お知らせ 2019年10月1日からこのブログ
「あなたの幸せ力を引き出すストーリーセラピー【ストセラ】」は
https://storytherapy.net/
へ移行します。

こちらのseesaa版は、これまでの記事のアーカイブとして残します。
今後とも、よろしくお願いいたします。

2013年12月23日

ドラマ「HOMELAND(ホームランド) #11 信念と覚悟(THE VEST)」正しい直感と間違う直感



瞬間的な意思決定を直感にしたがって
成功してきたという成功者の方がいます。

よくいます。

直感を大事にしなさい。

直感で成功してきたという実感がある人たちは
とても力強く仰られます。

そういう話を聞いたり、文章を読んだりすると
やっぱりそうだよなと納得する部分もあるのですが、
「うらやましいなぁ・・・」と思う部分も半分くらいあります。

なぜなら、わたしの場合は
経験上、直感にしたがって上手くいった!
と意識上で自覚できることは、そんなに多くないから。

直感で選んだらハズレた!
ってこと、けっこう多い・・・。



いよいよ大詰めになってきました。
アメリカのドラマ

「HOMELAND(ホームランド)」

第11話、「信念と覚悟(THE VEST)」を見ました。

狙撃の名手ウォーカーを確保する計画の実行中に、
キャリーは爆弾テロに巻き込まれます。

身体は軽症で済んだのですが、
ショックで精神的にバランスが崩れてしまいました。

双極性障害の躁の状態になり、
興奮して支離滅裂に見えるキャリー。

しかし、との躁状態はキャリーの直感を
ビンビンに冴え渡らせていました。

ウォーカーが引き起こすだろうと思われていた
警戒中の大統領狙撃計画よりもっと大規模なテロが
計画されている可能性があることに気付いたのです。

上司のソールに必死に訴えるキャリーですが、
躁状態で支離滅裂に聞こえるため上手く伝わりません。

一方、妻ジェシカとの絆を確認したブロディは、
家族旅行に出かけ、
幼い息子クリスに信念のために闘う大切さを語り、
これから始まる選挙戦に協力して欲しいと頼みます。

そんな父親の姿に長女デイナだけは、
どこかいつもとは違う異変を感じ取るのです。




わたしはよくマインドマップを使います。

カバンの中にはノートが3冊入っていて、
思いついたことを書き留めるメモにしたり、
考えを整理するために頭の中を
具現化したりするために使っています。

以前紹介した、大坪勇二さんの「ダブルノート勉強法」
の実践も兼ねて、学んだことや思いついたことを
キレイに清書する(つもり・笑)のノートも合わせて
合計3冊。

マインドマップは、睡眠不足の時は
ほとんど何も書けません。

充分に睡眠をとり、考えていることがあり、
最善の答えを探そうとすると、
直感が冴え渡ってバ〜ッ!!っと
マインドマップが広がっていきます。

このときに感じるのが、
とても快感なんですが、
別々に体験したことや学んだ事柄が
その問題解決のためにどんどんつながっていく感覚。


躁状態のキャリーは、事件の全体像が直感的に見えて
その構造に気付いたようでした。

よき理解者である上司のソールは、
はじめは支離滅裂なことを言っていると
思いますが、キャリーが色を変えて塗りたくり、
部屋中に散らかした資料を見て、
それを色事に整理して壁に貼っていきました。

キャリーの直感が具体的に
手がかりを示す大きなデータとなって形を
形成して言ったのです。

躁で興奮状態のキャリーは
自分の直感に自信をもっていました。

そして、ブロディーにそのことを告げようとします。
その時に家に来ていた父親が
そんな興奮状態のキャリーを見て止めようとしました。

父親もキャリーと同じ双極性障害の持ち主。
だからわかるのです。
「そういうときは直感が冴え渡るよな。
でもその直感にしたがって行動してしまうと、
とんでもない結果になって後で後悔することになる。
だから止めておきなさい」

しかし、キャリーは若干の躊躇の後に、
今の考えは間違っていない!今行動しなきゃ!

とブロディーにウォーカーの背景に大きな
テロの気配を感じることを話してしまいます。

その行動は、CIAにキャリーの精神状態を
暴露され、キャリーの仮説をもみ消されるという
最悪の事態を招きました。


キャリーのビンビンに冴え渡った直感は
大正解でもあり大失敗でもあった・・・

キャリーが狂ったように資料に色を塗り、
部屋中にばらまいて行く様子を見ながら、
マインドマップ上で閃きが暴走するときの
快感を追体験していました。


このお話を見ていて思いました。

直感が冴え渡るときは興奮状態になりやすい。

何も関係がないことがら同士が
結びついて一つの形を形成していく
そのつながりを発見するような神経は
敏感になるのかもしれません。

でもその状態のときに
実行に移したり何か行動に起こすのは
冷静な判断が難しいので
向いていないのかもしれない・・・。

勝手な推測ですが、
自分の経験と、「HOMELAND(ホームランド)」での
切れまくったキャリーの様子を見ていて、
(クレア・デインズの演技すごいです)
「直感の冷静な使い方」のサンプルが
見つかったような気がしました。


                  全ての物語のために









posted by ストーリーセラピスト at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ストーリーセラピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック