お知らせ 2019年10月1日からこのブログ
「あなたの幸せ力を引き出すストーリーセラピー【ストセラ】」は
https://storytherapy.net/
へ移行します。

こちらのseesaa版は、これまでの記事のアーカイブとして残します。
今後とも、よろしくお願いいたします。

2013年12月24日

「タイタニック」一度見た映画を2度見る意味はない?




先月、WOWOWの無料放送がありました♪

思えばWOWOW開局当初、
わたしは中学生で、
毎月100本以上の映画が観れる
民間衛星放送ということで、
お小遣いをためてBSチューナーを購入し
わくわくしながら家のテレビにBSを付けてもらったな…
今は節約のためにもう加入していませんが。

中学・高校時代は、
とにかく映画を見まくりました。

映画館、洋画劇場、レンタルビデオ、WOWOW・・・

気に入った映画はビデオに録画して
何度も何度も見ました。


同じ映画を何度も見るという話をすると、
一度見た映画をもう一度見る意味がわからない
という人に、たま〜に出会います。

いろいろな人がいるから良いんですよ。
それはその人の楽しみ方ですからね。

同じものを楽しむ時間があるなら
新しい作品を楽しみたい。

という意見は尊重します。
それも映画への愛に溢れた意見です。



先月、WOWOW無料視聴の日に
あの名大作「タイタニック」を・・・
日本語吹替版で放送するというので、
ブルーレイディスクを買ってきて標準画質で録画しました。

ジャック(レオナルド・ディカプリオ)の声は松田洋治さん、
「もののけ姫」のアシタカをされた俳優さんですね。
ローズ(ケイト・ウィンスレット)の声は
ベテラン声優の日野 由利加さん。

劇場公開時に一度観たきりで、
改めて観ようとはなかなか思えなかった作品。
長いし、辛いストーリーだから・・・

しかし大画面液晶ワイドテレビで
ハイビジョンで、しかも吹替えで観れるなら、
もう一度みたいな・・・

そう思って、録画したのです。

一人休日の朝、ふと気分がのって
再生しました。



「タイタニック」

タイタニック号が沈没してから84年後の1996年。
調査隊のブロック・ロベットらは
タイタニックと共に沈んだとされる
最高峰のダイアモンドの在り処を探るべく、
小型潜水艇を使いタイタニックの調査を行っていました。

引き上げた金庫から発見された一枚の絵。
胸に彼らがさがしているダイヤのネックレスをした
美女が描かれていました。

そのニュースをテレビで見た老婦人は驚き
ロベットらの調査隊に連絡をしてきます。

その絵の女性は自分だと・・・

そして、彼女が、タイタニック号での体験を語り始めるのでした・・・

1912年、イギリスのサウサンプトン港から
史上最大の豪華客船タイタニックがニューヨークへと向け出航しました。

貧しい青年ジャック・ドーソンは、三等客として友人と共に
タイタニックに乗船します。
一方、上流階級の令嬢ローズ・デウィット・ブケイターも、
その婚約者のキャルドン・ホックリーと未亡人となった母と共に
タイタニックへと乗船します。

半ば強制された婚約に気分は晴れないローズ。
ブケイター家は破産寸前で母親がホックリー家の財産を目当てに
結婚を強引に進めたのでした。

ジャックとローズの出会いとロマンス、
そしてさまざまな人々運命を乗せたタイタニック号。

航海半ばの4月14日午後11時40分、
波一つない水平線の向こうに横たわる巨大な氷山に衝突。

悲劇の模様が一大スペクタクルで描かれるなか、
ジャックとローズの運命の戦いが繰り広げられます。



数ヶ月前に、映画好きの友人が、
「『タイタニック』がブルーレイで発売されました!
買いましたよ!」

と報告をしてくれました。
ちょうど、「タイタニック」の3D版が
公開された直後だったと思います。

タイタニックがブルーレイで見れるのか・・・

いつか借りたいなと思っていましたが、
WOWOWが無料でハイビジョン放送。
飛びつかないわけにはいきませんよね。

久しぶりに見て、
スタローンのように物語のツボをおさえつつ、
大振りで骨太なジェームズ・キャメロンの才能に
改めて唸ってしまいました。

さっそく、友人に「オレも見たよ!」と
報告をし、その感想を告げたところ・・・

彼の反応にとても興味がそそられてしまいました。

彼もブルーレイを購入して、
数年ぶりの鑑賞でした。

昔映画館で見たころは、
映画大好きの映画少年。

今は、結婚し、愛娘を持つパパです。

「・・・オレ、昔はジャックに感情移入して見れたんですけど、
今見なおしたら、ローズの親の目線になってしまいました・・・
あの映画がヒットしたのって、みんながジャックとローズに
感情移入したからですよね?
他の登場人物に感情移入した人いたのかな・・・」

(笑)ジャックは根無し草。
ギャンブルでかすめとったような乗船チケットで
タイタニックに乗り込み、
定職もない着の身着のままの放浪の絵描きです。

そんな男が、婚約者のいる我が娘に言い寄ってきたら・・・

親だったら、「ふざけるな!」
と反応するのもうなずけますよね。

わたしの子供は息子・・・男の子です。

父親目線で見ても、やっぱりジャックを応援してしまう(笑)

わたしの友人は、彼自身の変化に戸惑っているようでした。

心理カウンセラーは、悩みで頭がいっぱいになり
自分を見失いかけている人が、
自分を客観的に見るための鏡になる。
それが大きな仕事の一つだといいます。

だとすると、わたしの友人にとって、
「タイタニック」という映画は、
自分の変化を自覚する鏡・・・
ある意味、カウンセラーの役割に近かったのではないでしょうか?


物語にはさまざまな立場の登場人物が存在します。
彼らの役割もシーンごとに変わって行きます。

同じようにわたし達も
人生の中で夫や妻になったり、親になったり・・・
ライフステージが変わって行きます。

映画を見て自分が何を感じているのか・・・
昔見たときの自分の感情と、
数年後に見かえしたときの感情。

その違いを自覚するだけで、
自分の成長を感じたり、
あるいは自分が今抱えている問題の正体がわかったり、
いろいろな意味で自分を発見するきっかけになります。

映画を見る。物語に触れる。
それは、他人の体験を追体験しながら
自分の心の中身を自覚するという
成長のキッカケでもあるのだと思います。



                 全ての物語のために











ラベル:タイタニック 一度見た映画を2度見る意味 意味はない? WOWOW WOWOW開局当初 映画館 洋画劇場 レンタルビデオ 気に入った映画はビデオに録画して 何度も何度も見ました 同じ映画を何度も見る 意味がわからない それはその人の楽しみ方 同じものを楽しむ時間があるなら 新しい作品を楽しみたい それも映画への愛に溢れた意見 日本語吹替版 ジャック レオナルド・ディカプリオ 松田洋治 ローズ ケイト・ウィンスレット 日野 由利加 もののけ姫 アシタカ 沈没 ブルーレイ ハイビジョン ジェームズ・キャメロン 数年ぶりの鑑賞 映画大好きの映画少年 今は 結婚し 愛娘を持つパパ 昔はジャックに感情移入して ローズの親の目線になって 他の登場人物に感情移入した人 わたしの子供は息子 やっぱりジャックを応援 彼自身の変化に戸惑っている 心理カウンセラーは 悩み 自分を客観的に見るための鏡になる 自分の変化を自覚する鏡 カウンセラーの役割に近かった 物語には さまざまな立場の登場人物が存在 人生の中で ライフステージが変わって 映画を見て自分が何を感じて 昔見たときの自分の感情 数年後に見かえしたときの感情 違いを自覚するだけで 自分の成長を感じ 自分が今抱えている問題の正体がわかったり 自分を発見するきっかけに 映画を見る 物語に触れる 他人の体験を追体験し 自分の心 自覚する 成長のキッカケでもある
posted by ストーリーセラピスト at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ストーリーセラピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。