お知らせ 2019年10月1日からこのブログ
「あなたの幸せ力を引き出すストーリーセラピー【ストセラ】」は
https://storytherapy.net/
へ移行します。

こちらのseesaa版は、これまでの記事のアーカイブとして残します。
今後とも、よろしくお願いいたします。

2014年02月20日

アニメ「弱虫ペダル #18 全力の勝負」心の共振



まったく同じ行動をお願いしても、
それをやることへの想いに溢れたお願いと
単なる作業依頼とでは、
相手が動いてくれるかどうか・・・

結果が全く違います。

本当に不思議だなあと思います。

結果が全て!効率よく!
なんて言っている社会。

それなら、結果が同じなら想いなんて
非効率なだけ。
作業依頼のみ終始した方がず〜っと効率的ですよね。



最近、本当にテレビのアニメがいい感じです。
純粋熱血自転車アニメ

「弱虫ペダル」

第18話、「全力の勝負」を観ました。

最後尾に落ちながらも、
不屈の走りでペダルを回し続ける坂道くん。

先を行く今泉くん、鳴子くん、
そして手嶋先輩、青八木先輩に追いつきました。

夜は暗くなるため、次のゴールラインを超えたら
それ以降の周回は追い越し禁止になります。

ここで前に出ていないとインターハイ出場はないことに・・・

5人それぞれが様々な想いを胸に
ゴールラインを目指して全力で走りました。

決死のゴールスプリントで横並びで大激突!
インターハイ出場を賭けた1年と2年の戦いが繰り広げられます。



もう、前半から涙を流しながら観てしまいました。
もう、熱い熱い。
みんななんてピュアで熱いんでしょう。

たかが少年マンガ、たかが30分のアニメ。

それなのに、こんなに胸が熱くなり、
心が震える。

それぞれが想いを胸に秘め、
自分のすべてをかけて全力で向かっていく。

その想い、その姿に心が震えるんですよね。
彼らの想いが感染したように
観ている方の胸が熱くなり力が入ってしまう。

所詮はフィクション、しかも絵に描いた仮想の世界なのに。

物語の中の登場人物に心が揺さぶられる。

これは、まずは
原作を書かれている渡辺航さんの想いが
「これをアニメにしたい!」と思った
アニメ製作者たちの心を震わせ、
アニメ製作者陣の想いが作品になって
わたし達の心を震わせている・・・ということですよね。

毎週30分のアニメ作品を作り続けるというのは
大変な労力のはずです。

だから、色々な手抜き・・・じゃなくて!工夫をして
作画の手間を省いたりもしなきゃならないはず。

実際そういう雰囲気が垣間見える
アニメってたくさん存在しますよね。

でも、最近のアニメはそこで手を抜かないものが
ちょっと目立つようにもなってきました。

少し前に放送していた「進撃の巨人」もそうでしたが
この「弱虫ペダル」も非常に動きの多いアニメです。

「進撃の巨人」なら戦闘シーン。
「弱虫ペダル」なら自転車走行シーン。

ここがずさんだと、観る方も残念ですよね。
一番の見せ場ですから。

「弱虫ペダル」もそこんところ
手を抜いていないですよ。

このままのクオリティで劇場で
大スクリーンで見ても見ごたえ充分だと思います。

わたしも映像作家の端くれ。
自分で絵コンテを書いたりしたこともありますが、
同じ画面サイズの中で、画をどのように切り取るのか
それをどう組み合わせてつないでいくのか・・・
見せ方でも伝わるものというのはまったくちがう。

画力だけではなくて、そういう見せ方も
演出も背景などの美術も音響も
絵の演技も声優の演技も
ぜーんぶで「全力」を伝えようとしているから、
きっと伝わるんでしょうねぇ。

昔は、アニメと言えば
夕方かゴールデンタイムに放送するものでした。
とくに少年マンガともなるとそうですよね。

今は深夜にクオリティの高いアニメを放送している。

とくに、この「弱虫ペダル」は
放送されている地域が限られている・・・
つまり、素人考えですが
予算とかもそんなに取れそうにない気がするんですが
その中でも頑張っているということなんですかね。

わたしはよく反省するんですが、
息子に「早くしなさい!」と言ってしまうことがあります。

わたしに似て、あまり要領よくない・・・
妻に言わせればトロいとい・・・ところもある。

でも「早くしなさい」「うまくやりなさい」
「要領よくやりなさい」「無駄なことをするな」
というよりも、
親がどれだけ子どもを感動させるかの方が
ず〜っと大事だよなと・・・
本当はその努力を怠った証が
「早くしなさい」という言葉になって現われている。

30分のアニメに心を揺さぶられて、
息子の心を揺さぶれていない自分を
省みてしまいました。



                 全ての物語のために













posted by ストーリーセラピスト at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ストーリーセラピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。