お知らせ 2019年10月1日からこのブログ
「あなたの幸せ力を引き出すストーリーセラピー【ストセラ】」は
https://storytherapy.net/
へ移行します。

こちらのseesaa版は、これまでの記事のアーカイブとして残します。
今後とも、よろしくお願いいたします。

2014年03月01日

アニメ「宇宙兄弟 #94 ワクワクチームワーク」まとまらないチームのまま、まとめちゃう




バブル崩壊後、終身雇用や年功序列の企業神話が崩れ去り
企業内のでの昇進、役職に関する考え方も変わりました。

プレイングリーダーだのサブマネージャー・アシスタントマネージャーだの・・・
横文字の役職まがいの呼び名が横行する中
実情はヒラのまま・・・

という企業も珍しくない様子。

年功序列ではなく成果主義になり、
アメリカを初めとした欧米の人たちのような自立性の欠如の中
偏った成果・実力主義が横行し、”リストラ””非正規雇用”
”ニート””派遣切り””炊き出し”・・・etc・・・

さまざまな言葉が飛び交うようになって久しい現代。

年下の上司、年上の部下・・・なんて
当たり前になってきている人も多いことでしょう。

一部突出した部分はあるけど、
今のチーム編成のなかでは
どうしてもまとまりきれない頑固な年上の部下・・・

なんて人に悩まされている若い上司。

そんな悩みがあちこちから悲鳴のように聞こえてきます。



夏の劇場公開が楽しみな名作ポジティブアニメ

「宇宙兄弟」

第94話、「ワクワクチームワーク」を観ました。

月への訓練のため、
砂漠にあるラバフロー試験場で
キャンプ生活を送ることになったムッタたち
CES−62のバックアップクルー。

変わらずまとまりがないメンバーは、
朝のジョギングもバラバラで、
食事も好き勝手に取っていました。

「このチームにはリーダーがいない」

そのことを見抜いたムッタは、
自分がリーダーになろうと張り切りますが
見事に空回りをします。

しかし、不安はすぐに解消。

六人目のメンバー、
ベテラン宇宙飛行士であるエディ・ジェイが
リーダーとしてやってきたのです。


「リーダーつっても俺も月は初心者だ。 君らと同じ。
だから初めて月に立った時・・・その喜びも君らと同じだろう。
ともに、月に立とう」

その着任挨拶の一声で、
チーム全体に”安心と興奮を同時に与えられるような人”
として、ムッタも一瞬でエディをリーダーと認め、安心しました。

チームの雰囲気も変わっていきました。

まず食事は簡易食品ではなく、
メンバーが交代で作るようになりました。

さらに、エディは朝のジョギングも趣向を変えるというのです。

キャンプのまわりをぐるぐる回るのをやめ、
エディ曰く「もっとワクワクするやり方」に改めると・・・

まず6人全員が車に乗って、
キャンプ地から数キロ離れたどこだかわからない場所で降ろされる。
そこからジョギングを開始し、
キャンプに向かって決められた時刻ちょうどに着くように走る。
到着は目標時間より早すぎても遅すぎてもダメ。

・・・というもの。

時計を持っていいのはリーダーのエディだけなので、
メンバーはエディにくっついていくしかありません。

結果的に始めて並んでジョギングする一同。

「どしたぁみんなぁ。
もっといつもみたいにバラバラに走ってもいいんだぜぇ!」

これまでバラバラだったチームが、
リーダー・エディのおかげで、確実にまとまり始めていました。




一つの目標に向かって力をあわせるのがチーム。

みんなバラバラに好き勝手にして良いのなら
チームになる必要はありません。

完全個人プレー。

職人が独りでコツコツ仕事をするのならそれでもいいです。

しかし、独りでは出来ないことを、
それぞれの能力を生かして皆で達成する。

それがチームの意義ですよね。

だったら、やはりメンバー一人一人が
チーム全体のミッションを理解し、
その中での自分の役割を理解し、
他の役割を果たすチームメイトと足並みをそろえて
進めていかなければなりません。

それが同じ方向を向くということ。

そして、同じ方向を向かせるのは
リーダーの役割でもあります。

一つの目標に向かっていこうという意志のすり合わせ、
メンバーのそれぞれの役割の理解、
それらの意思疎通だけで上手く行けば
もちろん言うコトはありません。

しかし、職人かたぎのマイペース主義だったり、
独創的過ぎたり・・・

そんな激しく独特な面々の集まりで、
しかも、現実社会のように
年上の部下・・・となると、もう正直言って逃げ出したい!!

実際に、病気になってしまう若いリーダーも多いでしょう。

そういうときに、
このエディがとった作戦はヒントになると思います。

一つの目標に向かって力を”合わせざるを得ない”
そんな”状況を設定してしまう”という作戦が!

こんな工夫を考える・・・それ自体がワクワクすることですよね。

エディが言う「ワクワクする」は
そういうワクワクなのでしょう。




                   全ての物語のために










ラベル:アニメ 宇宙兄弟 #94 ワクワクチームワーク まとまらないチームのまま、まとめちゃう バブル崩壊 終身雇用 年功序列 企業神話が崩れ去り 昇進、役職に関する考え方 横文字の役職まがいの呼び名 成果主義 実力主義 リストラ 非正規雇用 ニート 派遣切り 炊き出し 年下の上司 年上の部下 頑固な年上の部下 悩まされている若い上司 名作ポジティブアニメ ムッタ ラバフロー試験場 安心と興奮を同時に与えられる エディ・ジェイ ジョギング ワクワクする バラバラだったチームが まとまり始めて 一つの目標に向かって力をあわせる みんなバラバラ 好き勝手 完全個人プレー 職人が独りでコツコツ仕事をするのなら 独りでは出来ないことを それぞれの能力を生かして 皆で達成する チームの意義 チーム全体のミッションを理解 その中での自分の役割を 他の役割を果たすチームメイトと 足並みをそろえて 同じ方向を向く リーダーの役割 意思疎通だけで上手く行けば マイペース主義 独創的過ぎたり 激しく独特な面々の集まり 年上の部下となると 正直言って逃げ出したい 病気になってしまう若いリーダー がとった作戦はヒントになる 力を”合わせざるを得ない” そんな”状況を設定してしまう” こんな工夫を考える 自体がワクワクすること
posted by ストーリーセラピスト at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ストーリーセラピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック