お知らせ 2019年10月1日からこのブログ
「あなたの幸せ力を引き出すストーリーセラピー【ストセラ】」は
https://storytherapy.net/
へ移行します。

こちらのseesaa版は、これまでの記事のアーカイブとして残します。
今後とも、よろしくお願いいたします。

2013年12月20日

ドラマ「安堂ロイド #10(最終話)」その2 下手と言われる人の演技の上手さに気付くと芝居は面白い




個人的にとても評価が高いTBSの意欲作ドラマ

「安堂ロイド」

前回、最終話を取り上げたときは、
批判・非難するよりも
新しい可能性を重視した方が面白く見れる。

という記事を書きました。

映像的な表現やお話の表現方法など
映像の専門的な勉強をしてきたからこその視点が
多かったように思います。

そういう人だから楽しめるんじゃないの?
と言われたらそれまで・・・

コアな見方なのかもしれませんね。

コアついでにもうひとつ
演技という視点からも「安堂ロイド」の最終話を見て
思ったことがあったので書かせてください。


どうもスターと呼ばれる人たちは
演技専門の役者でない限りは
なかなか演技力を評価されない傾向にあります。

世界的にそうなんでしょうか??


キムタク=木村拓哉さんなんて
日本ではその代表なのかもしれません。

「キムタクの演技はいつもキムタクだ」

なんて意見、共感する人も多いのでは??


実はわたしは、織田裕二さんと木村拓哉さんが
恋愛ドラマ以外のネタでドラマをやるときは、
かなり注目します。

お二人のドラマはほぼ全て見ています。

織田裕二さんも、どちらかといえば
「いつも織田裕二だ」と言われ易い役者さんかも?


しかし、「踊る大捜査線」の青島は青島だし
「アマルフィ」や「アンダルシア」の黒田康作は
やっぱり黒田です。

2人が合成されて同じ画面に登場しても
絶対物語が成り立たせられるくらい別人です。

「キムタクの演技はいつもキムタクだ」

それは、歌やバラエティーやCMなど、
さまざまなところで誰もが「キムタク」だと
しっている人気者だからこそ言われるだけで、
彼の演技だけを観たら、
決して下手くそではありません。

「安藤ロイド」では
そのことを、バッチリ証明して
見せてくれていたんですけど、
観ていた人は自然過ぎて感じなかったかも知れません。

感じさせないくらい自然なことがすごいんですけどね!

「安藤ロイド」では二役を演じました。

天才科学者、沫嶋黎士とロイド。

毎回両方のキャラクターを演じていましたが、
最終話では、ロイドの格好で
沫嶋黎士になりました。

回想シーンとの区別なく、
一つのシーンのつながりの中で
スーツと白衣というキャラを分ける服装もなく
同じスーツ姿で、
ロイドと沫嶋黎士の演じ分けを見せました。

柴咲コウさん演じる、安堂麻陽が「黎士?」
と言う前に、観ている方が、ああ黎士だ!
って思えた。

キムタクの演技はいつもキムタク?

イヤイヤ。アレが演技です!


ジャッキー・チェンや
シルヴェスター・スタローンも
多くの人は彼らに演技力は関係ないと
思っています。

筋肉があれば良いんだと思っている人さえいます。

実際に映画評論家でさえ
「スタローンは相変わらず演技が下手」
なんて平気で言っちゃう人がいます。

そういう彼らの演技のこまやかさが
わかれば、エンターテインメントの
娯楽作品がどれだけ深く創りこまれているのか、
もっともっと味わえるようになるはずです。


いかりや長介さんは、
休憩中にメガネをかけているところを
織田裕二さんに注意されたそうです。

和久さんがメガネをかけないから
和久さんの役作りをした気持ちが
そこで途切れてしまったり。
メイクさんが和久さんメイクをしたのが
崩れてしまうからでしょう。

その演技へのこだわりに脱帽したいかりやさんは
演技の師匠だと織田裕二さんのことを
おっしゃっていました。

「HERO」の久利生公平も
「GOOD LUCK!!」の新海 元も
ロイドも沫嶋黎士も

どれもカブっていません。
4人を今のキムタクが同時に演じて
同じ画面に合成させても、
絶対見分けつきますよ。

「キムタクの演技は全部キムタク」


今まで木村拓哉さんの作品を敬遠していた方は
その思考の枠を取っ払って観てみてください。

自分が関わる作品を選んで、
そこに全力でこだわるその感性は
本物だと思いますから、
骨太な作品が多いですよ。



          全ての物語のために










ラベル:ドラマ 安堂ロイド #10 最終話 その2 下手と言われる人の演技の上手さ 気付くと芝居は面白い 評価が高い 意欲作ドラマ 可能性を重視した方が コアな見方 コアついでにもうひとつ 演技という視点から スターと呼ばれる人たち 演技力を評価されない傾向 キムタク 木村拓哉 キムタクの演技はいつもキムタク 織田裕二 恋愛ドラマ以外 踊る大捜査線 青島は青島 アマルフィ アンダルシア 黒田康作はやっぱり黒田 画面に登場しても 物語が成り立たせられるくらい別人 バラエティー CM 人気者だからこそ 演技だけを観たら バッチリ証明 自然過ぎて感じなかった 感じさせないくらい自然なことがすごい 二役を演じ 沫嶋黎士とロイド スーツと白衣 キャラを分ける服装 演じ分け 安堂麻陽 柴咲コウ ジャッキー・チェン シルヴェスター・スタローン 彼らに演技力は関係ない スタローンは相変わらず演技が下手 なんて平気で言っちゃう人 映画評論家でさえ 彼らの演技のこまやかさ 娯楽作品がどれだけ深く創りこまれているのか もっと味わえるようになる いかりや長介 和久さん メガネ 役作りをした気持ち 途切れて メイク 崩れて 演技へのこだわりに脱帽 演技の師匠 HERO 久利生公平 GOOD LUCK!! 新海 元 ロイド 沫嶋黎士 思考の枠を取っ払って 自分が関わる作品を選んで 全力でこだわるその感性 本物だと思います 骨太な作品が多い
posted by ストーリーセラピスト at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ストーリーセラピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック