お知らせ 2019年10月1日からこのブログ
「あなたの幸せ力を引き出すストーリーセラピー【ストセラ】」は
https://storytherapy.net/
へ移行します。

こちらのseesaa版は、これまでの記事のアーカイブとして残します。
今後とも、よろしくお願いいたします。

2013年12月30日

ドラマ「HOMELAND(ホームランド) #13 決意の果てに(MARINE ONE)パートA」意識と潜在意識の壁に穴が開く瞬間を摑まえる




小学5〜6年生のころ、
わたしはマンガ家を目指していました。
藤子不二夫よろしく
クラスメイトと二人で合作ペンネームを考えて、
マンガ家になろう!と落書きをしていました(笑)

それが原点なのかもしれません、
中学に入って早々にマンガ家の夢はあきらめて
興味は映画製作の方に映っていました。

大学に入ってからは
とくに脚本(シナリオ)=物語(ストーリー)作りの
勉強に夢中になり、
自分でも脚本を書き始めました。

そうなると、アイディアが出てこないことや
アイディアがつきることが
恐くなっていきました。

アイディア・・・

アイディアが枯渇するのを恐れながらの
修作の日々・・・

大学入学前に読書にハマり、
人間には潜在意識というものが存在することを知り
勉強をしていく過程で、
潜在意識と意識をつなげることができれば
アイディアなんて無限に出てくるんだ・・・

ということも、いつしかわかるようになりました。

しかし、潜在意識というのは
ようするに無意識。

意識できないから無意識なのに
意識して無意識とつながれるの?

みたいな・・・

も〜わけわかんな〜いいい!
いったい何をど〜すれば良いのよ!!

という状態にアタマをかきむしる思いが
続きました。



とうとう民放放送で見れる分は
終わってしまいました。

アメリカのドラマ

「HOMELAND(ホームランド)」

第13話、「決意の果てに(MARINE ONE)パートA」

を見ました。

要人が集まる場所で
爆弾チョッキのスイッチを入れるブロディー。
しかし、配線トラブルで作動しません、
トイレに入り何とかチョッキの修理を試みます。

一方、キャリーは何とか阻止しようと、
上司ソールが寄越した追っ手を振り切り
ブロディーの家族から説得させるために
ブロディーの家に乗り込みました。

ブロディーの娘や妻を混乱させるキャリー。

爆弾チョッキの修理を終えたブロディは
再び、要人たちが待つシェルターへ戻って行きます・・・。


ストーリー終盤で、
キャリーが双極性障害の治療の為に
脳に電流を流すシーンが出てきます。

手術台の上に乗り、
麻酔をかけられるキャリー。
もうろうとする意識の中で、
ブロディーのある行動の記憶と、
ナジールのテロの手がかりとなる期間との
接点が突然ひらめきます。

「絶対に忘れちゃダメ!」

と唱えながら麻酔による眠りに落ちていくキャリー。
そして、電気ショック治療は開始されました・・・。




夜、ベッドに入ってウトウトしかけたころに
ふと思いつくいいアイディア。

明日、メモっておこう!と思ってオヤスミ〜♪
すると、翌朝になるとまったく思い出せない。
ヒドイときには思い出せないどころか、
思いついたことすら忘れていたりします。

あなたも身に覚えありますか?


ビジネス書などにあるように
枕元にメモを置く
・・・なんてことも試したことがあります。

しかし、いまいちでした。
メモを置くと安心して、何も出ない(笑)

それに、アイディアは
他にも入浴中や歩いているとき
などに出ることが多い。

一番多いのは、
朝の出勤の電車と徒歩のときです。


そうやって自己分析をしながら
試行錯誤して、
同時に心理学や潜在意識の勉強をして、
今一番、自分のやり方として
しっくり来ているのは、

朝の時間を使うこと。

早起きをすると、アタマがすっきりしています。
その状態で、リラックスできるところ・・・
(最近はマクドナルド)
へ行って30分〜1時間ほど時間をとって、
アイディアを書き出す。

書き方は、テーマや気分によって自由です。
箇条書きでどんどん出てくるときもあれば
マインドマップにしてどんどん出てくるときもある。

そして、カバンの中のノートに書けるときは
電車の中でも外出先でも書く。
歩いているときは携帯電話で自分宛にメールします。

入浴中や寝る前などの時は、
アイディアを何度も復唱して、
思い出しやすいフックをセットにして覚える。

フックというのは、例えば
この記事のアイディアを思いついたとすると、
キャリーが手術台の上で苦悩している映像を
と思いついた記事のタイトルとをセットで覚えておく
など、記憶を関連付けるということですね。

そうすると後で思い出しやすい。

アイディアがひらめくときというのは
意識と無意識の間の壁に穴が開いたような状態です。

その瞬間を逃さないための工夫。
その瞬間が起きやすくする工夫。

せっかくの無限のアイディアも
カタチにしなければ無と一緒です。

自分に起きるその瞬間に目を向けて、
うまく掴む工夫をするのはとても面白いですよ。



                全ての物語のために












ラベル:ドラマ Homeland ホームランド #13  決意の果てに MARINE ONE パートA 意識と潜在意識の壁に穴が開く瞬間を摑まえる マンガ家を目指して 藤子不二夫 合作ペンネーム 脚本 シナリオ 物語 ストーリー 勉強に夢中になり アイディアが出てこない アイディアがつきることが アイディアが枯渇する 潜在意識 潜在意識と意識をつなげること アイディアなんて無限に出てくる 無意識 意識できないから無意識 意識して無意識とつながれる 第13話 爆弾チョッキのスイッチ 突然ひらめきます ベッドに入ってウトウトしかけたころ 思いつく メモ 枕元にメモを置く ビジネス書などにあるように いまいち 朝の出勤の 電車 徒歩のとき 心理学 潜在意識の勉強 朝の時間を使う 早起きをすると アタマがすっきり リラックスできるところ アイディアを書き出す テーマや気分によって自由 箇条書きでどんどん出てくる マインドマップにして カバンの中のノート ノートに書けるときは 電車の中でも外出先でも 歩いているときは 携帯電話で自分宛にメール 入浴中や寝る前などの アイディアを何度も復唱 思い出しやすいフック セットにして覚える 記憶を関連付ける 後で思い出しやすい アイディアがひらめくときというのは 意識と無意識の間の壁に穴が開いたような状態 その瞬間を逃さないための工夫 その瞬間が起きやすくする工夫 せっかくの無限のアイディア カタチにしなければ無と一緒 自分に起きるその瞬間 うまく掴む工夫をするのは
posted by ストーリーセラピスト at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ストーリーセラピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。