成功します。

新人乗組員として正体を隠し、
ハーロック暗殺の機会をうかがうヤマ。
やがてハーロックの目的とアルカディア号の正体、
そして人類の希望たる地球に隠された秘密を知ることになります。



ハーロック役の声優は小栗旬、ヤマ役は三浦春馬。

映画の公開が決まったころ、
ハーロック世代の先輩に知らせると
「小栗くん、変態仮面は断るのにハーロックはやるんだ!
カッコイイのはやっちゃうんだ〜」と爆笑していました。

まあ、小栗旬さんが主演をできなかったのは
CM契約をしているスポンサーやら
さまざまなところから強いNGが出たから
事務所もやらせるわけにはいかなかった。
というのが真相のようで、
もともとは小栗旬さんの企画で彼自身
「この役はオレにしかできない!」
と思っていたそうなので、本人はノリノリだったようですが・・・

わたしが印象的だったのは「小栗くん」という呼び方。
とてもしっかりした役が多いので
物語の世界では忘れてしまいますが
まだまだ若い青年ですよね。

そう思うと、確かにカッコよく演じようとしすぎですが
アニメ「わが青春のアルカディア」のハーロックよりも
重い過去を背負わされた設定と、
そこから立ち直るハーロックの成長物語という
設定にもピッタリの年齢なのかな・・・と思えるようになりました。

三浦春馬さんのヤマは、自然すぎて・・・
それはそれで凄いことですよね。

それ以上に驚いているのはアルカディア号の乗組員
ケイを演じた城沢みゆきさん・・・

わたしは吹替洋画好きで男性の声には敏感ですが
実は女性の声にはあまり敏感ではありません。

でもこの人の実力には舌を巻きました。
あのルパン三世の峰不二子に選ばれたあたりから
やっと名前が目に留まるようになって来たのですが
実は凄い人ですね。

アニメ「宇宙兄弟」では・・・
伊東せりか、南波六太の子供時代、
それからなんとヒビトが飼っている犬のアポも、
ケンジの娘・真壁風佳も全部城沢さん!

ウィキペディアで見ると、城沢さんの出演作品が
コレでもかと出てきてビックリします。
仕事しまくってますね。

脱線しましたが・・・
とにかく色々な人たちの才能の結晶であるこの作品。
とくに物語の魂の部分を
松本零士×福井晴敏なんて信じられないドリームチームで
創ったわけですから素晴らしくないわけがない。

背負った罪に苦悩していたハーロックは、
荒野に咲いていた一輪の花をヤマに見せられて涙します。

「繰り返される一瞬が永遠に至る・・・これが自由か・・・」

繰り返される一瞬が永遠になる・・・

“今ここ”の尊さを知っている人の言葉ですよね。

短所ばかりの人はいません。
短所ばかり見えるのは自分がそこしか観ようとしていないだけ。

未来は暗いことばかりではありません。希望も無限にある。
不安に囚われているのは大切なことが見えていない証拠。

過去には確かにつらい経験があったのかもしれません。
でも楽しい子も幸せなこともあったはず。

臭いものにふたをして
プラス面だけを見ろと言っているのではありません。

全部を見ればいい。
じゃなかったら、不公平でしょ。
短所ばかり見ている相手に失礼です。
無限の未来の可能性に失礼です。
楽しさも苦しみも味わった自分の経験に失礼です。

そして、何よりも今ここにある幸せに対して失礼です。
今辛いのは事実かもしれません。
目をそらす必要はない。

でも、今の辛さから目をそらさないならいいけど
過ぎ去った辛さ、まだ味わっていない、
味わうかどうかすらわからない辛さをイメージして
今感じなければいけないことを苗が白にしている。

今、不機嫌になるのが得意な人は
不機嫌になる種をを見つける訓練をしているんです。
それは着実に実を結びます。
無限の可能性がある未来が今になっとき
そのときには今を不機嫌でいる達人になっているのですから。

今という一瞬が永遠になる・・・

わたしにはそんな訓練をしている余裕はありません。
そんな訓練に性を出している人は、
もう幸せはいっぱいいっぱいで要らないんでしょうね。

わたしは飢えています。幸せに貪欲です。
だから不機嫌に費やす時間は一瞬も欲しくない。

今に無限にある幸せを感じつくす術を磨いて
その一瞬の幸せを永遠につなげていきたい。


                   全ての物語のために









ラベル:キャプテンハーロック その3 繰り返される一瞬が永遠に至る 不機嫌になるのが得意な人 自戒も込めて書きます 人には長所も短所もある 不安な思いばかりを抱いている人 年金がもらえないかもしれない リストラされたらどうしよう 嫌な奴だと思われるかも 過去への不満を宝物のようにいつまでも抱えている人 こうすればよかった 期待して損した だからオレは言ったのに をわたしは不機嫌マニアと呼んでいます 宇宙海賊キャプテンハーロック 井上真樹夫 松本零士 福井晴敏 心震わされます 改めて大好きになった 荒牧伸志 監督 亡国のイージス 機動戦士ガンダムuc 脚本 地球帰還をめぐって 宇宙海賊戦艦 アルカディア号 ハーロック暗殺の機会をうかがう ヤマ 小栗旬 三浦春馬 変態仮面 わが青春のアルカディア ケイ 城沢みゆき 吹替洋画好き 峰不二子 実は凄い人 アニメ 宇宙兄弟 伊東せりか 六太の子供時代 犬のアポ ケンジの娘 風佳 信じられないドリームチーム 荒野に咲いていた一輪の花 繰り返される一瞬 永遠になる プラス面だけを見ろと言っているのではありません 全部を見ればいい 不公平でしょ 楽しさも苦しみも味わった自分の経験に失礼 今ここにある幸せに対して失礼 不機嫌になる種をを見つける訓練をしている 無限の可能性がある未来 今を不機嫌でいる達人 不機嫌に費やす時間は一瞬も欲しくない わたしは飢えています。幸せに貪欲です。 今に無限にある幸せを感じつくす術 その一瞬の幸せを永遠につなげていきたい
posted by ストーリーセラピスト at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ストーリーセラピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック